人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ターボエンジン搭載でキビキビ走るスズキ「ワゴンRスティングレー」の魅力

2020.09.03

2017年2月1日にフルモデルチェンジをした「ワゴンR」には、ターボエンジンを搭載したグレードが用意される。だが実は、「ワゴンRスティングレー」のみとなっているのをご存じだろうか?

スズキ「ワゴンR」のターボ車の見分け方

ワゴンRのターボ車を区別する方法は、まず、「ワゴンR」か「ワゴンRスティングレー」かを見分けることだろう。

ワゴンRの外観は大きく分けて3種類あり、

1.プレーンな「ワゴンR FA」「ワゴンR HYBRID FX」
2.スポーティな「ワゴンR HYBRID FZ」
3.アグレッシブな「ワゴンRスティングレー HYBRID X」「ワゴンRスティングレー HYBRID T」

となる。

「ワゴンR FA」「ワゴンR HYBRID FX」のフロント。写真は「ワゴンR HYBRID FX」

「ワゴンR HYBRID FZ」のフロント

「ワゴンRスティングレー HYBRID X」「ワゴンRスティングレー HYBRID T」のフロント。写真は「ワゴンRスティングレー HYBRID T」

さらに、「ワゴンRスティングレー HYBRID X」と「ワゴンRスティングレー HYBRID T」の見分け方だが、外観での差はほとんどない。一番の違いは、ホイールとタイヤだ。

「ワゴンRスティングレー HYBRID X」は14インチアルミホイールと155/65R14ラジアルタイヤを装着

「ワゴンRスティングレー HYBRID T」は15インチアルミホイールと165/55R15ラジアルタイヤを装着

インテリアでは、「ワゴンRスティングレー HYBRID T」はパドルシフトやクルーズコントロールシステム、フロントシートSRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグを標準装備するといった仕様の違いがある。

スズキ「ワゴンRスティングレー T」のターボエンジンの加速は?

では、ワゴンRのターボ車の走りはどうだろうか?

「ワゴンRスティングレー T」には2WDと4WDが用意される。トランスミッションは全車CVTのみとなる。

エンジンは、

形式:R06A型
種類:水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
弁機構:DOHC12バルブVVT
総排気量:658cc
最高出力(kW/rpm)ネット:47<64PS>/6000
最大トルク(N・m/rpm)ネット:98<10.0kg・m>/3000

が搭載される。

そして、モーターには、

形式:WA05A
種類:直流同期電動機
最高出力(kW/rpm):2.3<3.1PS>/1000
最大トルク(N・m/rpm):50<5.1kg・m>/100

が用意される。

車重は2WDが800kg、4WDが850kgとなっている。

パワーウェイトレシオは、2WDで12.5kg/PS、4WDで13.28125kg/PS(ともにモーターの出力を除く)と、正直大した値ではない。

しかし、加速で重要な最大トルクが10.0kg・mあるのと、モーターが100rpm時に5.1kg・mの最大トルクを発生するのは注目だ。エンジンとモーターを合わせると、1200〜1500cc級のNA(自然吸気)エンジンに近いトルクとなるからだ。

減速エネルギーを利用して効率よく発電するISG(モーター機能付発電機)。モーター機能をあわせ持ち、アイドリングストップからのエンジン再始動や加速時にモーターでエンジンをアシストする

「ワゴンRスティングレー T」は、スポーツカーのような鋭い加速を実現するとは言えないが、通常のクルマの流れに遅れを取るといった事態には、まずならないと思っていいだろう。

スズキ「ワゴンR」のターボにMT車はあるの?

ワゴンRには、5速マニュアルミッション(MT)車が用意されるが、2WD/4WDともにMTがラインアップするものの、NAエンジンかつマイルドハイブリッド非搭載の「FA」のみとなる。残念ながらワゴンRにMTのターボ車はラインアップしない。

スズキ「ワゴンR」のターボ車、「ワゴンRスティングレー T」の燃費は?

ワゴンRスティングレー Tのカタログ燃費は、WLTCモードの燃料消費率で、2WDで23.4km/L、4WDで21.8km/Lとなっている。

実燃費は2WDで15〜20km/L程度、4WDで12〜18km/L程度とするユーザーが多いようだ。

スズキ「ワゴンR」のターボの中古車相場は?

大手中古車販売サイトで確認した、「ワゴンRスティングレー T」の中古車相場は以下のようになっている。

「ワゴンRスティングレー T」の2WD車

掲載された車両は124台。

最高値は2020年式、走行距離4000km、銀で、車両本体価格は179万8000円だった。

最安値は2017年式、走行距離3000km、茶で、車両本体価格は75万5000円となっている。

「ワゴンRスティングレー T」の4WD車

掲載された車両は34台。

最高値は2019年式、走行距離4000km、銀で、車両本体価格は163万円だった。届出済み未使用車の最高値は、2020年式、走行距離5km、白で、車両本体価格は174万9000円。

最安値は2019年式、走行距離6000km、白で、車両本体価格は129万9000円となっている。

【参考】スズキ|ワゴンRスティングレー

※データは2020年8月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。