人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

富士通の夏モデル「arrows Be4 F-41A」はハンドソープで洗えるスマホ!シニアのスマホデビューにおすすめしたい機能が満載だった

2020.07.26

ドコモより発売となった、富士通のスマホ「arrows」は、コンパクト設計で頑丈という特徴から、現場仕事の人など、屋外でアクティブに活動する人たちからも人気のシリーズ。そんなarrowsの最新モデルが、2020年6月25日にドコモから発売となった。画面割れしにくい頑丈さを踏襲しながら、シニアにも使いやすい便利機能を搭載したモデルで、一括支払いで2万3760円とかなり安価に購入可能と、個性の盛り合わせのようなスマホになっているとのこと。さっそく試してみた。

頑丈で便利な「arrows Be4 F-41A」の実機レビュー

では、arrows Be4 F-41Aを実際に使って分かった、使用感や便利機能について紹介していこう。

文字やアイコンが見やすい「シンプルモード」、片手でも操作ができる「Exlider」

arrows Be4 F-41Aがシニアにおすすめの理由を紹介していこう。まずは、文字やアイコンが大きく表示されるシンプルモードについて。シンプルモードは設定アプリの「表示の設定」から「詳細設定」「シンプルモード設定」へと進み、「設定する」をタップすれば適応できる(ホーム画面の「シンプルモード設定」からも可能)。

左が通常のホーム画面、右がシンプルモードのホーム画面

シンプルモードを適応すると、ホーム画面のデザインが変わる。アプリアイコンや、ニュースの文字が大きく表示され、確認が容易になるのとともに、ホーム画面下部に、短縮ダイヤルを3人まで登録できる。これに家族を登録しておけば、簡単に通話が可能となるのだ。

また、キーボードはフリック入力初心者でも安心して利用できる「かんたんキーボード」、使い慣れたケータイと同じレイアウトになる「ケータイキーボード」といった設定に変更できる。

使い勝手を大幅に向上させてくれる機能として、背面に設置された指紋センサーを利用した「Exlider」がある。これは指紋センサーに触れ続けることで、画面の拡大・縮小やWebページのスクロールが行える機能。片手で簡単に操作が可能なので、かなり便利だった。

上下のスクロールが背面の指紋センサーでできる!

頑丈さと高い防水性能が魅力! ハンドソープで洗えるって本当!?

arrows Be4 F-41Aは、arrowsシリーズの特徴でもある堅牢性もしっかり踏襲している。高さ1.5mから26方向でコンクリートに落下させる試験をクリアした頑丈さを誇り、米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)の23項目(落下、耐衝撃、防水(浸漬)、防塵など)に準拠している。慣れないスマホの操作を誤り、落としてしまっても画面が割れにくいといえるだろう。

また、本体を泡タイプのハンドソープや液体タイプの食器洗剤で洗えるという特徴もある。スマホを清潔に保てるのはうれしいポイント。正しい洗い方については、下記URLから公式HPを参考にしていただきたい。

【参照】FCNT arrows Be4 F-41A 洗い方について

コンパクトで軽い、持ちやすい設計

一般的な大人用お箸と比較すると、そのコンパクトさが際立つ

本体サイズは約147㎜×約70㎜×約8.9mmで、約5.6インチの有機ELディスプレイ搭載。コンパクトで持ちやすい設計となっている。また、質量はわずか約144gと、非常に軽いのも魅力だろう。手に持ってみると、驚くほど軽量で、長時間の利用でも手や指が疲れないのがありがたかった。解像度はFHD+ 1080×2220で、有機ELディスプレイを搭載しているため、発色もよく、斜めからディスプレイを見ても、しっかりと画面を確認できた。

斜めからでもしっかり画面を確認できた

カラーバリエーションは「ブラック」「ホワイト」「パープル」「ゴールド」の4色となっている。

写真は「ブラック」。真っ黒というよりは、「少し青みのある鮮やかな黒」という印象を受けた

ケータイとしての機能をしっかりと果すスペック

スマホの処理性能に関わるCPUは、SDM450を搭載。作業領域を表すメモリ(RAM)は3GB、データの保存量を示すストレージ(ROM)は32GBとなっている。ハイエンドモデルと比べると見劣りはするが、電話やメール、ネット検索といった使い方であれば十分に機能する。実際、Bluetoothイヤホンに接続して動画を見たり、ネットニュースを見たりといった動作は、特に問題なく利用できた。また、microSDXCは最大1TBまで対応しているので、写真や動画をたくさん撮るといった使い方をするのであれば、そちらも併せて購入するといいだろう。

約105時間の電池持ち時間

バッテリー容量は2780mAhで、公式HPでの電池持ち時間は約105時間となっている。試しに100%まで充電した状態で30分間、Bluetoothイヤホンと接続しながら動画を流し続けてみたところ、バッテリー残量は97%と、わずか3%しか消費していなかった。アプリゲームを長時間プレイするといった使い方をしなければ、バッテリー切れの心配はあまりいらないだろう。

バランスよく音が響くスピーカー

本体下部にはスピーカー、USB Type-Cソケット、イヤホンジャック、ストラップホールが搭載されている

クラシック、ジャズ、ロック、EDMといったジャンルの音楽をスピーカーで音を出してみたが、どのジャンルでも的確にバランスよく響かせる印象を受けた。よほど強いこだわりがないのであれば、十分に満足できる音質だろう。スピーカーは本体下部に内蔵されている。

約1310万画素のシングルレンズを搭載

※arrows Be4 F-41Aにて撮影

アウトカメラには約1310万画素のシングルカメラを搭載。起動もスムーズで、動画の撮影も簡単。特に便利だと感じたのが、写真撮影モードと動画撮影モードの切り替え。多くのスマホは、それぞれのモードに切り替えてからシャッターボタンをタップする必要があるが、arrows Be4 F-41Aは、カメラアプリを起動するだけで、写真のシャッターボタンと動画の撮影開始ボタンが同時に表示される。使いたいほうに瞬時にアクセスできた。

カメラアプリを起動すると、このように左から「動画撮影ボタン」「シャッターボタン」「カメラロール」のアイコンが表示され、瞬時にアクセスできる

3万円でおつりがくる、安定感のある国産スマホ

arrows Be4 F-41Aは、スマホを初めて使うシニアにもわかりやすい「シンプルモード」を搭載し、シリーズの特徴である堅牢性をしっかりと踏襲したスマホ。国産メーカーである富士通が開発し、ドコモから売り出されているため、使い方や故障に関する充実したサポートも期待できる。これだけの使い勝手を備え、3万円でおつりがくる低価格もおすすめしたいポイントだ。自分の親が初めて使うスマホとして、プレゼントしてみてはいかがだろうか。

 arrows Be4 F-41Aのスペック一覧

OS:Android 10.0
CPU:SDM450(1.8GHz オクタコア)
メモリ:3GB
ストレージ:32GB(外部microSDXC 最大1TB)
本体サイズ:約147㎜×約70㎜×約8.9mm
質量:約144g
ディスプレイ:約5.6インチ/有機EL FHD+ 1080×2220
カメラ(メイン):有効画素数 約1310万画素 CMOS/F値1.9
カメラ(フロント):有効画素数 約810万画素 CMOS/F値2.0
バッテリー容量:2780mAh(着脱不可) 電池持ち時間約105時間
防水/防塵:防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
その他:おサイフケータイ対応、イヤホンジャック搭載、指紋認証対応

取材・文/佐藤 文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。