人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

5000円で買えるJBLも!激安コスパモデルからノイキャンマイク搭載モデルまで今、買うべき最新ヘッドホン7選

2020.04.18

形状や持ち運びを考えてか、イヤホンほど多くの人が所持していない印象を受けるヘッドホン。しかし、大口径ユニットを搭載できるヘッドホンは、イヤホンよりも音質がいい場合があるのをご存じだろうか。近年はワイヤレスタイプも登場し、外出時の利用も手軽になったので、これを機にヘッドホンの購入を検討してみてはいかがだろう。状況や種類別におすすめのヘッドホンを紹介していこう。

おすすめのワイヤレスヘッドホンは?

まずはワイヤレスタイプのヘッドホンでおすすめの商品を紹介していく。

コスパに優れた老舗オーディオメーカーのヘッドホン【JBL TUNE 500BT】

最初に紹介するのは、アメリカの老舗スピーカーメーカーの「JBL」から発売されている「TUNE 500BT」。5000円以内で購入可能のエントリーモデルながら、低音から高音にかけてのバランスが良く、費用対効果の高いヘッドホンだ。

約155gという軽量で、持ち運びにも便利なコンパクト設計。さらに人間工学に基づいた快適な装着感に、約2時間の充電で最大約16時間の利用が可能と、長時間の利用でもストレスなく利用できるのがポイントだ。

【参照】Amazon JBL TUNE 500BT

国産メーカーのこだわりのヘッドホンは高性能ノイズキャンセリング機能搭載【SONY WH-1000XM3】

世界的に知名度の高い国産メーカー「SONY」が発売するワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」は、外の雑音を聞こえにくくするノイズキャンセリング性能を搭載しながら、ワンタッチで外の音を取り込める機能もついている。約30時間以上もつバッテリーも搭載している上に、ハイレゾクラスの高音質とSONYらしい高品質モデルだ。

【参照】SONY公式 WH-1000XM3 

おすすめの有線ヘッドホンは?

ワイヤレスヘッドホンが流行しているが、バッテリーを充電しなければならなかったり、接続状況がまれに不安定になってしまったりといった理由から、有線のヘッドホンを購入したいという人もまだまだいるだろう。ここからはおすすめの有線ヘッドホンを紹介していこう。

 音質と共に軽量化にこだわったヘッドホン【audio-technica ATH-MSR7b】

重低音にこだわったものからコスパにこだわったもの、ワイヤレスタイプなど数多くの商品を展開する「audio-technica」の「ATH-MSR7b」はおすすめの有線ヘッドホン。トゥルー・モーションハイレゾドライバーを搭載し、音像をより鮮明に表現する。長時間の利用でも疲れないよう、イヤーパッドとヘッドバンドも軽量化と最適化にこだわった。

【参照】audio-technica公式 ATH-MSR7b

弦楽器のこすれる音まで繊細に再現!?【AKG K702】

音漏れしてしまうという弱点があるものの、音の広がりや空気管がリアルに感じられるため、室内での利用に最適な開放型ヘッドホン「AKG」の「K702」は、フラットワイヤー・ボイスコイルを採用し、ボイスコイルの軽量化と感度の向上を実現した。細かい音まで忠実に再現する音質は、弦楽器のこすれる音までも逃さないほどともいわれる。

【参照】Amazon AKG K702

さらに、AKG独自の音響技術である「バリモーションテクノロジー」や「TWO-LAYERダイヤフラム」も搭載され、ノイズの少ない、AKGらしいスケール感のある中高域が魅力だ。

特徴別におすすめのヘッドホンを紹介!

ここからは、それぞれの用途に合うように特徴別のおすすめヘッドホンを紹介する。自身の使う場面を想像しながら読むといいだろう。

ゲームをプレイするのに最適なヘッドホン【Steelseries Arctis 5 61504】

PCゲームのみならず、家庭用ゲーム機でも利用できるゲーミングヘッドセットでおすすめなのが、「Steelseries」の「Arctis 5 61504」。スタイリッシュなデザインに加え、マイク部分は収納が可能なので、普段使いのヘッドホンとしても利用できるのがありがたい。また、独自開発の双指向性ノイズキャンセリングマイクを搭載し、雑音のないクリアな音でボイスチャットが楽しめる。

【参照】Steelseries公式 Arctis 5 61504

彼女や奥様にプレゼントするならこのヘッドホン!【Beats Dr.Dre Solo3 Wireless】

女性へのプレゼントとしておすすめのヘッドホンは「Beats Dr.Dre 」の「Solo3 Wireless」。約40時間連続利用可能な大容量バッテリーは、5分の充電で3時間の使用が可能になる高速充電にも対応。Beatsの製品らしい高音質はもちろん、ボリューム調節や音楽の再生・停止ができるコントロールボタンも備えられている。イヤーカップは回転式クッションを備えているので調節も簡単。女性の耳にも優しくフィットしてくれるだろう。

【参照】Beats Dr.Dre公式 Solo3 Wireless

ノイズキャンセリング性能が高いヘッドホン【BOSE Noise Cancelling Headphones 700】

ノイズキャンセリング性能を搭載したヘッドホンを初めて販売した「BOSE」。その技術は今も業界を引っ張っているだろう。そんなBOSEの「Noise Cancelling Headphones 700」のノイズキャンセリング性能は、4つのマイクシステムを搭載し、自身の声と周囲の音を分離し、ノイズをキャンセルする高性能。専用アプリと共に使うと、デバイスを取り出さずにヘッドホンだけで操作できる優れモノだ。

【参照】BOSE公式 Noise Cancelling Headphones 700

Amazon売れ筋ヘッドホンランキングを紹介

ヘッドホンを購入する際、気になるのがその商品の売れ行きや口コミだろう。下記URLから、多くのユーザーがいるAmazonのヘッドホン売れ筋ランキングを参考にするといいだろう。

【参照】Amazon ヘッドホン売れ筋ランキング

※データは2020年4月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤 文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。