人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

説明できる?「楽天Edy」と「楽天ペイ」の使い方とポイント還元率の違い

2020.09.14

「楽天Edy」と「楽天ペイ」、どちらも楽天が提供しているキャッシュレス決済だが「いまいち違いがわからない」という方も多いのではないだろうか。

そこで本記事では、初めて使う方でもわかるように楽天Edyと楽天ペイの違いを解説する。使い方やポイントの還元率などを比べて、どちらが自分に合うか選択してほしい。

楽天Edyと楽天ペイの違いは?

まずは、楽天Edyと楽天ペイそれぞれの特徴(メリット、デメリット)を把握した上で、自分のライフスタイルに合ったものを選ぼう。

楽天Edyとは?

楽天Edyは、「Edy機能付き楽天カード(クレジットカード)」「Edy楽天ポイントカード」もしくは、スマホ用「楽天Edyアプリ」にあらかじめ残金をチャージし、店頭の専用リーダーにかざすことで支払いができるプリペイド方式電子マネー。クレジットカードのように暗証番号を入力するなどの手間がなく、スムーズに会計できるのが最大のメリット。

事前にお金をチャージしておかないと使えないため、使用時には残金を気にしておかなければならないが、反面それによって使いすぎの防止もできる。お金の流れがシンプルで把握しやすいのが特徴だ。現金やクレジットカードだけでなく、楽天Edyに楽天スーパーポイントをチャージすることもできる。

また、設定した残金を下回ったときに、登録しているクレジットカードから自動的にチャージされる「オートチャージ機能」を利用すれば、残金を気にせずに使うことも可能だ。セブンイレブン、ファミマ、ローソンなどのコンビニ系は楽天Edyの方が楽天ペイより全国的に網羅されている。コンビニ13チェーン、スーバー、ドラッグストアなど、78万店舗以上(2020年7月1日時点)で利用可能。インターネット店舗では、楽天以外にもAmazonで利用できる。

【楽天Edyはこんな人におすすめ】
・使い過ぎを防ぎたい 
・クレジットカードを持っていない
・コンビニをよく利用する

楽天ペイとは?

楽天ペイは、アプリに表示されたQRコードやバーコードを店頭で提示して決済するサービス。支払いは、登録しているクレジットカードの請求日にまとめて請求される「後払い」に加え、チャージによる「前払い」、ポイントによる「即時払い」に対応している。

使用できるクレジットカードの種類は、すべての楽天カードと「Visa」「Mastercard」「JCB」「American Express」。クレジットカードと紐づけることで、事前にチャージをする必要がないため、支払い時に残高を気にせず使えるのが特徴。また、楽天Edy同様にサインや暗証番号の入力も不要で、手早く支払えるのがメリットだ。

「楽天カード」「楽天銀行口座」「ラクマの売上金」のいずれかからその都度残高をチャージして使用したり、すでに保有している楽天ポイントを使って決済したりすることもできる。コンビニ10チェーン、スーパー、ドラッグストアなど500万か所で利用可能。楽天以外にも、無印良品やSHOPLIST、JINSなどのネット通販でも利用できる。

【楽天ペイはこんな人におすすめ】
・チャージの手間を省きたい
・残高を気にせず使いたい
・ネットショップをよく利用する

楽天Edyはおサイフケータイとしても使える

「おサイフケータイ」とは、その名の通り、おサイフに入っているものをケータイに入れて持ち運ぶことのできるサービス。 「おサイフケータイ=ATM機」「楽天Edy=銀行のキャッシュカード」とイメージしてみるとわかりやすい。

当然のことだが、ATMを利用しようとする時、どこかの銀行と契約し発行されたキャッシュカードを持ってないとお金の入出金はできない。それと同じように、おサイフケータイを搭載したスマホを持っているだけでは機能は使えず、電子決済サービス(楽天Edy)に申し込み、専用アプリを使ってスマホと紐づける必要がある。

楽天には「楽天Edy」「楽天ペイ」それぞれ単独の対応アプリと、「Edy機能付き楽天ペイ」というアプリが存在する。「Edy機能付き楽天ペイ」は、これひとつで楽天Edyも楽天ペイも利用できる便利なアプリだ。ただし、単独アプリはどのスマホでも利用できるが、「Edy機能付き楽天ペイ」は、おサイフケータイ対応機種のみでしか利用できない。一部の非対応Android機種やiPhoneでは利用できないので注意しよう。

楽天Edyと楽天ペイ、どっちがお得なの?

では、楽天Edyと楽天ペイ、どっちがお得にポイントが貯まるのか、還元率に違いがあるのかを見てみよう。

楽天Edyの還元率

楽天Edyの場合、利用金額の0.5%(200円で1ポイント)の楽天スーパーポイントが付与される。さらに、楽天カードから楽天Edyへチャージした場合には、0.5%のポイントがもらえる。つまり、楽天Edyを使うなら楽天カードでチャージをした方が断然お得だ。

楽天ペイのポイント還元率

楽天ペイのポイントは、「チャージ払い」か「ポイント/クレジットカード払い」かによって還元率が異なる。

【チャージ払い(楽天キャッシュ)】

・楽天カードからのチャージ:1.5%(楽天カードからのチャージ時に楽天カードから0.5%+チャージ残高での支払い時に楽天ペイから1%)

・楽天銀行、ラクマからのチャージ:1%

【ポイント払い/クレジットカード払い】

・保有している楽天ポイントでの支払い:1%

・クレジットカード払い(楽天カードを紐付けた場合):1%

楽天カード保有者なら「クレジットカード払い」よりも、楽天カードから楽天キャッシュにチャージを行ってから利用する方がお得だ。

ポイント二重取りはできる?

さらに楽天ポイントを効率的に貯めたいなら、対象店舗で「楽天ポイントカード」を忘れずに提示しよう。ポイント還元とは別に、楽天ポイント加盟店で楽天ポイントカードの提示すると、さらに0.5%以上のポイントが貯まる。

例えば、加盟店で1,000円の買い物をし、楽天ペイ(楽天カード登録済み)で支払いをした場合、「楽天カード利用分 1.0%⇒10ポイント」に加え、「楽天ポイントカード付与分0.5%⇒5ポイント」、合計15ポイント獲得できる。

また、楽天では頻繁にキャンペーンが開催されており、それらを駆使すればさらにお得にポイントを貯めることも可能だ。

マイナポイントの紐付けも忘れずに

そして、今注目したいのが「マイナポイントキャンペーン」。楽天Edy、楽天ペイどちらもマイナポイントを申し込んだ利用者に対し、マイナポイントの付与とは別に楽天ポイント、またはEdyを付与する"上乗せキャンペーン"が実施されている。

楽天Edyは、マイナポイント申込者が5か月連続1,000円以上チャージすると、抽選で最大2万円分のEdyが毎月当たり、はずれても500万円分の「Edy」を山分けするというもの。楽天ペイは、最大500円分を上乗せし、合計最大5,800円分の楽天ポイントが付与されるというものだ。

楽天ポイントは、数あるポイントサービスの中でも貯まりやすいと言われるが、今回紹介した楽天Edyと楽天ペイを駆使して、さらに高還元を目指してみては。

文/oki

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。