人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

イマドキ高校生の好きなYouTuberランキング、女子2位は「キヨ」、男子2位は「にじさんじ」、1位は?

2020.09.08

今や老若男女問わず多くの人から視聴されているYouTube。中でもコアな視聴者層と考えられるイマドキの高校生たちは、どんなジャンルの動画を好み、また、YouTuberだと誰のチャンネルを好んで視聴しているのだろうか?

そんな高校生のYouTube事情に関する意識調査がこのほど、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」によって実施された。

なお本調査は、日本全国の高校1年生~3年生の男女1045人を対象にして行われた。

毎日見る高校生は7割以上

今回の調査で98%の高校生が「YouTubeを視聴している」ことがわかり、さらに、そのうち76%の高校生が毎日欠かさずYouTubeを見ているという結果になった。

男女別では、女子高生は約7割、男子高生は約8割が毎日YouTubeを見ている。また、視聴時間については女子高生が「1日に、30分以上~1時間未満」が最も多いのに対して、男子高生は「1日に、1時間以上~2時間未満」が最多となった。頻度も視聴時間も女子高生に比べて男子高生の方が多く、よりYouTubeに熱中している様子がうかがえる結果となった。

よく見るYouTubeのジャンル

よく見るYouTubeのジャンルに関しては、女子高生・男子高生ともにTOP2が「ミュージック」と「ゲーム実況・ゲームプレイ」という結果になった。

女子高生の1位は「ミュージック」で約6割、男子高生の1位は「ゲーム実況・ゲームプレイ」で約7割。2位以下と大きく差をつけ、それぞれ堂々の1位となった。女子高生で4位、男子高生で5位にランクインしている「歌ってみた・踊ってみた」は、好きな歌手・アイドル・アニメなどの楽曲やMVなどを再現するジャンルで、高校生にも人気があるようだ。

男女別で見てみると、女子高生は3位に「美容・メイク」、5位には「アイドル」、10位には「ダンス」がランクインしており、男子高生ではランク外だが、女子高生には関心が高いジャンルのようだ。

一方男子高生は、3位に「アニメ」がランクイン。女子高生では6位にとどまっており、アニメ好きの男子高生が多いことがわかる。他にも、5位に「スポーツ」、8位に「VTuber (バーチャルユーチューバー)」、9位に「雑談」がランクイン。8位のVTuber (バーチャルユーチューバー)は2Dや3Dのアバターを使用して、さまざまなジャンルの動画配信を行っている人たちの総称だ。

男女ともに1番人気のYouTuberは「東海オンエア」

どのYouTuberが好きか聞いたところ、男女ともに「東海オンエア」が1位という結果に。「東海オンエア」は、メンバー全員が愛知県出身という6人組のグループ。企画の発想力や、メンバーそれぞれに個性があるところ、毎日動画がアップされているといった点が人気の理由のようだ。

2位以下は、男女で異なるYouTuberがランクインしており、好みの差がはっきりと出ている。

女子高生の2位は、エンターテインメント性のあるゲーム実況が人気の「キヨ」がランクイン。ホラーゲームで怖いはずの実況がおもしろい、動画のテンポがよいといった声が寄せられた。

3位は、中学校の同級生7人組のグループ「フィッシャーズ」がランクイン。仲良しなノリが見ていて楽しいといった声や、アスレチックを使った企画が高評価だった。2017年に実施した流行調査でも北海道・東北地方でランクインした。

4位の「水溜りボンド」は、男性2人の掛け合いがゆるくておもしろいと人気。5位の「QuizKnock」は、東大卒業のクイズ王・伊沢拓司を中心としたメンバーによるクイズチャンネル。2020年6月に実施した流行調査のYouTuber流行予測ランキングでも上位に。同じく5位の「花江夏樹」は、人気作品のキャラクターを多く演じている男性声優だ。

一方、男子高生の2位にランクインした「にじさんじ」は、約100名のVtuber (バーチャルユーチューバー)が所属する異色のユニットで、多彩な個性を生かした動画配信が楽しめる。

3位の「はじめしゃちょー」はゆるい人柄や雰囲気が魅力で、動画がおもしろい、見やすいと人気。

4位の「はなおでんがん」は大阪大学基礎工学部出身の男性2人組で、軽快なトークとためになる理系ネタが特徴。同じく4位はテレビでもおなじみの「HIKAKIN」がランクイン。日常のおもしろいものを紹介する企画やゲーム実況が人気だ。

<LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査>
調査対象:日本全国の高校1年生~3年生の男女
実施時期:2020年8月3日~4日
有効回収数:1045サンプル

出典元:LINEリサーチ(LINE株式会社)
https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。