人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

衣替えは何月にするのがベスト?アイテム別に洗濯のコツ、収納のポイントを解説

2020.06.01

自立して一人暮らしを始めたなら、今までは親任せだった洋服のケアも自分でしなくてはいけません。衣替えの時期と衣類収納のポイント、さらにはアイテム別の洗濯方法も紹介します。基本を学び、季節ごとの快適な装いを目指しましょう。

奥が深い衣替え

『衣替え』は、実は日本では約1200年の歴史があります。何気なく行っていることでも、はるか昔からの日本人の文化的意識が反映されていることを考えると、なかなか奥が深く感じますね。

『衣替え』とは、単に衣服を入れ替えること以上の意味があります。理由を二つ見ていきましょう。

衣替えのタイミング

衣替えは、平安時代に中国から伝わって始まりました。ただし、時代によって衣替えのタイミングが異なります。

平安時代では、旧暦の4月1日と10月1日の年2回、夏装束・冬装束に改める『更衣(こうい)』の行事を行っていました。

室町・江戸時代になると、さらに細分化され、気候に合わせて旧暦の4月1日、5月5日、9月1日、9月9日と、年に4回衣替えるようになったとされます。

明治時代には新暦の採用とともに、役人や軍人の制服を6月1日と10月1日に衣替えするよう定められ、それが一般にも広く浸透し定着しました。その習慣が現代にも引き継がれているのです。

季節を大切にする日本ならではの風習

日本ほど四季の移ろいがはっきりとしている国は世界的にも珍しく、日本人は、手紙の『時候の挨拶』『俳句』『旬の食べ物』など、生活の中に上手に季節を取り入れてきました。衣服においても、素材だけでなく色や模様なども含め、『春らしさ』『秋らしさ』などイメージを大切にします。

気候に合わせた快適な衣服を求めたり、季節ごとにワードローブを見直し整理したりといった合理的な側面だけでなく、そのような『季節感へのこだわり』が衣替えにも反映しているのかもしれません。

さらには、学校や職場などで制服を一斉に衣替えすることは、集団行動に重きを置き『和』を重んじる日本人の性質をよく表していると言えるでしょう。

衣替えは何月にするもの?

学校や職場では一斉に衣替えをする日が決められていますが、実は地域によって差があるのです。具体的な衣替えの実施月についてまとめました。

日本は地理的に南北に長いため、エリアによって天候に大きな差があることがその理由として挙げられます。また、衣替えにはどんな天気の日が良いかについても見てみましょう。

春夏シーズンの衣替え

天候によって変わることもありますが、一般的には冬服から春服への衣替えを4月1日、春服から夏服への衣替えを6月1日に行うことが多いようです。

地域によって衣替えの時期にも差が見られ、北海道など寒冷なエリアでは、春服から夏服へは半月から1カ月遅れで移行したり、逆に温暖な沖縄では、1カ月早く夏の準備を始めたりします。

ただし、暦の上の季節と実際の気候がずれることも珍しくなく、カーディガンやジャケットなど重ね着しやすい衣服をキープして移行期間を設けることが大切です。

冬服は、衣服を食べる害虫が卵を産み付ける前、すなわちゴールデンウィークごろまでにはしまい終えましょう。

秋冬シーズンの衣替え

夏服から秋服への衣替えは9月1日、秋服から冬服への衣替えは10月1日に行うことが一般的です。

しかし季節の変わり目には1日の気温差や日ごとの天候も変わりやすいため、移行期間を設けて重ね着しやすい長袖、半袖のTシャツなどを用意するに越したことはありません。

秋冬の衣替えもエリアで差があり、北海道などでは気温が下がる時期が早いため、秋服から冬服へは9月15日に衣替えをします。反対に沖縄では一般より1カ月遅い11月1日が一般的です。

最高気温で判断

各時期の最高気温を参考にして、衣替えのタイミングを決めると合理的です。以下の気温を目安にしましょう。

寒さがひと段落して、平均最高気温が15~20度ぐらいになったら、春物の時期です。朝晩冷え込むこともあるので、アウターやストールなどの羽織物は用意した方が良いでしょう。

20~22度では、徐々に夏物へと移行し、22度以上になると、夏服の出番です。半袖や通気性の良い素材が活躍します。

夏から秋にかけて、気温が15~20度に下がったら、秋物の準備をしましょう。朝晩の温度差に注意して、重ね着できる装いがベターです。

15度以下ではもう冬です。コートや厚手の衣類を出したり、手袋・マフラーなども用意したりします。

衣替えに適した日は?

衣替えは、カラッと晴れて湿度が低い晴れの日に行いましょう。衣類は湿気に弱い上、雨の日や湿気が多い日に衣替えをすると、衣類にカビやシミが発生することもあり得ます。

タンスやクローゼットで1シーズンそのままになって、次の衣替えに悲惨な状態を発見するのは避けたいです。

夏の衣替えは、梅雨入り前の低湿度の時期か梅雨の晴れ間に、冬の衣替えも雨が多い秋の時期ではなく、晴れてさわやかな気候の日を選ぶと良いでしょう。

スーツの衣替えのタイミング

『社会人の制服』と言えるスーツですが、学校のように明確に衣替えの日が決まっているわけではありません。しかし、季節によって素材や仕立てが異なることが多いため、ほかの衣類と同様に衣替えは必要です。

大まかに分けて、春夏シーズンと秋冬シーズンで衣替えを行いますが、それぞれの具体的な時期についてまとめました。

春夏のスーツ

春夏向けのスーツは主に4~9月に着用します。春先は、日によって気温が高くなったり低くなったり変動が激しいものです。

気温や天候の幅に対応できるよう春・夏物へは、3~5月の期間で少しずつ行い、一気に全部を衣替えしてしまわないことがコツです。

素材としては、春は吸収性に優れたコットン、夏は通気性重視のリネンや速乾吸収性素材のものだと過ごしやすいでしょう。

秋冬のスーツ

秋冬物のスーツが活躍するのは、主に10~3月の間です。そのため、9月から11月にかけ徐々に衣替えを行うのがいいでしょう。

近年は、9月や10月でも真夏日になることも多いものです。臨機応変に対応できるワードローブを用意しておくことをおすすめします。

寒い季節には、フランネル・ツイードなど保温性に優れたものだと快適でしょう。また、ウール素材など、夏以外の3シーズンまたはオールシーズン対応のスーツがあると、何かと便利です。

衣類を収納する時のポイント

衣類の衣替えをする際の、収納について考えてみましょう。ちょっとしたケアの違いで、衣類の寿命は大きく変わり得ます。ポイントを抑えて、大切な衣類と長くお付き合いしたいですね。

しまう前に洗濯をする

オフシーズンの衣類を収納する前に、衣類全体をチェックし、汚れている箇所があれば漂白・染み抜きをして、もう1度『しまい洗い』をすることが大切です。

「1回しか着ていないものや、1回も袖を通していないものは、そのままでも大丈夫だろう」とつい考えがちですが、そのまま収納するとシミや黄ばみ、虫食いなどのリスクも高まります。

また、セーターやダウンジャケットなどを汚れたまま収納することによって、繊維がダメージを受け保温性の低下につながる場合もあるため、注意が必要です。

防虫剤や乾燥剤を入れる

衣類をタンスやクローゼットに収納していく際に、防虫剤と乾燥剤を一緒に入れておくと、虫食いやカビを防ぐことができます。

カシミヤ・ウール・シルクなどの動物性繊維は、衣類を食べる害虫の大好物です。特に冬物衣料では、防虫剤は必ず使用しましょう。食べかすや皮脂の汚れの付着した衣類も、虫食いのリスクが高まるため要注意です。

現在市販されている防虫剤では、無臭の『ピレスロイド系』が主流ですが、そのほか有臭の『パラジクロロベンゼン』『ナフタリン』『しょうのう』もあります。

『ピレスロイド系』はほかの種類とも併用可能ですが、有臭のもの同士は併用ができません。

スペースに余裕を持たせる

タンスの引き出しに目いっぱい衣類を詰め込むと、引き出しに衣類が引っかかって開けづらくなるだけでなく、防虫剤の効き目がブロックされる、衣類がしわになりやすいなどのデメリットも生じます。

入れ替えるついでに衣類を整理し、ゆとりある収納を心掛けましょう。もう着ないものはリサイクルショップに持っていく、人に譲る、処分するなど『断捨離』をするのも手です。

畳みじわを避けたい場合は、吊るし収納がベターですが、畳んで収納する場合には、折り目にほかの衣類やタオルを挟んでおくと、クッション効果でしわを軽減できるのでおすすめです。

洗濯のコツも紹介

最後は、家で洗いにくい印象が強いダウンコート・ニット類・毛布や羽毛布団の洗濯方法を紹介します。

いずれも、最初に洗濯表示を確認することが鉄則です。おしゃれ着洗剤や、洗濯ネット・洗濯キャップを使用するなどの表示や手順もきちんと確認してから取り掛かりましょう。

ボリュームのあるダウンコート

まずは洗濯表示を確認します。フードなどのファーは水洗いできないため、取り外すことを忘れないようにしましょう。

洗濯可であれば、繊維に優しく生地が傷みにくい『おしゃれ着洗剤』を使用して洗います。えりや袖口など汚れた部分・シミのある部分などを局所的に前処理した後、洗濯槽を洗いおけ代わりにして優しく押し洗いしましょう。

洗い終えたら、風通しの良いところで数日間陰干しします。中の羽毛をほぐしながら乾かすとボリュームが戻りやすいです。

縮みやすいニット類

セーターなどのニット類も、洗濯表示を確認後汚れた部分を前処理して洗う、おしゃれ着洗剤を使うなどはダウンジャケットと同様です。

ポイントは収縮や色落ちを防ぐため水温を30度以下にすることです。飾りが付いたデザインのものや、毛足の長いニットは裏返し、ボタン付きのものは全部とめてから折り畳んで洗濯ネットに入れて洗います。

洗濯表示が『標準コース可』となっていても、型崩れしないように『弱水流コース』にセットしましょう。脱水後はすぐに洗濯機から取り出し、しわを伸ばして平干しの状態で乾かすのがおすすめです。

毎日使う毛布・羽毛布団

毛布や羽毛布団にも、家庭で丸洗いができるものがあります。まずは洗濯表示と、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

洗濯可であれば、こちらも汚れの目立つ部分を前処理してから、おしゃれ着洗剤で洗います。通常は、毛布は『毛布コース』、羽毛布団は『大物洗いコース』などを選択しますが、機種やメーカーによりさまざまですので取扱説明書に従うことが大切です。

乾かすときは、物干し竿を2本使って干します。大きなサイズのものは乾かすのに時間がかかるので、カラッとした晴れの日が続くときに洗濯することをおすすめします。

構成/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。