人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホやタブレットでも使える「Zoom」アプリのダウンロード方法と使い方

2020.04.27

以前からアメリカを中心にビジネスシーンで活用されてきた、Zoom。全世界で75万人以上が利用しているとも言われ、テレワークが加速する日本でも利用者が増えている。

パソコンやスマホから、手軽にオンライン会議やセミナーに参加できるZoomには、アプリも用意されているのをご存知だろうか。本記事では、Zoomアプリのダウンロード方法、利用方法を解説したい。

Zoomアプリのダウンロード方法

Zoomは、会議に参加するだけならアカウント作成の必要がなく、パソコンの場合はアプリをダウンロードする必要もない。

会議の主催者(ホスト)から送られてきたURLにアクセスし、名前などを入力するだけで会議に参加可能だ。手順もシンプルでわかりやすいことから、Webサービスに不慣れな人でも導入しやすい点もメリットと言えるだろう。

ただし、自分が会議を主催する場合はアカウントの登録が必要。また、アプリをダウンロードしていた方が便利なシーンも多いため、事前にアプリのダウンロードしておこう。

【参考】3分でわかる!Web会議ツール「Zoom」の基本的な使い方

PC版デスクトップ(Windows/Mac)の場合

まずは、zoomの公式ホームページにアクセスしよう。

ここでアカウントを作成すること可能。アプリのダウンロードは必須ではない。このページの下部にある、「ダウンロード」の「ミーティング用zoomクライアント」をクリックすると、アプリのインストーラーがダウンロードされる。

そのインストーラーを起動すると、パソコンへのインストールが開始。無事にインストールが完了すれば、すぐに会議に参加できる。

スマホ(iPhone/Android)、タブレットの場合

スマホ、タブレットの場合は、それぞれのOSのアプリ提供のページ(iPhoneiPadの場合は「App Store」、Android端末の場合は「Google Play」)からダウンロードする。

App Store」、「Google Play」を開いたら、「ZOOM Cloud Meetings」のアプリをダウンロードしよう。ここで注意したいのがアプリの名称は「Zoom」ではなく「ZOOM Cloud Meetings」という点だ。

新しくアカウントを作成したい場合は、インストール後に表示される「サインアップ」をタップし、必要事項を入力する。ただし、スマホやタブレットの場合も、会議に参加するだけなら特にアカウント作成の必要はない。

Zoomアプリの使い方

ここからは、実際のアプリの使い方について解説したい。パソコンとスマホ、どちらの方法もマスターしておこう。

 PC版デスクトップ(Windows/Mac)の場合

・アプリの起動

パソコンでZoomアプリを使用する場合、起動方法は二通りある。アプリをクリックして直接起動させる方法と、公式HPから起動する方法だ。どちらも、登録時のメールアドレス、パスワードを入力することで、アプリのホーム画面が表示される。

自分で新しく会議を主催したい場合は、「新規ミーティング」を選択。既にある会議に参加したい場合は「参加」を選び、ミーティングIDを入力するとすぐに参加できる。

・自分主催の会議に相手を招待したい時

「新規ミーティング」を選ぶと、画面が切り替わり通話がスタート。

この時点では参加者は自分のみなので、他の参加者を招待する必要がある。画面下部の「参加者の管理」をクリックすると、画面右側に参加者一覧が表示される。

このページの下の方にある「招待」から、あらかじめ登録してある連絡先か、Gmailなどを利用して招待URLを送ることができる。

・会議中の機能

会議中は、画面下部のメニュー画面からさまざまな機能を利用できる。各機能で何ができるかチェックしておこう。

チャット:通話をしながら、参加者同士で文字のやり取りができる。ファイルの送信も可能。

画面共有:参加者の画面に、任意のページやファイルを表示しながら通話ができる。

レコーディング:会議の録画・録音が可能。ミーティング終了後、mp4ファイルとして保存される。

ミーティングの終了:会議から退出する。主催者の場合は、自分だけが退出するか会議自体を終了するか選択する。

スマホ(iPhone/Android)、タブレットの場合

・アプリの起動・会議の参加

スマホ、タブレットでアプリを起動する場合、まず「ZOOM Cloud Meetings」のアイコンをタップし、サインイン画面を開く。先述したとおり会議の参加だけならアカウントは不要だが、主催する場合はパソコンと同様にアカウントの作成が必要だ。アカウント作成後、Zoomのホーム画面へ移動する。

基本的な流れはパソコン版と同様で、自分が会議を開く場合は「新規ミーティング」、既存の会議に参加をする場合は「参加」アイコンをタップする。

・会議中の機能

会議中、画面をタップすると下部にメニューが表示される。

ビデオの停止/開始:ビデオのオンオフ切り替え。

共有:ページやファイルの共有

参加者:主催者の場合、ここから参加者を招待できる。

詳細:チャットや細かい設定を行える。

zoomアプリにログイン・サインインできない時は?

最後に、Zoomアプリのログイン・サインインできない時の対処法を紹介する。まずはここで紹介する方法を試してほしい。

・アカウントのアドレス設定をチェック

Zoomでは、FacebookGoogleのアカウントを使ってサインアップ(登録)もできる。サインイン時もそれらのアカウントを選択することが必要だ。自身が「どのアカウント、もしくはメールアドレスで登録をしたか」を確認しよう。

・パスワードが違う

パスワードを複数回試してもログインできない場合は、パスワードリセットを試そう。

Zoomパスワードリセットページ

・アプリが最新版ではない

Zoomのアプリは定期的にアップデートが行われる。アカウント、パスワードに問題がなければ、最新版のインストールを試してみよう。

・Zoom側で不具合が起きている

Zoomのシステム上の問題でサインインできない可能性もある。その場合は、Zoomの公式サイトやtwitterなどで最新状況を確認しよう。

これらの方法を試しても解決しない場合は、一度アプリをアンインストールし、再ダウンロードするのも有効だ。余計なキャッシュが削除されるため、ログインできるようになる場合がある。

文/oki

 さらに、雑誌「DIME」最新号の特集は「最強!快速!テレワークギア」。新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を行なう人が急増していますが、それに伴って、様々なストレスや問題が生じているというのも事実。そんなテレワーカーのために、快適なテレワークを実現するための、デバイスの選び方(Web会議対応パソコン、高精細Webカメラ、超速Wi-Fiルーター、サブモニター、デスクライト、スピーカー、姿勢矯正椅子など)、本当に使えるビジネスチャットツール、効率的な仕事の進め方、環境づくりのノウハウ、セキュリティー対策、ソリューションサービスなどを詳しく紹介。さらに、最先端テレワークを実践している様々な企業のビジネスパーソンたちへの密着取材で、効率良く仕事をこなすノウハウも紹介します。

 そのほか、超便利な万能キャンプギア図鑑、いま買うべき必勝株、再開発で進化する東京のトレンドスポット、注目度No.1のスーパールーキー・佐々木朗希徹底解剖など、今、知りたい情報がてんこ盛りのDIME6月号、ぜひお買い求めください。

※電子版には付録は同梱されません。

『DIME』6月号
2020年4月16日発売
特別価格:本体900円+税
小学館

<ご購入はコチラ>
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B086L975TG/
楽天: https://books.rakuten.co.jp/rb/16283614/
7net: https://7net.omni7.jp/detail/1218447306/

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。