人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

夫の借金を抱えながら1年で130万円貯金!2児を抱える専業主婦が実現した驚異の節約術

2020.03.28

家計管理を考えた矢先に夫の借金発覚

Instagramに作り置きおかずなどを投稿して、フォロワー数20万人を超える人気の“ののこ”さん。公式サイト「ののこのおうちごと」では、さまざまな節約術を披露し、こちらも大人気。根っからの倹約家に見えるが、家計のことをしっかり考えるようになったのは、ここ数年のことだという。

そのきっかけは、2人目の子の妊娠。美容師を辞め、専業主婦になった際に「これからは家計管理をきちんと考えなきゃね」と夫婦で話し合うことになった。ところが、その場で夫の口から漏れたのは、まさかの借金話。ゲーム課金などがかさみ、借金総額は300万円もあったという。

この借金はいったん義両親が肩代わりしてくれたが、ののこさんはファイナンシャルプランナー3級の資格を取るなどして、家計管理を独学でマスター。自分なりの工夫もくわえながら、1年で130万円も貯金することに成功している。

そんなののこさんの初の著書となるのが『スッキリ家事でお金を貯める!:2児ママが1年で130万円貯金できた40のワザ』(小学館)。「ゆる~い家計管理」や「すっきり収納」など5つのポイントをまとめ、普通の家庭がお金を貯められる秘訣が盛り込まれている。

今回は本書にある節約術のなかから、すぐに真似できて効果も高いものを幾つか紹介しよう。

袋分けの家計管理でムダ遣いを防ぐ

家賃のような固定費と違い、食費などの変動費はついつい予算をオーバーしがち。それを防ぐのが、予算の袋分けだ。

やり方は、まず給料日に、これから1か月分の変動費と小遣いに相当する額を一気に下ろす。このとき、その大部分は千円札で下ろすのがポイント(ゆうちょ銀行の場合、「10千円」で千円札が10枚出る)。

下ろしたお金は、「食費」、「日用品費」、「お米費」、「おむつ費」、「ガソリン費」、「予備費」の6項目に振り分け、各項目のラベルをつけた6枚の袋に入れる。乳児のいない家庭はもちろん「おむつ費」は不要。家庭の実情に応じて、これくらいの個数の項目をもうけるのがよいという。「予備費」は、予定外の外出や医療費など不意の出費用となる。

6枚の袋はさらにパスポートケースなど大きめの袋に入れ、買い物で出るときにバッグに入れて出かける。袋については、ののこさんは無印良品の「ポリエステルパスポートケース・クリアポケット付」を使用。お札がちょうど入るクリアポケットが付属していて便利。

ののこさんは、以前は、「残金が少なくなったら1週間、毎日カレー」といったこともあったが、袋分けの家計管理を始めてから「給料日前にお財布が空っぽになることはなくなりました」という。

毎月の給料を袋分けしてムダな買い物を防ぐ

節約、時短、家事負担減少になる作り置き

食生活でののこさんが重視するのは、おかずの作り置き。夫は出張が多く、ワンオペ育児になりがちなことから始めた作り置きだが、食費の節約にもつながり大正解。

食材の買い物のサイクルは、週1回のまとめ買い。このとき、事前にリスト化したむこう1週間分の食材を買っておく。

買う内容をリスト化し、スーパーに行く回数を減らしたことで、ついつい余計な買い物をしてしまうことも減り、食材をムダにすることもほとんどなくなったという。食材の予算は週7千円で済んでいるとか。

作り置きにも、ののこさん流のルールがある。例えば、毎週月曜日を仕込み日に設定し、この日に7~10品のおかずを作る。できたての味わいが楽しめるよう、肉や魚は下味だけつけて保存袋に入れて冷凍保存。食べる日の朝に冷蔵庫に移して解凍してから調理する。常に冷蔵庫にその日食べる料理があることで、お金のかかりがちな外食の回数も減り、家事の負担も減った。たまに豪勢な家ごはんを作るが、ふるさと納税の返礼品(ステーキ肉セットなど)を活用している。

さまざまな効用のあるおかずの作り置き

整理整頓は家計にプラスの効果を生む

家計管理を始めてほどなく、ののこさんは、「お金が貯まる人の家はきれいに片付いている」という共通点に気づく。

当時、片付けは苦手だったののこさんは、一念発起して断捨離を敢行。長く着ていない洋服など、不要とみなしたモノを処分して実感したのが「自分がどれだけムダな買い物をしてきたか」。それからは、「本当に必要なモノが明確になり、買い物での失敗もなくなりました」と語る。

現在ののこさんは、家の中の整理整頓をきっちり行う。100均などで購入したボックスやケースにラベルを貼り、それにモノをしまい、定位置に置くことに留意。結果、モノを探す手間がなくなり、掃除の時間も減り、消耗品の在庫が把握しやすくなるなど、いいことづくめ。同じモノを二度買いすることもなくなり、節約にもプラスの効果があった。

また、いたずらに収納スペースや収納グッズを増やさないようにもしているという。例えば、本棚を置くと夫の漫画が増えるので、本棚自体がないという。そして、「新しく何かを買ったら、その分古いモノを捨てる」というルールをもうけ、ムダな買い物の削減を徹底。本当に欲しいモノを吟味して買い、大切に使い続けるようになったとも。

整理整頓は家計の味方となる

ののこさんは、赤字家計は脱却したものの、住まいや子どもの進学など、支出の大きいライフイベントが待ち構えている。しかし、「一度、どん底を経験しているので、悲観的になることはありません」という。それを見据えての、数々の節約ハックが本書にはたくさんある。家計管理をスマートに改善したい方は、参考にされるとよいだろう。

ののこさん プロフィール
専業主婦兼インスタグラマー。シングルマザーを経て現在の夫と再婚。子ども2人を含む4人家族。夫の借金が発覚したのをきっかけに家計管理をスタートし、ファイナンシャルプランナー3級を取得。料理をはじめ掃除や整理・整頓など暮らしの中で工夫しながら節約する様子をつづったInstagram(nonoko_16)が人気を集める。公式サイト:https://nonoko-life.com/

引用写真撮影/難波雄史

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。