人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜ今まで気づかなかったのか!文具ソムリエール菅未里さんが語るクイックルワイパーの実力【PR】

2020.06.22PR

【Sponsored:花王】

フロア用掃除道具といえば、花王の『クイックルワイパー』だ。登場したのは1994年、本体に吸着シートをセットして、片手でフローリングの床を拭くだけでほこりや髪の毛をキャッチし、手軽に掃除ができる画期的なアイテムだった。その『クイックルワイパー』が、実は2011年に大きな進化を遂げていたのをご存じだろうか? 丈夫で壊れないので、まだ古いモデルを長年使っている人も多いという。

文具ソムリエールの菅 未里さんも最新のワイパーを使ったことのない一人だった。新しい『クイックルワイパー』に買い替えたところ、あまりの使いやすさに感激し、思わずTwitterにコメントと画像を上げてしまったほど。

なんと、その“つぶやき”はフォロワーの枠を超え、花王のクイックル担当者の目にも留まった。「菅さんの意見をもっと深堀りして、多くの人に今のワイパーの良さを知ってもらいたい」ということになり、この企画が実現したのである。

前置きが長くなったが、モノ作りや機能性、デザインにこだわる文具ソムリエールの菅さんをそこまで感動させたのはどんなポイントだったのか。外出自粛期間中ではあったが、DIME編集部が早速、菅さんに『クイックルワイパー』の魅力を直撃。オンライン取材ということもあり、掲載の写真も菅さん自身の撮り下ろしという今までにないスタイルの企画が実現!

花王『クイックルワイパー』 希望小売価格1791円。

文具ソムリエールの菅未里さん
文房具販売・仕入れ担当を経て、文房具の専門家として独立。国内外で商品や売り場の企画・監修、メーカーのコンサルティングなどを行っている。@ダイムで「菅 未里の誘惑文具」を連載中。

ぐるぐるヘッドで汚れをシート全面でキャッチ!

――『クイックルワイパー』を主に、どこで使われていますか?

リビング、廊下、キッチンなど家中で毎日使っています。

――Twitterで絶賛しているコメントを見たのですが、使って感激されたのはどの点でしょう?

まず、ほこりがたくさんとれる。ダストボックスの上で、シートをはがす瞬間に「こんなにとれてる!」って感激しました。髪の毛やほこりだけじゃなく、よく見ると細かな砂のようなものまで取れていて、それもシートの端だけでなく、全面で汚れをキャッチしていてすごいなと思いました。

それはこの渦巻き状の「グルグルやわらかヘッド」のおかげなんですよね。

掃除がラクになっただけではなく、しっかりとほこりをキャッチしてくれるので、拭く回数は減ったように感じています。

それから、ソファーの下の隙間にもスムーズに入って、コーナーにあるほこりや髪の毛までもからめ取ってくれるところがスゴイ! 

グルグルパターンがごみを中まで、シート全体に取り込む。

シート全面で汚れがとれ、拭き残しが少ない。 画像協力/花王

ヘッドが約3㎝と薄く、ソファーの下など掃除機が入らない隙間にも使える。「さすがに、ソファー下の撮影は間取りの関係でできませんでした(苦笑) なので、ソファー下の画像は花王さん、よろしくお願いします!」 画像協力/花王

――使いやすさのポイントはどこにありますか?

本体のジョイント部分にがたつきがなく、軽い力で床面にしっかりとフィットします。文具に例えるならペンですね。ペン先や軸にがたつきがあると、力がダイレクトに伝わらずに、一瞬、書くのが遅れたりします。少しでも思い通りに動かないと、ストレスになるんですよ。

『クイックルワイパー』は、軽い力でスッと動き、思うように動かせるのでストレスもありません。

クッション性に富み、フローリングのキズやたわみにもフィットする。

特に、キッチンの掃除が格段にラクになりました! 以前使っていたものは床に飛んだ油汚れなどを拭く時、力が上手く入らず、膝を床について手でゴシゴシと拭いていたんです。それが、『クイックルワイパー』なら、ウエットシートをつけて軽い力で頑固な油汚れもさっと拭けてしまうんです。

それともうひとつ便利だったのが、網戸。クイックルワイパーは床に使うものというイメージが強く、網戸や窓に使うという発想がなかったので結構感動してます。背が低いので上の方が拭けないけど、室内用の椅子を外で踏み台に使うのもちょっと…という悩みを解決してくれました。

――ほかに文具ソムリエールとして気になる点はありますか?

部屋の中に立てかけておいても違和感のないデザインもポイントですね。思いたったら、すぐに使いたいので(笑)。デザイン性に優れているだけでなく、ハンドルの先端にラバーキャップがついているから、立てかけても倒れにくいのもいいですね。

――それでは最後に、まだ使っていない人たちにメッセージを。

本当に、もっと早く買えばよかった。私のTwitterを見て、「自分も購入し、乗り換えました! ほんとに使い心地いいですね」と、いう声もあるほどです。「まあ、こんなものかな」と思いながら旧製品を使っている皆さん、すぐに新しい『クイックルワイパー』に変えたほうがいいですよ!! 日々の掃除が簡単、便利になります。

――ありがとうございました。

『クイックルワイパー』を使用している約半数が、これまでの人生で1本しか使ったことがないという調査結果もある(花王調べ)。直近10年買い換えていない人は古いワイパーを使っている可能性が高い。事実、編集部にも旧製品を長年愛用していたスタッフが……。そのスタッフも早速、買い換えたところ、「ぐるぐる」のパワーと、アップグレードした使い心地に感動したと話している。進化した『クイックルワイパー』とシートを手に入れれば、劇的な拭き取りを体験できる。

さらに進化を遂げたウエットシートにも注目!

『クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート STRONG』12枚入り、希望小売価格560円。

床のベタベタ汚れがゴシゴシしないで拭きとれる強力タイプの床用ウエットシート。フロア用クイックル史上最強の拭きとり力(※1)で、ホコリ・髪の毛も、油汚れや足裏汚れもすっきり拭きとります。床についたニオイの消臭効果もあります。キッチンやダイニングの床そうじに。足裏の感触でわかるほど、劇的サッパリ床へ。しかも99%除菌(※2)・ウイルス除去(※2、※3)まで。

※1当社フロア用ウエットシート調べ。
※2すべての菌・ウイルスを除去するわけではありません。
※3エンベロープタイプのウイルス1種で効果を検証。

 

<商品情報>
https://www.kao.co.jp/quickle/wiper/

 

取材・文/はまだふくこ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。