人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

簡単に自家製パンが楽しめると話題!容器内で材料を混ぜ、放置してレンジで加熱するだけの「BOXパン」の作り方

2020.07.19

長かったStay Homeの期間に、各地のスーパーの小麦粉が品薄になるほどパン作りがブームになった。

このときにパン作りに目覚め、今も熱心においしいパンを追究する人は少なくない。でも、こね方に工夫があったりなど、ハードルの高さを感じている方も多そう。

今回紹介するのは、自家製パンに挫折気味の方におすすめの、シンプルを極めた「BOXパン」だ。

究極の手軽さで作れるパン

BOXパンは、容器に材料を入れ、混ぜて、放置(発酵)して、電子レンジで加熱するのが基本の手軽さ。考案したのは、ブレッドクリエイターなどとして活躍する斎藤ゆかりさんで、レシピ集の『世界一ズボラなBOXパン!』(ワニブックス)も出している。

斎藤ゆかりさん プロフィール
栄養士、フードコーディネーター、フードスペシャリスト。東京農業大学、女子栄養大学卒業後、製粉会社に勤務。独立後、ブレッドクリエイターとして活動し、250種類以上の小麦粉の性質を見てきてわかったことをパン作りに取り入れる。2016年より「家庭でも失敗しないパン作り」をテーマにパン教室を開講。90%以上の受講者が成功するメソッドが注目を集める。2018年モンディアル・デュ・パンのセミプロコンクール最終選考に出場。2019年よりパン教室の講師向け講座「こなこな・マジック」を開講。

BOXパンを作るために必要な道具は、電子レンジ対応の透明プラスチック製コンテナに、はかり、フォーク、スプーンだけ。材料としては、強力粉、ドライイースト、水、塩がベースとなり、レシピに応じて様々な食材をプラスする。

注意すべきは、材料の分量は指示どおり正確に測ること。そのため、はかりは0.1g単位で量れるものやスプーンスケールを用意する。強力粉は「日清 カメリヤ 強力粉麦粉」、ドライイーストは「日清 スーパーカメリヤ ドライイースト」が推奨されているが、これはメーカー・銘柄によってグルテン量や発酵時間に差があり、完成度のムラをなくすため。

ひとまず、応用レシピの基本のキとなる「基本のBOXパン」を作ってみよう。

「基本のBOXパン」

【材料(510mlコンテナ1個分)】
・塩:2g
・ドライイースト(日清 スーパーカメリヤ):1g
・水:90g
・強力粉(日清 カメリヤ):100g

【作り方】
1 塩、ドライイースト、水をコンテナに入れ、溶けるまでフォークでよく混ぜる。
2 強力粉を加え、粉っぽさがなくなり粘り気が出るまで小さめのスプーンで1分以上を目安にぐるぐるとよく混ぜる。

3 乾燥しないようにフタをし、室温に置いて高さが2倍以上になるまで60~90分発酵させる。
4 フタをせず、600Wの電子レンジで2分30秒~3分加熱してできあがり。

詳細は本書に譲るが、若干のポイントがあって、まず1と2の工程では「よく」混ぜるようにする。目安としては、イーストが容器にはりつかないよう、そして、強力粉の混ぜ残しがないように。また、発酵時間は、室温の高低によって調整する。つまり、室温が高い夏期は短くし、低い冬期は長くする。

出来上がった「基本のBOXパン」は、粗熱が取れたらコンテナから出して冷まし、またコンテナに戻す。常温保存できるのは1日ほど。それより長く保存したい場合は、スライスした後、コンテナに戻して密閉しすぐに冷凍庫へ。こうすれば1週間ほどもつ。

「基本のBOXパン」をマスターしたら、ほかのレシピにチャレンジしてみよう。以下、比較的難易度の低いものを本書より2つ抜粋する。

かぼちゃの自然な甘みでやさしい味の「かぼちゃパン」

【材料(510mlコンテナ1個分)】
・かぼちゃ:70g
・塩:2g
・ドライイースト:1g
・水:90g
・はちみつ:5g
・強力粉:100g

【作り方】
1 かぼちゃはラップで包み、600Wの電子レンジで2分30秒加熱する。40gは皮をとってつぶし、30gは皮ごと1cmの角切りにしておく。
2 塩、ドライイースト、水、はちみつをコンテナに入れ、溶けるまでフォークでよく混ぜる。
3 強力粉を加え、粉っぽさがなくなり粘り気が出るまで小さめのスプーンで1分以上を目安にぐるぐるとよく混ぜる
4 1でつぶしたかぼちゃを加え、マーブル状になるように混ぜる。
5 乾燥しないようにフタをし、室温に置いて高さが2倍以上になるまで60~90分発酵させる。
6 1で角切りにしたかぼちゃを上にのせ、600Wの電子レンジで2分30秒~3分加熱する。

甘すぎないビターな大人味の「チョコチップパン」

【材料(510mlコンテナ1個分)】
・塩:2g
・砂糖:20g
・ドライイースト:1g
・卵黄:1個分
・水:卵黄と合わせて105gになるよう調整
・強力粉:100g
・マーガリン(有塩):10g
・ココア:10g
・チョコチップ:35g

【作り方】
1 塩、砂糖、ドライイースト、卵黄、水をコンテナに入れ、溶けるまでフォークでよく混ぜる。
2 強力粉、マーガリン、ココアを加え、粉っぽさがなくなり粘り気が出るまで小さめのスプーンで1分以上を目安にぐるぐるとよく混ぜる。
3 チョコチップを加え、均等になるようにさらに混ぜる。
4 乾燥しないようにフタをし、室温に置いて高さが2倍以上になるまで60~100分発酵させる。
5 フタをせず、600Wの電子レンジで2分30秒~3分加熱する。

BOXパンは、アレンジ次第で肉まん・あんまん風、ピザパンやチーズケーキ風など、和洋中バラエティに富んだものが作れる。そうしたレシピが約40種類も本書に収載されているので、「らくらくパン作りで食卓を豊かにしたい!」と考えている方は、活用するとよいだろう。

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。