小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

無理してインスタ映えを作るのはもうダサい!?海外で「ありのまま」の投稿がウケている理由

2020.06.08

インスタグラムで日夜繰り広げられる“映え”の応酬。日常を加工・編集することである種の非日常を見せつけ合うことが当たり前になっているわけだが、昨今、過度な装飾を脱ぎ捨てて、ネイキッドな姿をさらすことがインスタ上の新たなムーブメントとなっているらしい。

つくりこんだ投稿が飽きられ、ウソのない「ありのまま」の姿が求められ始めた?

“インスタ映え” が2017年末に流行語になり、翌2018年には老若男女がインスタグラムを使用するようになって以来、たくさんのトレンドやブームが生まれては消えていった。フォトジェニックな写真や憧れの的となるような素敵なライフスタイルがSNSにはあふれ、本当の現実とは異なるもうひとつの世界として、非日常を演出するユーザーが多数派を占めていた。

ところが、そこに加工など修正がされていない「ありのまま」のありふれた姿をインフルエンサーたちがオープンにし始める現象が海外を中心に昨今続いている。

たとえば “ボディポジティブ” というムーブメントは、モデルを代表するこれまでのスキニーな体型こそが美しいという概念を超え、プラスサイズもどんな身体であってもありのままが美しいのだという考え方であり、この流れはとうとうファッション業界に現実的に影響を及ぼすほどになった。

ダイバーシティはZ世代によってぐっと身近な域に手繰り寄せられ、リアリティが備わり、かつSNSというメガ媒介を経由することで一人ひとりが向き合うテーマへと昇華したのだ。そのようにしてインスタグラムを発端に、これまで1つの絶対的基準しか存在し得なかった領域にも、多様なあり方を受け入れようという考え方が静かに現実化しており、ウケを意識してつくり込まれた写真よりも、逆にリアルさが感じられるものやウソのない投稿が求められる傾向が起きている。

そこで、リデルのインフルエンサーたちにもそういう実態をどこまで感じるか?というアンケートが実施された。

国際比較からもわかる、ソーシャルメディアとお国柄の関係

アンケートはリデル運営のマッチングプラットフォーム『SPIRIT(スピリット)』に会員登録のあるインフルエンサーを無作為に抽出のうえ実施。年齢20~59歳、合計164名が回答した内容が考察されている。

「インスタグラムで “いいね” が非表示になったことは、気持ちにどんな影響がありますか?」という問いに対して、「気楽に投稿できるようになった」との回答がもっとも多く全体の37.2%であり、2位「特になんとも思わない」も僅差で36.0%という結果に。

次いで「他人の評価がわからなくて不満がある」という回答が21.3%と、ほぼこの3回答に集約された。共感や影響力の強さを計る指標に大きく影響を与えていた “いいね” だが、非表示は利用者らが過剰にいいね数を意識し、メンタル的に不健全な状態になることを防止するために始まった背景がある。

本格的に「ありのまま」、リアルで率直であることへのプラットフォームになろうという媒体側の流れも手伝い、回答数値もそれを裏付けつつ、常にフォロワーを視界に置いていたインフルエンサーにとっては不安感も正直残る、という生々しい結果が見えてくる。

個性がはっきり打ち出され、他者とのつながりを意識する姿勢を評価する傾向

「インスタグラムの投稿であなたが最近(直近3ヶ月程度) “いいね” を押す投稿に変化がありますか?」 との問いには、51.8%が「ない」と答え過半数を占めている。次いで34.1%が「ある」と答え、14.0%が「どちらともいえない」と回答。

このなかから変化が「ある」と回答した方へ向け、具体的に共感した投稿が持つ傾向について尋ねる調査が行われたところ、「写真の加工や構図に必要以上のつくりこみがない、ありのままの自然さがある投稿」が53.6%ともっとも多く、25.0%が「写真の加工や構図を可能な限り手を入れた、非現実的な世界観を感じる投稿」と回答している。

12.5%が「フォトジェニックではないが、ギャグなど面白く個性的な投稿」と答え、少数派では「文章に思いがあったり、情報として自分のためになるもの」や「その人らしい投稿」、「自己満足な投稿ではなく、しっかり見る側へ向けた投稿になっているか?」などフォトジェニックや美しい世界観よりも人としての個性がはっきりしたものや、他者とのつながりを意識している姿勢そのものを評価していることがうかがえた。なお “いいね” 自体をしなくなったという声もごく少数ながら存在している。

海外と比して、テーマを語る歴史の浅い日本では「好ましく思う」は半数止まり

さらに、「インスタグラムの世界では多様性(ex.体系、人種、ジェンダーなど)を表現する投稿が受け入れられています。あなたはその傾向についてどんな感想を持ちますか?」という問いに対しては、55.5%の人が「好ましく思う」と回答しているが、「なんとも思わない」という回答も34.1%ほど存在し、投稿に反映された多様性を好意的に感じている人は半数にとどまるという、当初予想したほどのインパクトを感じる結果ではなかった。

また、はっきりと「あまり好ましく思わない」という声や、ポーズのようにジェンダーに関する投稿をすることには違和感を覚えるといった声も少数ながら存在しており、このあたりはまだ海外に比べて語られるテーマとして歴史が浅い日本ならではの文化と言えるようだ。一方で「勇気づけられた」などプラスの影響を感じたという回答もわずかながら存在していた。

「ありのままの姿」にポジティブな感想が6割強、一方で懐疑的な声も

最後に「インスタグラムで表現される、ありのままの姿や正直さについてどんな感想を持ちますか?」と尋ねる調査が行われた。

その結果、62.2%が「励まされる、勇気を得るなど良い影響を受けた」とポジティブな感想を持つ方が多くを占めた。次に多かったのは「特になんとも思わない」という回答であり、一貫してこうしたムーブメントにおいて別段関心を持たないという層が一定数いることがわかる。

一方、明確に「きれいなものだけを見たいので正直受け入れられない」という率直な声も9.1%ほど存在していることも事実で、その他の少数意見においても、「自分は(インスタグラムを)そういう場(ありのままを投稿する場)としていない」、「それに救われる人がいるのはいいと思うが、見ていてギョッとするような投稿はちょっと…」という声があることも特筆すべき点だ。

回答数164名ということで、インスタグラムの日本ユーザーの総意では決してないが、一面として海外で起きている率直さ、リアルな投稿への好意的感覚と、日本においては文化的な意味合いでもまったく同様ということではなさそうだ。

総務省による「ICTによるインクルージョンの実現に関する調査研究」(※)でも、日本、アメリカ、ドイツ、イギリスでのソーシャルメディアにおける国際比較の結果から、「自分が興味のある情報を得ることができた」のスコアは日本も他国と変わらないが、「社会や経済に関するニュースを得る」では日本は低くなり、つながりの強化や創出においては他国と圧倒的に差が開くなど、ソーシャルメディアとの付き合い方には確実に “お国柄” というものが投影されるということがわかる。

出典元:LIDDELL株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。