人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日差しの強さを感知して自動開閉!部屋のカーテンをワンタッチでスマート化できる「SwitchBotカーテン」

2020.08.11

睡眠の質の向上に対する意識が高まる中、注目されるデバイスとしてスマートカーテンの需要が成長している。

しかし、スマートカーテンは、対応するレールが限定されてしまったり、価格設定が高額であったり、設置工事が煩雑などの難点が多く、普及へのハードルが高いのが現状だ。

そこでWonderlabs, Inc. は、日本で一般的に普及しているU型、I型レールはもちろん、ポールタイプにも対応可能なスマートカーテンデバイス「SwitchBotカーテン」を開発した。

工事不要!ワンタッチで使える「SwitchBotカーテン」

SwitchBotカーテンはさまざまなタイプのカーテンレールに対応するよう設計されており、市販のカーテンのほとんどに利用できる。コンパクト&ワイヤレスなデザインで、あらゆる部屋のカーテンに設置可能。カーテンレールに取り付けるだけで所要時間はわずか30秒、これまでの電動カーテンのように面倒な工事をする必要はない。

SwitchBotカーテンは今あるカーテンをスマートフォンで操作できるほか、独自の機能として本体背面に搭載した光センサーで日差しの強さを感知し、自動的にカーテンを開閉することも。

また、ソーラーパネルで充電可能なバッテリーを搭載しており、電源コードが不要でインテリアの邪魔にもならない。さらに「SwitchBotハブミニ」及び「SwitchBot温湿度計」と組み合わせて使えば、Amazon Alexa、Googleアシスタント、Apple Siriを利用して音声コマンドで操作できるほか、空調効率を上げるために自動でカーテンを開閉することもできる。

SwitchBotカーテンは光センサーを内蔵しており、暑い夏の日には日差しを自動的に感知してカーテンを閉じる。これによって室温の変動を最小限に抑え、電力消費を削減することが可能だ。

SwitchBotカーテンはお財布に優しく、環境思い。また、1回の充電で最大8か月使用可能な充電式バッテリーが搭載されている上、オプションのソーラーパネルを取り付ければ太陽光で充電できるで、急に停止したりすることがなく、バッテリー切れを心配する必要もない。

関連情報/https://www.switchbot.jp/

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。