人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

子どもの夏休みの工作は何のためにするの?親が知っておくべき自主性を育てるサポートの仕方

2020.07.24

夏休みの工作は、子どもの集中力や自主性を養うことに一役買ってくれます。作るものや親のサポート次第で、大きな成長が期待できるでしょう。低学年はシンプルながらも好奇心をくすぐるもの、高学年は細かい作業を要する作りがいのあるものがおすすめです。

工作を通して身につく力

夏休みの工作は、楽しい以外にもたくさんのメリットがある重要な宿題です。一つの作品を自分の力で完成させることは、学校の勉強や今後の人生に役立つ『大切な力』を育んでくれます。

集中力

人間は『楽しい』『面白い』と思ったことに集中力を発揮するものです。工作は子ども自らで楽しさを発見しやすい上、集中力も養えて一石二鳥です。苦手な勉強などに取り組むときに、自ら楽しさを見いだして集中することにもつながるでしょう。

しかし、工作なら何でもよいというわけではありません。難易度が高すぎると、作業が苦痛になってしまいます。かといって、簡単すぎても集中力が発揮されません。子どもの技術力に合ったものをいくつかピックアップして、一緒に検討することが大切です。

考える力や忍耐力も

お店に並んでいる雑貨やおもちゃは、すでに『完成』されていますが、夏休みの工作は1から自分で作る必要があります。形・大きさ・色など、自分で考えることが盛りだくさんです。考える作業を繰り返すうちに、思考力や創造力が磨かれていくでしょう。

完成という目標を達成するには、忍耐力も必要です。途中で投げ出さずにやり遂げることは『諦めずにがんばった』という自信にもつながります。難しい問題に直面したときや、新しいことにチャレンジするときにも役立つ大きな力になってくれるでしょう。

夏休みの工作選びのポイントは?

夏休みの工作は、大人の都合ではなく『子どもの目線』で選ぶのがポイントです。作品を作るメリットを最大限に得たいなら、市販の工作キットに頼らず、身近なものを活用して創作を楽しんでもらいましょう。

興味があることを選ぶ

大人の目線で選ぶと「これなら先生に評価されそう」「簡単にできそう」など、子どもの意見を後回しにしがちです。工作の醍醐味である『楽しさ』を見いだせず、途中で投げ出す原因にもなります。

何よりも優先したいのが、子どもが興味を持てるかという点です。好奇心をくすぐるものなら、大人の助けがなくても自分の力でやり遂げようとします。かわいいものが好きな子は手芸やクラフト系、活発な子は遊びに使えるものなど、子どもの好みに合わせて選んでみましょう。

身近にあるもので

材料がすべてそろっている工作キットもありますが、できるだけ身近なものを使って作ることをおすすめします。工作キットを使えば、簡単に見栄えのよい作品を作れるでしょう。しかし、完成形が決まっているため、考える力が身につきません。

夏休みの工作を実りあるものにしたいなら、割りばし・紙コップ・ペットボトル・空き缶など、身近に手に入れやすいものを活用してはいかがでしょうか。

自宅にあるものはもちろん、花や葉っぱなどの自然のものも材料になります。工作の幅がグンと広がるだけでなく、創造力も磨かれるでしょう。

自主性を育てる親のサポート方法

夏休みの工作は、子どもの自主性を育むチャンスでもあります。自主性とは『指示される前に行動すること』です。子どもが自分で計画を立てて、自らの力で完成できるように、サポートは最小限に留めましょう。

一緒に工作の計画を立てる

夏休みという『限られた期間』で工作を完成させるためには、計画的に進める必要があります。夏休みが終わりに近づいてから焦って作っても、本来の面白さが見いだせません。スケジュールに沿って進めることで、気持ちにも余裕が生まれて楽しく取り組めるでしょう。

計画は大人が勝手に立てるのではなく、子どもと相談して決めるのがベターです。自分で考えた計画なら、一層やる気が出ます。工作が終わったら、おやつや遊びの時間などを組み込むのも効果的です。

なるべく決まった時間に取り組めば、食事と同じように習慣の一つになります。「今日はしたくない」と思うことが減って、精神的な負担も軽減されるでしょう。

作業にはできるだけ口を挟まない

工作には、複雑な工程が付きものです。「ちゃんとできるだろうか」と心配になりますが、付きっきりでサポートするのはおすすめできません。

子どもが工作を始めたら、家事をするなどして少し距離をとるようにしましょう。隣で見ていると「もっとこうしたほうがいい」と口を挟んだり、頼まれてもいないのに手助けしたりして、子どものやる気や自主性をそいでしまいます。

自分の力で完成させたという達成感や自信を得る機会を奪わないためにも、口出しや手助けは無用です。サポートするのは「分からないから教えて」と呼ばれたときだけに留めておきましょう。

小学生低学年におすすめの工作と作り方

仕掛けがシンプルな工作なら、低学年でも取り組みやすいでしょう。カッターは扱い方が難しいため、ハサミで事足りるかどうかも重要です。硬いものに切れ込みを入れるなど注意が必要な工程は、大人がそばで見守りましょう。

空気砲をペットボトルで

ペットボトルの空気砲は、ペットボトルの底に取り付けた風船を引っ張って離すことで、空気圧の力によって空気弾が飛び出す仕組みです。紙などの軽いもので作った的や風車に空気弾を当てて遊ぶことができます。

まずは500mlのペットボトルの底をくりぬいて、切り口をビニールテープで覆いましょう。くりぬいた部分に半分に切った風船をかぶせて、ビニールテープで固定します。

トイレットペーパーの芯の先をタコ足状に切ったものを『持ち手』、細く切ったものを『スコープ』として取り付けて、銃のような見た目にするのがポイントです。あとは好きな色のビニールテープを巻きつけてデコレーションすれば、かっこいい空気砲になります。

牛乳パックで作る貯金箱

牛乳パック1本と画用紙を使って、人形風の貯金箱が作れます。牛乳パックは飲み口を開いて、中を洗って乾かしておきましょう。下準備として、四隅の下から1213cmの部分に印を付けます。次に、四隅を上部から印を付けた部分までハサミで切って開きましょう。

切り開いた部分のうち2面を中に入れ込んで、ふたをします。1面は三角帽子に見立てて切り取り、残りの1面は切り落としましょう。切り落とした牛乳パックは、手に見立ててカットしておきます。

三角帽子がある面に穴を開けて『人形の口兼硬貨の投入口』を作りましょう。好きな色の画用紙や手を貼り付けて、ピエロやおとぎ話の小人など好きな人形をデザインしたら出来上がりです。

紙皿や紙コップでトントン相撲

紙皿と紙コップで、海の生き物がダンスをしているかのようなトントン相撲を制作できます。作るのは、タコとクラゲです。紙コップの側面を斜めに細く切って、タコの足やクラゲの触角を作りましょう。

タコは紙コップで作った足に同じ大きさの紙コップを重ねて、書類とじ器などで固定したら完成です。クラゲは紙コップで作った触覚に紙皿をのせ、セロハンテープで固定して作ります。

あとは、油性ペンや折り紙で目や口をデザインして仕上げましょう。『土俵』になる紙箱を水色にしたり海藻を描いたりすると、雰囲気がグンと増します。

マヨネーズ容器で作る水鉄砲

夏らしく、涼しげな水鉄砲もありです。キャップの口が細いマヨネーズの容器で、アザラシの水鉄砲が作れます。容器とキャップを黒いビニールテープで巻いて、アザラシのつややかなボディを再現します。

キャップを外して給水できるように、キャップと本体がくっ付かないように分けて巻くのがコツです。キャップのふた部分は不要のため、ハサミで切り離しましょう。

ヒレは黒いビニール袋、ヒゲは白いビニールテープを細く切ったもの、目は丸いテープと油性ペンで再現します。

小学生高学年におすすめの工作と作り方

高学年になったら、仕掛けや見た目にこだわりたくなります。細かい作業も集中して取り組めるようになり、作品の幅が一気に広がるでしょう。作ったものが遊んだり飾ったりできれば、より愛着が湧くはずです。

頭を鍛えるビー玉迷路

ダンボール紙・接着剤・カッターの三つで、飽きずに楽しめるビー玉迷路が作れます。枠箱の中が迷路になっており、枠箱を上下左右に傾けながらビー玉をゴールに導くという遊び方です。ところどころに落とし穴を設けることで、スリリングなゲームにランクアップします。

ダンボール紙は、高さ8cmくらいの枠箱が作れるものを用意します。家にあるきれいなダンボール箱を代用してもかまいません。まずは、ダンボールに鉛筆で迷路と落とし穴を書き込み、落とし穴をカッターでくりぬきます。

側面に穴を2カ所開けて、スタートとゴールも作っておきましょう。あとは幅5cmに切ったダンボールを接着剤で固定して、迷路の壁を作れば完成です。

簡単な仕組みのクレーンゲーム

クレーンゲームに必要な材料は、大きめのダンボール箱・細い突っ張り棒・糸・クリップです。小さめの景品もいくつか用意しておきましょう。まずは、クレーンゲームの窓・景品の取り出し口・コインの投入口の3カ所を四角に切り抜きます。

次に、左右側面の上部にそれぞれ1カ所ずつ穴を開けて、突っ張り棒を通しましょう。そして、クリップをJの字に作ったものをたくさん作ります。そのうちの一つはテープで糸に固定して、突っ張り棒に付けましょう。

残りのクリップを付けた景品をダンボール箱の中にセットしたら、さっそくゲームを開始できます。突っ張り棒を左右に動かしたり、くるくる回して糸を上下させたりして、景品を狙いましょう。

女の子が好きなキラキラのスノードーム

女の子に人気のスノードームも、ジャムや調味料などの空きびんを再利用して作成できます。空きびんの中にグリッター・水・液体のりを入れてかき混ぜましょう。

水と液体のりの割合は7:3くらいです。「グリッターをもっとゆっくり舞うようにしたい」と思ったら、液体のりの割合を増やしてみましょう。

次に、空きびんのふたの裏側にスポンジ・フィギュアの順に接着剤で固定します。あとは空きびんにふたをしたら、あっという間にスノードームの完成です。スポンジにビーズを付けたり、瓶にリボンやレースを巻いたりして、アレンジを楽しんでもよいでしょう。

構成/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。