小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

支払い金額で貧富の差が出る〝バーチャル天国〟を描いたAmazon Prime VideoのSFコメディドラマ「アップロード~デジタルなあの世へようこそ~」

2020.05.31

新型コロナウイルスの流行中、自宅でVR(仮想現実)ゲームを楽しんでいる方も多いのではないだろうか?

感染予防のためにリアルな外出・コミュニケーションはできないから、せめて仮想空間を充実させたいと考えるのは、2020年を生きる私たちにとって自然な流れなのかもしれない。

そんな中、Amazon Prime Videoからは、タイムリーなSFコメディドラマが登場。

今年5月1日から独占配信中のオリジナルドラマ『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』は、テクノロジー企業が提供する“人工天国”サービスが題材。シーズン2の制作も、発表済みだ。

人間の意識をデジタル・データとして保存できるという点では、Netflix でドラマ化されたサイバーパンク小説『オルタード・カーボン』の世界観にも少し通じるところがある。

あらすじ

舞台は、今より“ほんの少し未来”の2033年。人々は、テクノロジー企業が提供する人工天国サービスに脳のデータをアップロードすることにより、仮想空間の中で半永久的に生き続けることができるようになった。ただし、遺族がサービス料金を支払い続けるという条件付きだ。

アプリゲームの開発をしていた主人公のネイサンは、志半ばにして自動運転車の交通事故で亡くなり、ホライズン社の人工天国サービスの高級ホテル『レイクビュー』にアップロードされる。

『レイクビュー』の料金を支払っているのは、現実世界で存命中のネイサンの恋人イングリッド。

イングリッドが支払いをやめるとネイサンの意識は消滅してしまうため、ネイサンはイングリッドの対応に頭を悩ませる。

一方ネイサンのいとこのフランは、ネイサンの交通事故に不審な点があるとして、独自に調査を開始する……。

見どころ

何でも望みが叶う、VR天国。人々の夢と妄想の具現化。差別も病気もない、桃源郷。

IT技術者が人工的に設計した天国なら、何不自由なく暮らしていけると思ったはずが、現実はそう上手くいかないようだ(……“現実”とは?)。

蓋を開けてみれば、遺族が支払う料金コースの値段によって、天国で受けられるサービスにも格差がある。

“天国の容量が2ギガ”しかない格安コースに申し込んだ人は、天国でも貧しさを味わうことに。

美しい景色や美味しい食事、ゴルフ(全部プログラミングされたもの)を楽しむためには、もっと高いコースに変更しなければならないのだ。なんと世知辛い“天国”なのだろう!

ホライズン社のスタッフに、天国ライフを常時監視されているのも恥ずかしい。ハイテクな人工天国と言っても、結局提供しているのは生身の人間だ。従業員の誰かがミスしたら?悪意を持ったら?天国の顧客に恋してしまったら……?など、様々な“もしも”が頭に浮かんでくる。

VRによる本人参加型葬式など、所々に散りばめられた絶妙なブラックユーモアも見どころ。

思わず噴き出した後に、「でもこれって2033年の話だよね」と背筋が凍る。

数十年前にSF作品で描かれていたことが次々と実現されている今、本作もそう遠くない未来に現実となるかもしれない。

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』シーズン1
Amazon Prime Videoで独占配信中

文/吉野潤子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。