人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テレワークの効率がアップする外付けキーボードの選び方とおすすめモデル3選

2020.08.28

新型コロナウイルスの影響もあり、急速にテレワークが広まった昨今。緊急事態宣言こそ解除となったが、通勤時間の短縮やオフィスのコスト削減といった観点からもメリットの多いテレワークを、今後も継続して行うという会社も多いのではないだろうか。

そんな会社に勤めている人の中には、これを機に自宅用にパソコンの購入を検討している人もいるだろう。そんな、初めて仕事用のパソコンを購入するという人のために、作業効率に影響を及ぼす「キーボード」の選び方やおすすめ製品を紹介していこう。

初心者向けキーボードの選び方を解説

まずは、初めてキーボードを購入するという人のために、キーボードを購入する際のポイントを解説していこう。普段ノートパソコンを使っているという人でも、打鍵感の良いキーボードをノートパソコン、テレビなどの大画面モニターと接続すれば、快適な自宅作業の環境を整えられるはずなので、ぜひ参考にしていただきたい。

初心者向けキーボードの選び方【有線か無線か】

キーボードには有線接続と無線接続の2種類が存在する。有線タイプは、無線タイプと比べて遅延が少なく、初期設定もコードを繋ぐだけなので、快適に使用できる。一方の無線タイプは、当然コードが存在しないので、デスク周りがすっきりし、小回りが利くというメリットがある。また、カバンの中でケーブルが絡まる心配もないので、屋外に持ち出すのにも適している。

初心者向けキーボードの選び方【日本語配列がおすすめ】

キーの配列パターンには、主に日本語配列と英語配列の2種類がある。日本語配列キーボードには「全角/半角」「無変換」「変換」「カタカナ ひらがな」キーがあるが、 英語配列キーボードにはない。また、スペースキー・Enterキー・Shiftキーの形や大きさも違う。プログラミングなどアルファベットを多く入力するのであれば、英語配列の方が使いやすいとされているが、学校で使ったキーボードや、ノートパソコンのキーボードはほとんどが日本語配列なので、こだわりがなければ日本語配列のものがおすすめだ。

初心者向けキーボードの選び方【キーピッチとキーストローク】

キーピッチとはキートップの中心から隣り合うキートップの中心までの距離を示す数字で、標準的なデスクトップ向けキーボードは19㎜程度とされている。キーピッチが標準より広いものは、普通の製品では窮屈に感じる人におすすめ。逆にキーピッチが狭い製品はコンパクトになるので持ち運びに最適といった利点がある。

キーストロークはキーを押したときに沈み込む深さを示す数字。誤って隣のキーを押してしまうなど、タイプミスが多い人には深めのキーストロークがある製品、タイピング速度を少しでも早めたいのであれば浅めのキーストロークの製品が適している。

初心者向けキーボードの選び方【テンキー・ファンクションキーの有無】

キーボードによっては、テンキーやファンクションキーが存在しないものもある。数字をよく入力する人はテンキー付きのもの、独自に割り当てられたショートカットをよく利用する人にはファンクションキー付きのものがおすすめだ。これらを搭載していないモデルは、コンパクトになるので、省スペースに繋がり、持ち運びにも便利といえる。自身の使用用途を考えて製品を選ぶといいだろう。

おすすめの初心者向けキーボードを紹介

では、実際に初心者向けのキーボード製品をいくつか紹介していこう。今回は、初めて外付けのキーボードを購入するという人でも、比較的手が出しやすい1万円以内の製品から、おすすめのものをチョイスした。

おすすめの初心者向けキーボード【バッファロー BSKBU12BK】

アマゾンでの購入はこちらから

初めに紹介するのは、「バッファロー」の「BSKBU12BK」。テンキー・ファンクションキーも搭載したフルサイズの有線キーボードで、安定した使い心地が期待できる製品。また、その最たる特徴は、水で丸洗いできるという点。本体背面に水抜き穴があり、流水(50度以下)での丸洗いを可能とした。手の油が付着したり、ウイルスの付着などが気になるという人もにもおすすめの製品だ。

【参照】バッファロー BSKBU12BK

おすすめの初心者向けキーボード【logicool K380マルチデバイスBluetoothキーボード】

アマゾンでの購入はこちらから

手ごろな価格のエントリーモデルからハイエンドモデルまで、多くのパソコン周辺機器を販売している「logicool」の「K380マルチデバイスBLUETOOTHキーボード」もおすすめ。コンパクトな日本語配列のキーボードで、様々なOSとデバイスに対応しているので、パソコンだけでなく、タブレットやスマホと接続して利用できるのもポイントだ。

【参照】logicool K380マルチデバイスBLUETOOTHキーボード

おすすめの初心者向けキーボード【ELECOM TK-FDM092STBK】

アマゾンでの購入はこちらから

パソコン周辺機器メーカーとして有名な「ELECOM」のワイヤレスキーボード「TK-FDM092STBK」は、おすすめのフルサイズキーボード。19㎜のキーピッチに2.6㎜のキーストロークと、標準的で使いやすいキーボードで、独自開発した本格静音設計により、静かにタイピングができる。音が気になる場所や時間帯での使用にも最適なキーボードだ。

【参照】ELECOM TK-FDM092STBK

※データは2020年7月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤 文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。