小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

宅配ピザを上手に冷凍保存するコツとおいしく食べる温め方

2020.06.01

宅配ピザを利用した際、思っていたよりサイズが大きかったり、頼みすぎて食べきれなかったりした経験はないだろうか。また、「一人暮らしでピザを注文しても食べきれない」と諦めている方や、「冷凍すると美味しくなくなるのでは?」と考える方もいるだろう。

実は、宅配ピザは冷凍保存をすることができて、出来立てに近い味を再現することもできる。本記事では、宅配ピザを冷凍保存するコツと冷凍したピザを美味しく食べるための方法を紹介したい。

宅配ピザの残りは冷凍保存できる?

宅配ピザは、冷蔵・冷凍のどちらでも保存することができる。すぐにすべてを食べられない時は、冷蔵もしくは冷凍保存しておくのがおすすめだ。

1~2日以内に食べるのであれば、ラップで包み冷蔵庫で保存しても良い。しかし、それ以上の期間保存するのであれば、冷凍で保存するようにしよう。

冷凍保存することで、味を保ちつつ長期間保存することができ、好きな時に残りのピザを美味しく食べられる。1切れずつ冷凍しておけば、好きな時に食べたい分だけ解凍して食べられて便利だ。

「一人では食べきれない」という方でも、冷凍保存を活用すれば安心して宅配ピザを楽しめる。また、期間限定のお得なクーポンが発行されている時に多めに注文しておき、冷凍保存しておくのもいいだろう。

おすすめの冷凍保存方法

ピザの美味しさを保ちながら冷凍するためには、いくつかの大切なポイントがある。ここではその手順とポイントを紹介したい。

冷凍に向かない具材は取り除いておく

まずは、冷凍に向かない具材がピザにトッピングされていないか確認しよう。例えば、冷凍すると食感が変わってしまうジャガイモやオリーブ、生ハムや生野菜などは冷凍に適さない。それらの具材は、冷凍保存する前に取り除いてくのがポイントだ。

冷凍保存する前提で宅配ピザを利用する時は、冷凍保存に向かない具材を使用していないピザを選ぶようにすると、手間を省くことができる。

冷めてから隙間を作らずラップで包む

温かいままラップで包むと、ピザの傷み安くなってしまう。必ずピザが冷めた状態で、1切れずつラップで包むようにしよう。

また、ピザを包む際に、ピザとラップの間に空気が入らないようピッタリと包むのもポイント。それにより、乾燥や酸化を防ぎ、味の劣化を防止できる。加えて、乾燥や庫内の匂い移りを防ぐため、ラップで包んだピザをフリーザーバッグに入れて冷凍するのも良い。

冷凍保存する際の注意点

冷凍すると「長期保存できる」とついつい安心してしまいがちだが、冷凍保存してもピザの日持ちは1ヵ月程度。美味しく食べられる期間は2週間ほどだ。

2週間以上経過すると、冷凍保存した食品から水分が失われ乾燥したり、脂肪が酸化したりする「冷凍やけ」により味の劣化が起こりやすくなる。冷凍保存を過信せず、早めに食べ切るようにしよう。少しでも味の劣化を防ぎたい場合には、先述したように「ラップ+フリーザーバッグ」で保存するのがおすすめだ。

食べるときはどうすれば美味しくなる?

ここからは、冷凍したピザをより美味しく食べるコツを紹介する。電子レンジやオーブントースターだけを使ってピザを解凍する方法が一般的だが、解凍方法によって味が大きく異なるため、それぞれの方法を試してみてほしい。

温めてそのまま食べる場合

電子レンジを使えば短時間でピザを簡単に温められるが、その方法だと水分が出てしまい、生地が"べチャッ"としてしまう。食感も味も悪くなってしまうため、電子レンジだけで温めるのはあまりおすすめできない。

食感、味を損わずに温めるには、電子レンジで軽く解凍してから、オーブントースターで温めるのが良い。生地が"カリッ"として美味しいピザになる。オーブントースターで焦げるのが気になる時は、アルミホイルをピザに被せ、最後にアルミホイルをはずして表面を温めると、焦がさずに美味しいピザを楽しめる。

フライパンを使うのもおすすめ

冷凍保存したピザは、電子レンジやオーブントースターを使わず、フライパンで温めることもできる。冷凍したピザをそのまま、もしくは電子レンジで軽く解凍してからフライパンへのせ、蓋をして弱火~中火で様子を見ながら焼いていく。こうすることで、カリッとした香ばしいピザに仕上がる。

フライパンで温めるときは、水分の蒸発を防ぐために必ず"蓋"を使うようにしよう。蓋がない時は、アルミホイルでの代用することもできる。また、フライパンを使う際は、生地の裏が焦げやすいため、こまめに確認しながら焼くことを忘れずに。

電子レンジより少し手間と時間はかかるが、味も食感もまったく違うので、ぜひ一度試してほしい。

アレンジして食べる

同じ種類のピザが大量に余っていると、冷凍保存して少しずつ食べても"飽き"がくることもある。そのようなときは、アレンジレシピに挑戦してみよう。

例えば、ピザを解凍した後、さらにチーズをのせてオーブントースターやフライパンで温めると、チーズの柔らかさを感じられ、チーズの風味も豊かになる。出来立ての味に近くなるので、是非この「追いチーズ」を試してみてほしい。他にも、トマトなどの野菜、ソーセージなど好みの具材をのせて、「具だくさんピザ」にするのもおすすめだ。

また、マヨネーズやブラックペッパーなどの調味料をプラスしてみたりすると、手軽に違った美味しさを楽しめる。「解凍したピザは味が薄い」と感じる人は、調味料でアレンジしてみてほしい。

文/oki

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。