人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Googleアカウントにログインできない時に備えて準備しておきたいこと

2020.07.09

多くのサービスで利用できるGoogleアカウントだが、時としてログインができなくなってしまうことも。原因は様々だが、事前に準備をしておけばパスワードなどを忘れてログインできなくなっても、アカウントを復元してログインできる可能性がある。そこで今回はGoogleアカウントにログインできなくなる前に設定しておきたい、事前準備の方法を紹介していこう。

パスワードなどを忘れてGoogleアカウントにログインできなくなるその前に! 事前にできる準備をデバイス別に紹介

Googleアカウントにログインできなくなる主な原因は、パスワードの失念。特に、普段Google系のサービスをあまり使う機会がない人は忘れてしまいがちだ。しかし、事前にしっかりと準備をしておけば、ログインに必要な情報が分からなくなっても、アカウントを復元してログインできるようになる。

Googleアカウントへログインできない状態になる前に設定しておきたいコト【PC編】

パスワードを忘れてGoogleアカウントにログインできなくなっても、手持ちのスマホの「電話番号」もしくは「メールアドレス」を登録しておくと、パスワードの再設定ができるようになるのだ。まずはPCから電話番号(またはメールアドレス)を登録する方法を見ていこう。

[1]Googleのトップページにアクセスし、画面右上のアカウントアイコンマークをクリック。次に「Googleアカウントを管理」を選択する。

[2]「個人情報」の「連絡先情報」から「メール」もしくは「電話番号」か「メールアドレス」のどちらかをクリック。
※今回は電話番号を登録していく。

[3]「今すぐ追加」をクリックし、お手持ちのスマホの電話番号を入力。「次へ」を選択すると、入力した電話番号(スマホ)宛てに6桁の確認コードが送られてくる。これを確認し、「スマートフォンを追加」画面の「コードを入力」欄に打ち込み、「確認」をクリックすると電話番号の登録は完了だ。

Googleアカウントにスマホの電話番号を登録しておくと、外部からアカウントへの不正アクセスがあった際にも、スマホ宛てに通知をしてくれるのだ。

※パスワードがわからない場合でも、ログイン画面から「パスワードをお忘れの場合」をクリックし、「別の方法を試す」を選択していくと電話番号登録済みのスマホ宛てに、アカウント復元のための通知が発信される。

Googleアカウントへログインできない状態になる前に設定しておきたいコト【スマホ編】

Googleアカウントのパスワードを忘れてしまい、ログインができなくなっても、事前にお手持ちのスマホの電話番号かメールアドレスを登録しておくことによって、パスワードの再設定ができるようになる。

この項目では、スマホからGoogleアカウントに再設定用の電話番号またはメールアドレスを登録する方法を紹介していこう。なお、説明に際し使う端末は「iPhone(iOS13)」だが、基本的な操作はAndroidスマホでもほとんど同じなので、ぜひ参考にしてほしい。

※メールアドレスを設定する場合

[1]ブラウザアプリなどからGoogle のトップページにアクセス。画面右上の表示されているログイン中のGoogleアカウントのアイコンをタップする。
[2]「Googleアカウントを管理」をタップ。
[3]「個人情報」の「連絡先情報」から「メール」をタップする。
[4]「再設定用のメールアドレスを追加」を選択し、自身のスマホのメールアドレスを入力する。

以上が再設定用のメールアドレスの登録方法だ。なお、登録が無事完了すると、登録したメールアドレス宛に「メールアドレス追加のお知らせ」というメールが届くのでチェックしておこう。

※Googleアカウントへのログインパスワードがわからなくなっても、事前にメールアドレス(また電話番号)を登録しておけば、ログイン画面の「パスワードを忘れた」から上図のように登録メールアドレス宛にログインに必要な確認コードを送信できる。

Googleアカウントに突然ログインできなくなった!? その原因は

様々な理由から、Googleアカウントへログインできなくなることがある。この項目では、主に考えられる原因とその対処法を見ていこう。

Gmailアドレス/パスワードが間違っている

Googleアカウントにログインするためには、アカウントのGmailアドレスとパスワードを入力する必要がある。しかし、この2つが間違っているとログインはできない。上記「パスワードなどを忘れてGoogleアカウントにログインできなくなるその前に! 事前にできる準備をデバイス別に紹介」でも紹介したとおり、事前にスマホの電話番号またはメールアドレスをアカウント管理設定から登録しておけば、アカウントの復元ができる。しかし、電話番号などの登録をしていなかった場合は、以下のことを確認&試してみよう。

・英数字の大文字&小文字または誤字を確認する(特に「@」マークや「l」など)
・「パスワードをお忘れの場合」をクリックし、回答or確認できそうな項目を選択して「次へ」をクリック(下図参照)。
※Gmailアドレスを忘れてしまった場合、「メールアドレスを忘れた場合」から、アカウント復元の操作ができるが、こちらは再設定用の電話番号またはメールアドレスを登録していないと、ログインは難しい。

Googleアカウントが無効状態にある

Googleの利用規約に違反すると、Googleアカウントが無効にされることがある。Googleアカウントが無効になる理由は様々で、こちらより確認可能だ。特に規約に反した覚えがない人は、「アカウント復元」からアカウントの復元申請をしてみよう。

インターネット環境が不安定

これはGoogleのサービスに限らず、インターネット回線を利用するアプリやソフトであれば、これは共通していえることだろう。試しにGoogleアカウントへのログインを試みている端末で、Google以外のWebサイトへアクセスしてみるなどし、回線状況をチェックしてみよう。もし、ほかのWebサイトなども開けない場合は、インターネット回線に接続されていない可能性が高い。

Wi-Fiのルーターに電源が入っているか、モバイルデータ通信に通信制限がかかっていないか、航空機モードなどがオンになっていないか、などスマホやPCやルーターといった機器を調べてみよう。

※データは2020年6月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品・サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。