人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhoneとの相性は間違いなくナンバーワン!アップルの純正ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」がスゴい理由

2020.04.17

2019年の10月末に発売されたApple純正ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」。今回はそんな「AirPods Pro」の特徴やポイントをあらためて紹介していこう。

進化したのは見た目だけではない! 装着感も抜群!?

では、まずは「AirPods Pro」の見た目や装着感に関して解説していこう。

「耳からうどん」はもう古い!? 「AirPods Pro」はデザイン性も〇

従来のAirPodsは、シンプルな白一色のボディで、耳から飛び出た部分が一部では「うどんの切れ端みたい」と一部のユーザーからいわれていた。しかし、それももう過去の話。「AirPods Pro」では、耳から飛び出すパーツ部分がより短くなった。そのため、イヤホンが悪目立ちせず、クールな印象が増した。

AirPods Proは装着感も向上

旧モデルから「AirPods Pro」が変わった部分として挙げられるのが、その形状だ。「AirPods Pro」では、カナル型を採用し、耳の穴に直接挿入する形となった。さらに、ただのカナル型イヤホンの、イヤホン先端の筒状の部分にイヤーチップをはめ込む形とは違い、「AirPods Pro」はイヤホン本体にイヤーチップを装着する。そのため、取り付け、取り外しの作業が簡単になった。

また、本体重量は左右それぞれがわずか5.4gと軽量。カナル型の差し込む形状も相まって、装着感はつけてないかと錯覚してしまうほど快適だ。iPhoneと接続しているのであれば、iPhoneの設定画面から、「Bluetooth」の項目、「〇〇のAirPods Pro」の右横にある「i」ボタンをタップし、「イヤーチップ装着状態テスト」を選択すると、自分の耳とイヤーパッドが適切なサイズであるかを表示してくれる。

「AirPods Pro」の各性能を紹介

では、「AirPods Pro」は性能面でどうだろか。詳細を確認していこう。

AirPods Proの性能:ノイズキャンセリング機能で外界の音を遮断

AirPodsシリーズで初となる「ノイズキャンセリング機能」を搭載した「AirPods Pro」。ノイズキャンセリング機能とは、イヤホンに内蔵されているマイクが周囲の音を拾い、それを打ち消してくれるため音楽に集中できるという機能で、近年はハイスペックイヤホンの常設性能ともいえるもの。当然、「AirPods Pro」にも搭載されている。

このノイズキャンセリング機能は自由にオン/オフが切り替えられるので、外部音取り込みモードにすれば、イヤホンを装着したまま外の音が聴けるようになる。会話はもちろん、電車のアナウンなども聞こえるので便利だ。

AirPods Proの性能:オーディオメーカーさながらの優れた音質

「AirPods Pro」は、前モデルと比べても音質が向上している。高偏位でゆがみの少ない専用ドライバから発せられる解像度の高い中低音、高音にはそこまで強くないものの、アダプティブイコライゼーションで、音楽を耳の形に合わせて自動的に調節してくれるなど、いつでも豊かで一貫したサウンドを楽しめる。

AirPods Proの性能:バッテリーは高速充電にも対応

完全ワイヤレスイヤホンを使用するにあたって気になるのが、バッテリー性能だが、「AirPods Pro」は1回の充電で最大4.5時間の音楽再生が可能。充電ケースを利用すれば、24時間以上の利用が可能となる。また、充電ケースで5分充電すれば、約1時間の再生が可能になる高速充電にも対応している。

AirPods Proの性能:耐汗・耐水性能も搭載

運動時の利用に欠かせない耐汗・耐水性能も「IPX4」対応に。突然の雨に打たれてしまっても、故障の心配は少ないだろう。

AirPods Proの性能:「AirPods Pro」最大の強みはやはり……

「AirPods Pro」のみならず、AirPodsシリーズ全般にいえるのだが、その最大ともいえる強みは、やはりiPhoneをはじめとするApple製品との互換性の高さだ。

AirPods Proの強み:ケースから取り出すだけで簡単にペアリング

iPhoneやApple Watchとの接続はいたって簡単。初回にiPhoneの設定画面、「Bluetooth」の欄に表示される自分のイヤホンとペアリング設定してしまえば、2回目以降はケースから取り出すだけで自動的に接続してくれる。電源のオン・オフの操作が必要なく、すぐに音楽が聴けるようになるのは嬉しいポイントだろう。

AirPods Proの強み:届いたテキストを音で聞ける!?

接続しているiPhoneに届いたテキストメッセージを、Siriに読み上げさせ、「AirPods Pro」から音として聞ける機能も便利。また、オーディオ共有を行えば、2組の「AirPods Pro」で同じオーディオストリームを共有でき、友人や家族とゲーム、映画などを楽しめる。

※データは2020年4月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤 文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。