人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

書き順が分かりづらい漢字ランキング、3位「潟」、2位「飛」、1位は?

2020.05.20

大人になるとパソコンで作業する時間が多くなる一方で、学生時代、嫌というほど握りしめていたシャーペンやボールペンとは縁遠くなる。ブラインドタッチができるようになった代わりに、ちょっとした漢字が書けなくなったり、書き順が思い出せなかったりするビジネスパーソンは意外と多いのではないだろうか?

そこで今回、WEBサイト「RankinClip(ランキンクリップ)」によるアンケート調査で明らかになった「書き順が分かりづらい漢字ランキング」を紹介していきたい。

書き順が分かりづらい漢字ランキング

■第1位:凸

両端が低く、真ん中が高い状態を意味する「凸」。若者言葉だと「突撃する」「会いに行く」という事を意味する「凸る」という使い方もされる。一度もペンを離さず「一筆書き」も出来そうな、不思議な漢字だが正しい画数は「五画」。正しい書き順は、左側の横棒から始まる。

■第2位:飛

地上から離れる事を意味する「飛」。中の部分から書くのか、上の部分から書くのか迷うところかもしれない。正しい書き順は、上の部分から。

■第3位:潟

海岸の潮の満ち引きにより、砂で海と別れて出来た水たまりを意味する「潟(かた)」。多くの人は「新潟」という県名で、見たことがあるはず。正しい書き順は、左側の「氵(さんずい)」を書き、その次に「臼」を書いていく。

4位以下の結果は次の通りだ。

第4位:必
第5位:成
第6位:右
第7位:田
第8位:図、画
第10位:書、年、様、令
第14位:発、長、上
第17位:火、左
第19位:九

<調査概要>
集計期間:2019年12月17日~2020年1月23日
集計方法:RankinClip編集部にて独自の設問を作成し、RankinClipのサイト内にてアンケートを行いその結果を集計した。

出典元:兼松グランクス株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。