人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【5分でできるおつまみレシピ】さんが焼き

2020.06.05

■連載/ムッシュ・フジタの5分でできるおつまみレシピ

 千葉県のご当地料理で有名ななめろう。青魚を細かく切って叩き、味噌で味付けをしたものですね。さらにそれを焼いたのがさんが焼きです。房総半島の漁師たちが山仕事に行くとき、アワビの殻になめろうを詰めて持って行き山小屋で焼いて食べたことからこの名前(山家焼き)となったのだとか。普段私たちもスーパーでお刺身を買いますが、しょう油をつけて食べるだけでは飽きてきます。そこでこういったアレンジ料理に興ずることも料理を楽しむ1つのコツですよ。ひと手間加えるだけで全く違う味になりますから、ぜひお試しいただければと思います。

用意する主な材料はコチラ!

さんが焼き

-材料- 原価
・刺身用さんま 70g(200円)
・みょうが 1個(40円)
・青ネギ 1/5束(20円)
・大葉 5枚(50円)
・サラダ油 適量
・みそ 小さじ1
・しょう油 適量

(材料費 約330円。調味料等は材料費に含めず)

それでは、お料理タイムアタック、スタート!

【0:00スタート】

1、青ネギを小口切りにする。

【0:30経過】

2、みょうがはみじん切りにする。

★POINT
みょうがのみじん切りは長ネギをみじん切りする時と同様で、画像の様に表裏両面に斜めに切り目を入れて端から小口切りにするとみじん切りになります。コツは切り目をみょうがの芯まで達する程度に留めておくこと。葉が重なっている形状のみょうがだからこそ、蛇腹に切り目を入れることでみじん切りになる立体構造をイメージしてみましょう。ちなみに今回のみじん切りは食感を残すために粗めでOKです。

【1:00経過】

3、刺身用さんまもみじん切りにする。

★POINT
包丁でたたく、といった表現をしますが、普通にみじん切りをする感覚で切れば大丈夫。あまり派手に叩いてしまうと魚肉が飛び散るので優しく刻みましょう。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。