人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AIが発言者を自動で認識しフォーカス!360度対応のカメラ、マイク、スピーカーを搭載したOwl Labsの会議室用webカメラ「MeetingOwl Pro」

2020.06.21

ソースネクストは、米国Owl Labs製の会議室用webカメラ「MeetingOwl Pro(ミーティングオウル プロ) MTW200」を7月31日に発売する。価格は115,000円(税別)。

本製品は、360度カメラとSmartマイクシステム、スピーカーを搭載した会議用webカメラ。AI360度カメラが全体を映し出すとともに、AIが発言者を自動認識し、映像にも音にもフォーカスするので、誰が話しているのかすぐわかるのが利点だ。

設置も簡単で、USBでPCに接続し、専用アプリで端末を登録するだけで準備OK。マイクとスピーカーを搭載しているため、複数の機器を別々に設定する手間がかからないのも嬉しいポイントだ。なお、専用アプリはiOSとAndroidに対応し、カメラロック機能(手動でカメラの向きをコントロール)、使用状況の確認(iOSアプリのみ)、本体のピンコード設定などが行なえる。

推奨会議室サイズは約4.5×6m。カメラの有効認識範囲は半径2.5mで、マイクは半径5.5mまで認識可能。本体サイズは約幅111×厚み111×高さ273mm、重量は約1.2kg。

誰が話しているのかすぐに分かるので臨場感ある会議ができるうえ、接続や設定が簡単、さらには、ほとんどのクラウドベースのビデオ会議プラットフォームに対応するとのことなので、在宅勤務の社員とのweb会議や複数人数で参加するオンライン商談など、さまざまなシーンで活用することができそうだ。

© 2020 Owl Labs

製品情報
https://www.sourcenext.com/product/pc/oth/pc_oth_002881/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。