人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オンライン会議やゲームにも!マイク付きヘッドセットの選び方、付け方、おすすめモデルは?

2020.08.05

オンラインミーティングやオンライン飲み会が増えたという人は多いのではないだろうか。今後もコミュニケーション手段の主役になり得るが、スマホやマイク内蔵のPCだけでは意外と相手の声が聞き取れなかったり、自分の声が相手に届きにくい場合がある。そんな時に役立つのが、ヘッドセットだ。今回はヘッドセットの使い方からトラブル対策まで、詳細にご紹介していこう。

そもそもヘッドセットマイクとは?

ヘッドセットマイクとは、ヘッドホンとマイクがセットになったもの。ヘッドセットなどとも呼ばれている。コールセンターなどでよく利用されているので、見たことがある人も多いだろう。PCなどに接続するだけで、簡単に利用できる。

ヘッドセットマイクは設定が必要? すぐ使えるものと使えないものがある

有線接続タイプのヘッドセットなら、プラグを差し込むだけで使えるようになるものがほとんど。Bluetooth接続タイプのヘッドセットは、接続設定(ペアリング)が必要な場合が多い。製品ごとに固有の機能があれば、PCにソフトウエアやドライバのインストールが必要になることがある。それぞれの取扱説明書を参照してほしい。

iPhone&iPadもヘッドセットマイクをつなぐだけでOK

iPhoneやiPadに有線接続のヘッドセットマイクをつなぐ場合は、LightningコネクタかUSB-Cでの接続が基本となる。対応していないヘッドセットは、変換アダプターを利用しよう。

Androidも初期設定不要! ヘッドセットマイクをつなぐだけで使える場合がほとんど

Androidスマホやタブレットも、つなぐだけでヘッドセットを使えることがほとんど。音が聞こえない場合は、音量設定を確認してみてほしい。

PS4はヘッドセットマイクでゲーム音声も聞きたいなら設定を変えよう

PS4でも、本体にUSBケーブルかUSBレシーバーをつなぐだけでヘッドセットを利用できる。PS4付属のコントローラー「DualShock 4」には、ヘッドホン端子があるのでミニプラグも接続可能。

初期設定ではボイスチャットの声のみ流れるように設定されているため、ゲームの音楽なども同時に聞くためには、設定が必要だ。「設定」→「周辺機器」→「オーディオ機器」→「ヘッドホンへの出力」と進み、「すべての音声」を選択すればゲームの音声もヘッドセットで聞こえるようになる。

【参考】PS4 ボイスチャットとゲームの音声をヘッドセットとテレビ両方に出力はできますか?(PlayStation公式サイト)

PCでヘッドセットマイクを使う時も初期設定は必要なし

多機能なヘッドセットの場合は事前に初期設定が必要となるが、一般的なヘッドセットなら、PCにつなぐだけで使える。うまくいかない場合は、ヘッドセットが認識されているか確認してみよう。Windowsなら、タスクバーのスピーカーアイコンを右クリックして、「サウンドの設定を開く」を選択する。Macなら「システム環境設定」を開いて「サウンド」を選択すればよい。

ヘッドセットマイクの正しい付け方・外し方

オーバーヘッドタイプのヘッドセットのつけ方は、基本的にはヘッドホンと同じだ。ただし、マイク部分を持って片手で外したりすると、破損の原因となるので注意が必要だ。両手でスピーカー部分をしっかり持ってつけ外ししよう。

ヘッドセットのマイクはどのくらいの位置がちょうどいい?

マイクの位置は、口元と同じ高さで2cmほど離れた位置になるよう調整しよう。この時マイク部分を持つのではなく、アーム部分を持って調整するようにしたい。

【参考】ホワイトボードやバーチャル背景も簡単設定!Web会議ツール「Zoom」を使いこなす便利機能

用途に適した音質のヘッドセットマイクを選ぼう

SkypeやZoomなどを利用したオンラインミテーティングで使うなら、さほど音質にこだわる必要はない。比較的安価なものでも、相手の話し声は十分クリアに聞こえる。

一方、ゲームなど音響も楽しむ目的で使う場合は、できるだけ高音質なヘッドセットを選びたい。場合によってはサラウンド対応など、付加機能が充実しているタイプもおすすめだ。

ワイヤレスタイプのヘッドセットマイクは作業しながら使うのに便利

Bluetooth接続タイプのヘッドセットマイクは、有線接続タイプに比べて高価ではあるが、ケーブルのわずらわしさから解放されるのはありがたい。手元で何か作業をしながら相手と会話するような状況では、ワイヤレスタイプのヘッドセットを使うといいだろう。

どんな時にヘッドセットマイクを使う? シチュエーション別おすすめタイプ

ヘッドセットは様々なタイプがあるので、用途に応じて選びたい。ここでは、オンライン通話やゲーム以外のシチュエーションを中心に、使用するヘッドセットのおすすめタイプを紹介する。

マイクのみのヘッドセットもある?

ダンスなどのパフォーマンスをしながら歌うようなシチュエーションでは、マイクは必要だが、ヘッドホンは不要な場合もある。そんなときは、ヘッドマイクなどと呼ばれるマイクのみのタイプがいいだろう。

ライブでも活躍! ボーカルも使うヘッドセットマイク

歌いながらダンスを踊ったり、楽器を演奏しながら歌ったり、ライブでもヘッドセットが使われることはある。パフォーマンス重視のライブで活躍する。

アイドル好きならヘッドセットマイクもおそろいに

手持ちのマイクを使うと、ダンスなどのパフォーマンスはどうしても動きの制限を受けてしまう。そのため、近頃はアイドルがヘッドセットやヘッドマイクを使うようになっていて、それがトレードマークになることも。お気に入りのアイドルが使っているヘッドセットや、ヘッドマイクと同じモデルを使ってみるのもアリだろう。

ゲーム実況の動画収録にはノイズの入りにくいヘッドセットマイクを

YouTubeなどでゲームのプレイ状況を実況する際には、余計なノイズが入ると視聴者が音声を聞き取りづらくなってしまう。ノイズが入りにくいUSB接続タイプや、マイクにスポンジが付いているヘッドセットなどがいいだろう

【参考】リアルな没入感と音の正確な位置情報を提供するJBLの高性能ゲーミングヘッドセット「Quantum ONE/800」

ミュージカルでもヘッドセットマイクが使われている

演劇やミュージカルの世界でも、ヘッドセットは大活躍だ。演者の発声を確実に収音し、残響音の影響を受けることなく演奏を演者に届けられる。広いホールなどでは、特に利用価値が高い。

ヘッドセットマイクのトラブル対策法! デバイスがヘッドセットを認識しない原因は?

ヘッドセットが認識されないのは、ほとんどは接続が甘いことが原因だ。プラグがしっかり差さっているか確認してみよう。また、複数のオーディオ機器をつなぎ替えて使っていると、トラブルが発生することがある。そんな時はデバイスを再起動すれば改善することが多い。

ヘッドセットマイクが反応しない時はどうする?

ヘッドセットをPCにつないでも反応しない時は、使用したい機器が認識され、マイクとスピーカーが有効になっていて、音量レベルが適切になっているか確認してみよう。PCでは、接続したオーディオ機器の細かな制御が可能だ。スピーカーの音量調整だけでなく、マイクの音量調整や機器を無効にすることもできる。

ヘッドセットマイクのノイズが気になる……どうすればいい?

ヘッドセットを使っていると、ノイズが入ってしまうことがある。USB接続のヘッドセットの場合は、別のUSB端子につなぎ替えてみると改善することがある。また、デバイスの再起動が有効な場合が多い。

個人でヘッドセットを利用するのは、やはりオンライン通話やゲームをプレイする時が多いだろう。PCやスマホに内蔵のマイクとスピーカーでも事足りるが、安価なものでもヘッドセットを使うだけで、とてもクリアなコミュニケーションを楽しめる。ぜひ一度試してみてはいかがだろうか。

※データは2020年6月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。
※Bluetoothは米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。