人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人気カップ麺「赤いきつね」と「緑のたぬき」売り上げが多いのはどっち?

2020.09.09

マルちゃん(東洋水産)の定番ブランドにして、国民的即席めんである「赤いきつね」と「緑のたぬき」。甲乙つけがたい両商品だが、より人気が高いのはどちらなのだろうか?

このほど、画像買取アプリ「ONE」ユーザーのレシートに基づいた購買データによって、エリア別の赤いきつねと緑のたぬきの購入数割合が明らかになった。

集計対象は以下の通り。

全国:赤いきつねが優勢

全国のレシート枚数では、赤いきつねが6割、緑のたぬきが3割6分といったところ。赤いきつねが優勢だ。

赤いきつねはうどん、緑のたぬきはそばだが、その辺りも影響しているのだろうか。

続いて、日本全国エリア別で上記のシェアを見ていこう。

■全国どのエリアでも赤いきつねが優勢

ONEユーザーの購入傾向としては、どのエリアでも概ね6〜7割が赤、3〜4割が緑という結果だった。うどん県や、関東関西の味覚の違いで、どちらが好みなのかが変わってくるかと想定したが、実際は全国どこでも、赤いきつね > 緑のたぬきという結果だった。

さて、この割合が少し緑側に寄る時期がある。お蕎麦を食べる時期といえば年始だ。

2020年1月のみに絞った全体のデータを見てみると……

36%ほどだった緑のたぬきが45%ほどと、1割近くも構成比が大きくなっている。

大みそかの夜に漂う粛然とした雰囲気に、なぜかそばはよく似合う。

ファーストフードにUber Eatsとアメリカナイズされきった日々の食生活から距離を置き、食を通して日本人であることを感じられる数少ない絶好機だからこそ、老いも若きも大みそかの夜、ひそやかにそばをすするのではないだろうか。

出典元:WED株式会社(ONE事務局)
https://note.com/one_blog/n/nd530100b9264

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。