小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「筋膜リリース」の第一人者に筋膜とはそもそも何なのか聞いてみた

2020.06.15

数年前から耳にするようになった「筋膜リリース」。「全身を覆う筋膜を解きほぐす」ことだが、在宅勤務が増え、再び注目が集まっている。そこでいま一度、その効果と方法について解説する。

竹井 仁さん

運動生理学者・理学療法士
竹井 仁さん
「筋膜博士」の愛称で知られる筋膜リリースのスペシャリスト。「筋膜博士の筋膜整体院」院長。著書に『DVDでわかる!筋膜リリースパーフェクトガイド』(自由国民社)など。

Q.そもそも「筋膜」って何?その役割は?

[A1]「筋膜」は筋肉を包む、ボディーカバー。
筋肉の保護や筋収縮時の滑りを助ける作用があります。

「筋膜」という言葉から、筋肉を包んでいる膜をイメージしやすいが、それだけではない。筋膜は、筋線維の一本一本まで入り込み、全身に張り巡らされているもの。浅筋膜、深筋膜、筋外膜、筋周膜、筋内膜という5つからなり、〝筋膜以外を取り除いてもカラダの形が残る〟といわれ、第2の骨格と呼ばれることもあるほどだ。

 中でも特徴的なのが深筋膜。深筋膜は、縦、横、斜めが重なった3層構造になっていて、それぞれの層の間は、潤滑油として働くヒアルロン酸で満たされている。

 筋膜自体は「コラーゲン線維」と「エラスチン線維」で構成され、カラダの動きに合わせて自由に形を変えることができる。コラーゲンはカラダの形を整えたり、動きに合わせてハンモックの網のように形を変えることができるのが特徴で、一方のエラスチンはゴムチューブのように伸縮し、カラダに加わる力に合わせることが可能。

 この2つが互いに協力し合うことで、カラダに加わった緊張をコントロールしているのだ。

筋膜

筋膜は筋肉のひとかたまりを包んでいるだけではなく、その内部にまで入り込み、筋原線維一本一本まで包み込んでいる。

皮膚から筋膜までの構造

皮膚のすぐ下に浅筋膜、その下に全身を覆う深筋膜がある。これらはヒアルロンがあることで自由に動くことができる。

筋膜の主な役割

●筋肉や内臓、血管など各組織を包み、カラダのバランスを保つ
●筋肉同士が擦れて生じる摩擦を保護し、滑りをよくする
●筋線維の動きを支え、力の伝達を行なう

取材・文/今 雄飛

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。