人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「加熱式たばこ」と「電子たばこ」の違い、説明できる?

2020.05.29

あなたが吸っているのは「加熱式たばこ」「電子たばこ」どっち?と聞かれると迷う人も多いだろう。そこで今回、加熱式たばこと電子たばこの違いについてを紹介しよう。

■加熱式たばことは

加熱式たばこは一般的に、たばこ葉を燃やすのではなく電気で加熱することによって、ニコチンを含む蒸気(たばこベイパ―)を発生させるたばこ製品のこと。

紙巻たばこでは、燃焼によりたばこ葉が600度~800℃の高温に達し、煙が発生するのに対し、例えば、フィリップ モリス社の加熱式たばこIQOSのヒートコントロールテクノロジーは、たばこ葉の温度が300℃を超えないよう加熱することで、煙ではなく、ニコチンを含む蒸気(たばこベイパー)を発生させる。

■電子たばことは

電子たばこは、たばこ葉ではなくリキッド(溶液)を電気で加熱することによって蒸気(ベイパー)を発生させる製品のこと。

たばこ葉を使用していないため、たばこ事業法上の「たばこ製品」には該当しない。

日本では、医薬品医療機器等法(薬機法)により、ニコチンを含むリキッド(溶液)の販売には許可が必要となり、現在、日本国内で販売されている「電子たばこ」にはニコチンが含まれていない。

出典元:フィリップ モリス ジャパン合同会社
https://jp.iqos.com/terms-and-conditions

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。