人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

共学VS女子校!現在進行形で恋をしている女子高生が多いのはどっち?

2020.07.28

共学VS女子校 恋愛経験が豊富なのはやっぱり…

年頃の女子なら「彼氏がほしい!」と一度は願うもの。 今回LINEリサーチが高校1年生から3年生の女性を対象に、通っている学校が共学か女子校かで高校生活にどのような差があるのかを調査した結果、「付き合っている人がいる」「付き合ってはいないけど、好きな人がいる」という、現在進行形で恋をしている女子高生が多かったのは、やはり「共学」だった。

「付き合っている人がいる」割合が共学のほうが多いところをみると、これは「共学の方がモテそう」と大半の女子高生たちが予想した通りの結果となった。

「共学と女子校の女子高生では、どっちが男子にモテると思う?」という質問では「圧倒的に共学の方がモテると思う!」という声が寄せられている。

では、恋していない女子校の女子高生は、高校生活に不満を感じているのだろうか?

そこで女子校の学生に高校生活の満足度を聞いてみると、女子校特有のはっきりとした傾向が見られた。

女子校には女子校の良さがある!

「共学の方がモテそう」「実際に恋している人が多いのも共学」そんな予想・実態とも共学の女子高生の傾向がみえてくるが、実は興味深いアンケート結果があった。

それは、女子校に入学し、年次を重ねていくにつれて「女子校で良かった」と思う人が増えていくということだ。

具体的な満足度の数値をあげると、
FJK(ファーストJK=1年生)の時は65.4%、SJK(セカンドJK=2年生)になると70.8%、LJK(ラストJK=3年生)には91.7% となり、入学当初6割強だった満足度が、卒業を間近に控える頃には9割以上にまで上昇していた。

女同士で遊ぶことの楽しさからなのか、男子の目を気にしなくていいぶん思い切り好きなことをできるという自由度からなのか、さまざまな理由が重なっているのだろうが、とにかく、卒業する頃には「女子校で良かった」と思う人がほとんどになっているという結果に。長く通うほど、女子校の魅力の虜になるのかもしれない。

LINEリサーチ(LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査)
調査対象:高校1年生~3年生 女性
実施時期:2020年3月27日~30日
有効回収数:909サンプル

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。