人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Apple Payにデビットカードを設定できるって知ってた?

2020.04.08

少しずつ増えていく、財布の中のクレジットカードやデビットカードを、1つにまとめられたらどれだけ便利だろうか。実はiPhoneをはじめとする、ほとんどのApple製品には「Apple Pay」という電子マネー決済サービスが提供されており、「Wallet」というアプリにカード情報をまとめれば、デバイス1つで電車やバスなどの公共の乗り物が利用できたり、買い物が楽しめる。

【参照】キャッシュレス時代の大本命サービス「Apple Pay」の使い方と設定方法

Apple Payとは?

Apple Payとは、Apple社が提供するApple製品向けの決済サービスだ。iPhoneをはじめ、Apple Watch、iPadやMacでも利用できる。対応機種は以下のとおり。

【参照】Apple Payはこれらのデバイスに対応しています

Walletとは?

Walletとは、Apple Payが利用可能なデバイスに搭載されているアプリのこと。こちらにデビットカードやクレジットカードなどを登録すれば、買い物の際にデバイスを読み取り機にかざすだけで、支払いが可能となる。

Apple Payのメリット

Apple Payを利用する主なメリットは次のとおりだ。

・クレジットカードやデビットカードを持ち歩く必要がなくなる。
・電車やバスに乗る時や買い物で財布やカードを取り出す手間を省ける。
・クレジットカードを登録/利用すればポイントなどが貯められる。
・利用料/発行手数料が無料になる。
・多くの場所で利用可能(以下参照)。

【参照】ここまで便利な払い方を、ここまで多くの場所で。

Apple Pay(Wallet)にカード情報を登録する方法

それではApple Payを利用するために、Walletアプリへカード情報を登録してみよう。まずはWalletにカード情報を設定するため、Touch(Face)IDとパスコードを登録する。カード情報を入力する前に設定しておくと良いだろう。

Apple Pay(Wallet)にクレジットカードを登録する方法

1:iPhoneのホーム画面から「Wallet」アプリを起動。
2:画面右上部の+マークをタップ。
3:「続ける」をタップ。
4:「クレジット/プリペイドカード」を選択。
5:すでにカード情報が表示される場合はそのままセキュリティコードを入力。ほかのカードを追加したい場合は「ほかのカードを追加」をタップ。
6:カメラが起動するので、枠内に登録したいクレジットカードを写す。
7:名前を入力し、手順に沿って設定を進めていく。

以上だ。

Apple Pay(Wallet)にデビットカードを登録する方法

基本的な動作はクレジットカードの登録と同じだ。

1:iPhoneを起動して「Wallet」アプリを開く。
2:画面の右上にある+マークをタップ。
3:「続ける」を選択。
4:「クレジット/プリペイドカード」をタップ。
5:端末内に登録済みのカードがある場合はそのままセキュリティコードを入力。別のカードを登録したい場合は「ほかのカードを追加」をタップ。
6:カメラ枠内に登録したいデビットカードを写す。
7:名前を入力。手順に沿って設定を進める。

Apple Pay(Wallet)にSuicaを登録する方法

すでに利用しているSuicaカードをWalletに登録する方法は以下のとおりだ。

1:iPhoneを起動してWalletアプリを起動する。
2:画面の上部右側にある+マークをタップする。
3:「続ける」を選ぶ。
4:「Suica」を選択。
5:手順に沿ってSuicaの情報を入力していく。

1度Apple Pay(Wallet)に登録したカードは使えなくなるの?

Walletに登録したクレジットカードやデビットカードは、今後使えなくなってしまうのだろうか。ここでは、Walletに登録済みのカードがその後使えるか確認したい。

Apple Payにクレジットカードを登録したら今まで使っていたカードは使えなくなる?

Apple Payに登録したクレジットカードは、その後も使えるようだ。もし、心配なら次の参照サイトから問い合わせしてもよいだろう。

【参照】Apple Pay サポート

Apple PayにSuicaを登録したら今まで使っていたカードは使えなくなる?

クレジットカードとは異なり、1度Apple Payに登録したSuicaのカードはその後使えなくなる。登録したことを忘れて、うっかり改札を通ろうとすると扉が閉まってしまうので注意しよう。

あのクレジット・デビットカードがApple Payに対応している?

日本でApple Payに対応しているクレジットカードやデビットカードの数は、150種類以上になる。つまり、ほとんどのカードがWalletに登録できるのだが、万が一、対応していない可能性もあるため、念のため以下の公式サイトから自身の持つカードが対応しているかどうかチェックしてみるとよいだろう。

【参照】Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行元

※データは2020年3月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品・サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。