人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

使ってわかったトレイルランニングの100マイルレースにも使えるポラールのスポーツウォッチ「Grit-X」の実力

2020.09.14

心拍計に強いポラールから登場したロングバッテリーのマルチスポーツウォッチ「Grit X」。最長100時間使用できるため、トレイルランニングの100マイル(約160㎞)レースでも十分に使う事ができる。アスリートの強い味方になるGPSウォッチを徹底的に使用してみた。

シンプルなデザイン&ミルスペックの耐久性

ランナー、サイクリスト、トライアスリート、そして、トレイルランナーと多くの市民アスリートが一番長い間、身に着けているもの。それが日々のトレーニングを記録するのに欠かせないスポーツウォッチだろう。いわゆる「GPSウォッチ」と言われているが、近年のモデルは多くのスポーツに対応し、さまざまなデータを残すことができるようになっている。心拍数やランニングなどで移動した軌跡以外にも、その運動量やユーザーがどういう状態でいるかをより細かく把握することができる。スポーツをする際にシューズなどのギアも間違いなく必要だが、必須のものなりつつある。

"心拍"に強いポラール。基本性能は十二分!

ポラールは北欧、フィンランドの心拍計ブランドとして誕生。世界初ではじめてワイヤレスの心拍計を開発するなど、「心拍数」というものにこだわりをもったブランド。

ステンレスのベゼルに、強力なゴリラガラスをセット。アメリカ国防総省の厳しい規格審査も通過したミルスペックのため耐久性は折り紙付きである。サイズは47×47×13㎜で重量は64g。女性の手首には少し大きいかもしれないが、装着感は軽いので問題はないだろう。もちろん防水機能は十分。100m防水なので、トライアスロンやオープンウォータースイミング、サーフィンなど、色々なスポーツに使用することが可能だ。

注目したいポイントとしては、バッテリーのもちが非常に長いというところ。約100時間使用(GPSを2分間隔、心拍計測なし)することができるため、追加充電なしで長距離・長時間のトレランのレースでも使用することができる。実際に1泊2日で山へ行き、半日ほどトレイルランニングをしてみたが、バッテリーは半分以上残っていた。バッテリーが切れないというのは、途中で充電する必要がないのでかなりありがたい。また山だけじゃなく、普段の生活でも本当にバッテリーが減らず、充電の手間が少なく非常に楽だった。

手首で心拍数を計測するタイプは、心拍数がとりにくい、という印象もあったが、そこは「心拍」のポラール。3色のLEDを計10個、さらに電極センサーを搭載することで、かなり正確に心拍数を計測することができた。割と雑に手首に装着しても、心拍数がきちんと計測できていた。

気に入ったのはその見た目。シンプルなデザインはトレーニング時はもちろんオンでもオフでも違和感ないし、ベルトは変更可能。画像のものは別売りのカモフラ柄に変更して使用。交換がかなり簡単で、汎用性のある市販の22mm幅ベルトも使用可能。ビジネス/カジュアルで手軽に使い分けもできるだろう。

時計が水分・エネルギー補給をサポートする「フューエルワイズ」

「スポーツウォッチの機能ってここまで来てるの⁉」とちょっと笑ってしまったのがフューエルワイズという機能。時計が水分やエネルギー補給のタイミングや摂取量を教えてくれる機能だ。マラソンなど長時間のイベントにおいて、身体を動かすことと同じくらい重要になるのが補給。どれだけ身体を鍛えても、水分やエネルギーを的確に補給しなければ身体はしっかりと動いてはくれない。ただし採りすぎても、採らなさ過ぎてもいけない。ちょうどいい量については"経験"などで見極める必要があった。

その点、この機能はすごい。1回に補給する炭水化物の量とトレーニング時間、平均の心拍数を設定すると、適切なエネルギー補給量を事前に知ることができ、適切な量をどんなタイミングで補給したらいいか、時計がアラームとバイブレーションでお知らせしてくれる。またまた水分に関しても、好みの補給タイミングを設定することで、全体の水分量とトレーニングに時に補給タイミングを知らせてくれるのだ。エネルギーと水分補給の通知が別々にできるところがまたすごい。

トライアスロンやトレイルランニングのレースでは特に持っていくエネルギージェルなどの量を事前に決めておく必要があるので、適切な量が分かるというのは、ありがたい。さらにタイミングを知らせてくれることで補給のことを忘れてレースに集中できるメリットもあると感じた。

ケガを防ぐリカバリーの機能も搭載

当たり前のことだが、こういうスポーツウォッチは運動するために使い始めるので、あまり「休息のため」に使うという考えがない。しかしこのGrit Xにはケガを防ぐリカバリーのためにの機能も搭載。レーニング中に受けた筋肉や心肺機能への負荷を算出し、それに応じてトレーニングからの回復状態を知らせてくれる。

さらに長期間使っていると、より精緻に自分のトレーニング状態を検知。疲れている時には「休みましょう!」といたわってくれるし、ちょうどいいときは「効果的」、トレーニングが足りない時は「運動しましょう!」と尻をたたいてくれる。まさにパーソナルコーチが手首の上にいるような状態だ。

24時間一緒の心強いパーソナルトレーナー

メーカー希望小売価格は、59800円(税別)で、GarminやSUUNTOなどの他のスポーツウォッチのハイエンドモデルとほぼ同等か、少しリーズナブルな価格設定。といっても、スポーツを楽しむ上では非常に高い買い物。トレーニングやレースの時だけでなく、幅広く、より良く自分を導いてくれる1品を選びたい。心拍計に強いポラールの良さが、トレーニング時はもちろんリカバリー時にも感じられる、Grit-X。この価格で24時間あなたの手首に常駐してくれるパーソナルトレーナー雇えると思えば、いい買い物といえるかもしれない。

ポラール Grit X
https://www.polar.com/ja/grit-x

価格:59800円(税別)
重量:64g
サイズ:47 x 47 x 13 mm

今 雄飛(こんゆうひ):ミラソル デポルテ代表。スポーツブランドのPR業務を行うかたわら、自転車、トライアスロン、アウトドア関連のライターとしても活動中。趣味はロングディスタンスのトライアスロン。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。