人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1万円以内で購入できるコスパ抜群のBluetoothイヤホンおすすめ4選

2020.05.27

有線イヤホンと比べて、同価格帯であれば音質が落ちるともいわれるBluetoothイヤホン。これは、デバイスからの音声データをイヤホンと通信するシステム上、やむを得ない現象ともいえる。

しかし、用途を限定したり、目当ての性能に絞って探してみれば、1万円以下でも十分に満足できるBluetoothイヤホンは存在するだろう。そこで、そんな格安Bluetoothイヤホンを紹介していこう。

目的の性能を絞れば1万円以下でBluetoothイヤホンが買える!?

冒頭でも触れたとおり、使い方や目的の性能を絞って商品を探せば、1万円以下でもBluetoothイヤホンの購入は可能だろう。まずは、どのように格安Bluetoothイヤホンを探すのか、その条件の絞り方を説明しよう。

スポーツ時の利用には防水性能搭載のBluetoothイヤホン

ランニング中や、ジムでのトレーニング中にワイヤレスイヤホンを使用したいと考えている人は、防水性能搭載モデルに絞って探してみよう。近年は、各メーカーがスポーツ用に高い防水性能を搭載したモデルを販売しているので、中には格安のものも見つかるはずだ。

音声入力・コントロールパネル搭載のBluetoothイヤホン

イヤホンを装着したまま電話の受け答えをしたり、音楽を再生するデバイスを操作せずに曲送りや再生・停止の操作をしたい人は、音声入力に対応していたり、コントロールパネルが付いているモデルを購入するといいだろう。

長時間の連続再生が可能なBluetoothイヤホン

音質はともかく、作業中や外出先で長時間イヤホンを利用したいと考えている人は、大容量バッテリーを搭載した製品を選ぶといいだろう。Bluetoothイヤホンの中では、完全ワイヤレスタイプよりもネックバンド型ワイヤレスイヤホンの方がバッテリー持ちに優れる傾向があるので、そちらの購入を検討していただきたい。

中国メーカーのBluetoothイヤホン

SonyやBOSEといった有名メーカーの中にも1万円以内で購入可能な製品はあるが、中国メーカーから販売されているイヤホンは平均的に値段が安い傾向がある。その分、サポートが不十分だったり、故障の保証がされていない場合があるので、購入時にはよく確認するべきだろう。

ノイズキャンセリング機能や高音質を求めるなら……

イヤホンに搭載されている機能として有名なノイズキャンセリング機能だが、ワイヤレスイヤホンでこの機能搭載モデルとなると、やはり予算的に1万円では厳しい。また、ハイレゾ音源相当の音質を求めているという人も、格安ワイヤレスイヤホンではなかなか難しいので、もう少し財布のひもを緩めるか、有線イヤホンを購入するといいだろう。

1万円以内で購入可能なBluetoothイヤホンを紹介

では、実際に1万円以内で購入可能なBluetoothイヤホンを紹介していこう。

1万円以内で購入可能なBluetoothイヤホン【Panasonic RP-HTX20B】

ネックバンド式のワイヤレスイヤホンで、ハンズフリー通話もできるコントロールパネルを搭載したPanasonicの「RP-HTX20B」。特筆すべきは、15分で約80分の再生が可能となる急速充電に対応している点。忙しい朝に充電をし忘れても、少しの充電で長時間利用可能になるのはありがたい。

【参照】Panasonic RP-HTX20B 

1万円以下で購入可能なBluetoothイヤホン【GLIDiC Sound Air TW-5000s】

「GLIDiC」の「Sound Air TW-5000s」は、片手に収まるコンパクトなケースに、片側わずか約5gしかない軽量ボディが魅力のイヤホン。見た目はおしゃれなだけでなく、有機的曲線を描いた耳の形にフィットする形状なので、イヤーフックがなくても安定した装着感が得られる。遮音性の高いカナル型イヤホンで、イヤホン側面を2回タップすれば外音取り込みモードに変更できる。

【参照】GLIDiC Sound Air TW-5000s

1万円以内で購入可能なBluetoothイヤホン【SOUNDPEATS truefree+】

スポーツ時におすすめのイヤホンとして紹介するのが、「SOUNDPEATS」の「truefree+」。コンパクトなケースは携帯性に優れ、片耳だけの利用が可能なのもポイント。iOS、Android OS共に対応しているため、ほとんどのスマホと接続が可能だ。

【参照】SOUNDPEATS truefree+ 

1万円以内で購入可能なBluetoothイヤホン【JBL JBLT120TWS】

1万円以下と安価ながら、大手オーディオメーカーのJBLらしい高音質が楽しめる「JBLT120TWS」。特にパワフルで深みのある重低音にこだわられており、安くてもそこそこの音質が楽しみたいという人におすすめの高コスパの完全ワイヤレスイヤホンだ。本体の連続再生時間は4時間だが、付属のケースと併用すれば最大で16時間の使用が可能。15分で約1時間の使用ができるようになる急速充電に対応している。

【参照】JBL JBLT120TWS 

※データは2020年5月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤 文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。