人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スカイプとは?Google Meetsとの違いは?Web会議ツールの元祖「Skype」の基礎知識

2020.06.10

新型コロナウイルスによる影響により、在宅勤務やテレワークを積極的に取り入れる企業が増えている。それに伴いWeb会議ツールの需要も高まっているが、数ある中でどれを選ぶべきかは意外と難しい。

そこで本記事では、Zoom、Webexなどと並び高い知名度を誇る「Skype(スカイプ)」とは何か、どのような特徴があるのかを紹介したい。

スカイプとは?

インターネット通話サービスの先駆けとして、2004年にスカイプ・テクノロジー社によってリリースされたサービスだが、その後2011年にマイクロソフト社によって買収された。現在はマイクロソフト社のサービスの一部となっており、スカイプアカウントだけでなく、マイクロソフトアカウントでもサインイン、利用することができる。Web会議(ビデオ通話)の他、スカイプ同士であれば音声通話、チャット(インスタントメッセージ)などがすべて無料で利用可能だ。

WindowsMacOSAndroidLinuxなどのOSに対応しているため、パソコン、スマートフォン、タブレット、Alexaなど幅広いデバイスで利用できるのもメリットの一つ。ビジネスでもプライベート利用でも人気が高いツールだ。Windows 10にはスカイプがプリインストールされているため誰でもすぐに利用可能。また、ビジネス向けには有料の「Skype for Business」も展開されている。

【参考】セキュリティーも充実!法人向けビデオ会議ツール「Skype for business」の使い方と便利機能

スカイプの基礎知識 料金と便利機能

ここでは、スカイプの基礎知識とマスターしておきたい便利な機能を紹介する。まだスカイプを使ったことのない方は、まずここで紹介する項目を覚えておこう。

スカイプは無料?パソコン以外からでも使える?

料金

Web会議、音声通話、インスタントメッセージ、ビデオ通話などすべての機能を無料で使用できる。ただし、インターネットに接続されていない携帯電話・固定電話への通話には料金が発生するので注意が必要だ。携帯電話や固定電話への通話料金は「Skypeクレジット」または「月額プラン」で支払いを行う。

パソコン、スマホどちらでも使える

スカイプは、パソコンに加えスマートフォンやタブレットでも利用可能。アカウントを保有していれば、違うデバイスで外出先から利用することもできる。 

音声通話

スカイプ同士であれば、世界中どこにいる人とでも無料で音声通話ができる。グループを作成することで、複数人で会話をすることも可能だ。また、通話の録音機能が備わっているため会議での使用にも適している。

インスタントメッセージ(IM)

インスタントメッセージでは、テキストによるメッセージ(チャット)の他にファイルの送受信も行える。チャット内でも、グループを作成し複数でやり取りをすることも可能だ。頻繁にやりとりをするチームのメンバーでグループを作成しておこう。

ビデオ通話

スカイプでは、カメラを使ったビデオ通話ができる。利用するためには、カメラ内蔵のPC・マイク・スピーカーが必要だ。もし、PCにカメラが搭載されていない場合は、ウェブカメラを別途購入するか、スマホ・タブレットから利用することになる。

スカイプのビデオ通話は、グループを作成すれば最大50人まで同時接続が可能。録画・録音もでき、そのデータはクラウド上にMP4ファイルとして30日間保存される。

スカイプの便利な機能

画面共有

自分のパソコンやスマホに表示されている画面を、相手の画面に表示させながら通話をすることができる機能。写真を見ながら会話を楽しんだり、口頭での説明が難しい事項を書類、資料を見ながら説明することができる。特に、Web会議で使用する方はマスターしておきたい機能の一つだ。 

Meet Now

20204月より利用可能になった、スカイプの無料Web会議サービス「Meet Now」。アカウントもアプリも必要なく、手軽にWeb会議を利用できるのが特徴だ。スカイプを普段使っていない人でもWeb会議に参加できるため、気兼ねなく利用できるのが嬉しいポイント。また、「背景ぼかし機能」が備わっており、自宅での急なWeb会議でも室内を見られずにビデオ通話ができる。

スカイプMeet NowGoogle Meets(旧:ハングアウト)との違い

スカイプとよく似ているサービスに「Google Meet(旧ハングアウト Meet)」がある。ここでは「Google Meet」とスカイプの新サービス「Skype Meet Now」の特徴を比較しながら紹介する。それぞれの特徴を踏まえて、上手に使い分けてほしい。

Google Meet(旧ハングアウト)の特徴

Google Meet」は、Google社が提供するWeb会議ツール。同時に最大100人まで会議に参加でき、URLを共有すれば専用のアプリは不要。(利用にはGoogleアカウントが必要)

2020930日までは、時間無制限・録画機能付きで利用可できるが、それ以降は1回60分の制限が設けらる予定だ。Googleカレンダーやドキュメント、スプレッドシートとの連携に長けているのが最大の特徴で、普段Googleのサービスを利用している方にとっては、相性が良いツールと言える。

Skype Meet Nowの特徴

一方、スカイプの「Meet Now」は、1度に同時に参加できる人数は最大50人までだが、アプリだけでなく「アカウントの作成も不要」という点がGoogle Meetと異なる。

使い方は、公式サイトから「無料の会議を作成」をクリックし、表示されたWeb会議用URLを共有するだけ。主催者も、アカウントやアプリが不要で利用できるWeb会議サービスは珍しい。会議用URLに有効期限はなく、いつでも使うことができる。

主催者、ゲストともにアカウント登録をしていなくても利用できるため、相手に手間をかけることなく会議を開催できるのが魅力だ。ビデオ通話ではスカイプの基本機能を使用でき、録画・録音機能も利用可能。

文/oki

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。