人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

中高生が選んだ体育着が似合う有名人ランキング、3位イモトアヤコ、2位広瀬すず、1位は?

2020.06.29

体育の時間にグラウンドを駆け回っていたあの頃。体操着は第二の制服だった。

そんな体操着にまつわる意識調査がこのほど、株式会社トンボにより、現役中高生とその母親各1,000名・合計2,000名を対象として実施された。

本調査によって、時代とともに変化する体育着に関する「満足度」や「学校以外で体育着を着るシチュエーション」「着なくなった体育着の扱い」「体育着にまつわるエピソード」「体育着が似合う有名人ランキング」などが明らかになった。

体育着、母親世代は7割近くが不満だったが、子供世代は7割以上が満足

現在着用している(当時着用していた)体育着の満足度を親子で比較すると、子供世代は母親世代に比べて満足度が高く、「満足している(21.5%)」「どちらかといえば満足している(52.0%)」を合計すると、7割を超える方が現在着用している体育着に満足していることがわかった。

一方で、母親世代は、当時着用していた体育着に対して「満足していなかった(37.4%)」「どちらかといえば満足していなかった(30.1%)」を合計すると、7割近くが不満を持っていたことがわかった。

Q. 現在着用している(当時着用していた)体育着について、満足度をお聞かせください。(単一回答)

子供世代は「機能」「デザイン」ともに満足!

子ども世代で7割以上を占めた体育着への「満足」理由は、「速乾性」「デザイン」「肌触り」。

一方、母親世代の7割近くを占める「不満」理由は、圧倒的に「デザインが良くなかった」で1位、ついで2位「機能的ではなかった」3位「透けやすかった」となった。デザイン面では、「色が嫌だった」「ダサかった」などの回答が見られたが、「ブルマが嫌だった」というコメントが最も多く、ブルマへの不満が体育着の不満の多数を占めている事が浮き彫りになった。

Q. 現在着用している(当時着用していた)体育着について、満足・不満足理由をお聞かせください。(複数回答)

母親世代は、子供が着用している体育着に対して高評価である傾向

当時着用していた体育着に対しては不満に感じている人が多かった母親世代だが、子どもが現在着用している体育着については、7割以上が満足と回答。満足理由としては、1位「速乾性」2位「耐久性」3位「型崩れしない」となっており、洗濯する際の扱いやすさなどが満足理由としてあがった。

子供世代は、母親世代よりも“プライベート”で体育着を着ていることが明らかに

体育の授業以外で体育着を着用している(していた)シチュエーションを比較すると、子供世代では「習い事に行く(52件)」「コンビニやスーパーに行く(49件)」「飲食店に行く(13件)」など計167件で、母親世代の計81件の2倍以上の回答件数となった。

また、子供世代の「その他(36件)」では「部屋着(ルームウェア)」としても着用しており、母親世代が学生の時よりも、現代の子供世代の方が、学校行事以外で、体育着を着ているシチュエーションが多いことがわかった。

Q. 体育の授業以外で体育着をどのシチュエーションで着用してます(してました)か?(複数回答)

母親世代は「すぐに処分」が半数以上。子供世代は約3割が「普段使い」に

着なくなった体育着について、母親世代は「着なくなった後すぐにゴミに出した」方が半数以上を占めた。

一方、子供世代では「パジャマやルームウェアとして着用している」割合が高く、また「思い出として残している」など、子供世代の方が、体育着に愛着を持ち、日常的にも活用している傾向が伺える結果となった。

Q.着なくなった体育着をどのように扱っていますか?(単一回答)

【体育着エピソード】「友達との青春の思い出」が多く、体育着への愛着も強い子供世代。一方、母親世代は?

【世代別】体育着に関する思い出やエピソード(一部抜粋)

■【考察】体育着も時代を映す鏡。時代とともに体育着のデザイン性・機能性が向上

母親世代は、色やデザインなどで男女差のある体育着や「ブルマ」の全盛期だったが、教育現場での男女差をなくそうという社会的な意識や変化などがあり、1992年頃には体育着は「ブルマ」から男女差のない「ハーフパンツ」または「クォーターパンツ」へと移行した。

そのため、子供世代では「ブルマ」を着用する機会がなく「ブルマ」の存在自体を知らない子供も多いと推察される。

また、機能面では「厚手」「重たい」綿100%の素材から、時代とともに、ポリエステルの混紡割合が増加し、近年では、ポリエステル100%でストレッチ性が高く、「軽量」「吸汗」「速乾」に優れた体育着が多くなっている。

体育着も時代や社会背景を反映して変化しており、そのデザイン性や機能性の向上により、着用者の満足度が高まり、着用シーンの拡大につながっているようだ。

体育着が似合う有名人、橋本環奈、広瀬すず、イモトアヤコがTOP3にランクイン!

「体育着が似合う有名人」では、「制服が似合う有名人」同様、1位と2位に橋本環奈、広瀬すずがランクインした。3位にはタレントのイモトアヤコがランクインと、TOP3にランクインした有名人は、両世代共通となった。

「制服が似合う有名人」のランキングに比べ、「体育着が似合う有名人」のランキングでは、テツandトモ、武井壮や出川哲郎など、バラエティ番組で活躍する有名人がランクインしている。

■【考察】幅広い年齢層のタレントがランクイン。バラエティ番組の影響も大

母親世代1位の広瀬すずは、映画「ちはやふる」でのジャージ姿や「チア☆ダン」でのユニフォーム姿が印象的で、子供世代1位の橋本環奈は、日本テレビ系のキャンペーン『カラダWEEK』でのマネージャー役でのユニフォーム姿が記憶に新しいところだが、体育着を着用しての出演よりも、ともに映画やドラマで「制服」ヒロインとしてのイメージが定着していることで、『体育着が似合う』という印象も強くなっているとも考えられる。

橋本環奈は、2020年近日公開予定の映画『小説の神様 君としか描けない物語』でも、制服姿が見られることから、さらにそのイメージが高まるかもしれない。

親世代、子世代共に3位にランクインしたイモトアヤコは、人気テレビ番組「世界の果てまでイッテQ!」でセーラー服を着用、また過酷なロケでは、小豆色のジャージを着用してチャレンジする姿を目にする事も多く、ランクインの大きな要因となっていると予想される。

同じく、子供世代10位の出川哲朗も、同番組で、緑色のジャージを着用し、体を張った企画にチャレンジしており、「体育着が似合う有名人」は、バラエティ番組による影響も大きいようだ。

出典元:株式会社トンボ

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。