人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大きな姿見がスマホに変身!?Android OSを搭載した「スマートミラー2045」はまさに近未来型デバイスだった

2020.04.26

テレビのように巨大なAndoroidデバイスの画面を、立ったままタッチしながら操作するなんて……それは近未来の映画や、ドラマの中の話だと昨日まで思っていた。しかし、大型Andoroid「スマートミラー2045」はそんな人類の夢を現実にしてくれる(ちょっとオーバー!?)。

ウイルスの感染症対策などで、対面が不要な接客や操作などが重宝されている今、筆者でも操作できるのか? 試してみた。

Webなどを使った家事や介護、子育てが注目されているが……

「経済産業省商務情報政策局情報産業課〜スマートライフ政策について〜」というものがある。こちらは、Webなどを活用した「安全・家事・健康・介護・子育て」などを推奨する政策だ。

Web連携を活用して生活のあらゆる情報がつながり、生活の不便を解消するなどのサービス提供が可能になるそうだ。

【参考】「経済産業省商務情報政策局情報産業課〜スマートライフ政策について〜」

話題の「スマートミラー2045」とは!?

「スマートミラー2045」とは、AIなどの先端技術を活用したデジタル化ソリューションを提供する会社、ジーエルシーが扱う大画面のタッチパネルデバイスだ。

ミラー型モニターに「Andoroid OS」「タッチ機能」などを搭載し、「カメラ内蔵」であり「各種センサー」に対応している。

お試し用に「スマートミラー2045」が届いた!

レビュー用の「スマートミラー2045」が職場に届いた!

開けてびっくり! こんなに大きくて重いとは。起動前は大きい姿見状態だ。

「スマートミラー2045」の本体サイズは、32inch(W458.6×H801.1×D63mm)重量約22kgもある。

傷を付けない様、みんなでデスク上に設置してみたものの、その迫力に呆然と立ち尽くす筆者だった。

機械オンチの筆者が頑張って機能を確かめてみる

iPhoneユーザーのため、「Andoroid」端末を自分だけで初めて操作する筆者。それでも、みんなに教えてもらいこそすれど、自身で立ち上げて機能を確かめてみた。

大きいミラーにタッチパネル機能がついていて、気分は「ミッションイン・ポッシブル」の映画の中にいるようだ。

中身はAndoroidそのもの! Googleにももちろん対応している

中身はAndoroidそのものだった。Googleも、もちろん対応している。

スタンディング状態のまま、タッチ操作でGooleを利用する日が来るとは……思いもよらなかった。

Google Play ストアにももちろん対応している

Google Play ストアにも、もちろん対応。ここからアプリをダウンロードして色々な用途で使えるようだ。

アプリも選択できる

ご覧の通り、ブックなどのアプリも対応している。

室内でヨガやフィットネスするのにも最適

フィットネス動画をダウンロードして起動したイメージがこちら。

大画面なので、コロナウイルス対策などで外出自粛中でも、室内でヨガやフィットネスのアプリや動画をダウンロードして見ながら身体を動かすには最適だ。

自分のフォームも写りこむので、確認できるのが良いところだろう。

とにかく画面が大きいので臨場感がある!

「スマートミラー2045」用にオンラインフィットネス講座のアプリも開発されたという。今のところ、横位置画面の動画だが、縦向き対応の開発途中だそうだ。

鏡として使えるのも良いかもしれない

鏡としても使えるので、自分の好きなアプリなどを入れて、それを操作しながらメイクをしたりするのに良いかもしれない。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。