人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

8K動画撮影に30倍スペースズーム搭載!Galaxyの最新モデル「S20 5G」の実力は?

2020.03.31

世界のスマホ市場で長年シェア率1位を誇っているGalaxy。Galaxyシリーズは、常に時代の最先端を行くハイスペックを誇り、国内外問わず人気を維持している。そんなGalaxyのハイエンドモデルである「S」シリーズから新たに「Galaxy S20 5G」が3月25日にdocomo、3月26日にauから発売となった。今回は、実際にGalaxy S20 5Gをお貸しいただいたので、その使用感や特徴を解説していこう。

圧巻の画面占有率とクールな3色展開は持つ人を選ばない仕上がりに

まずは外見について。Galaxy S20 5Gは「コスミックグレー」「クラウドブルー」「クラウドホワイト」(上図はコスミックグレー)の3色から展開され、シンプルながら上品な色遣いはユーザーを選ばないだろう。

圧巻なのはその画面占有率。下図にある通り、端末の幅いっぱいに画面が広がっているため、約6.2インチと大画面ながら本体のサイズは高さ約152㎜、幅約69㎜、厚さ約7.9㎜と片手で操作できるレベルに抑えられている。映画や動画を視聴するのに枠の部分が一切気にならず、まるでスクリーンを眺めているかのような没入感が得られた。

従来のGalaxy Sシリーズ同様に高性能を搭載

肝心の性能は、従来のGalaxy Sシリーズと同じように、まさにスマホ業界の最先端を走る。OSはAndroid10、CPUはOctaCore、Snapdragon865を搭載。メモリはRAM12GB/ROM128GBが内蔵され、外部microSDXCが最大1TBまで使用可能。加えて防水・防塵性能がIPX5/X8・IP6Xとなっており、バッテリーはGalaxy S20 5Gで4000mAhを搭載。充電器の差込部分はUSB Type-C端子だ。

そしてなんといっても、前モデルとの大きな違いは、今年度からサービス開始となる「5G」に対応している点だろう。スマホの通信に用いられる次世代の通信規格である5Gによって、高速かつ大容量の通信が可能となり、動画のダウンロード時間が短縮されたり、ビデオ通話が遅延なくスムーズに利用できるようになる。

5G通信に関しては、現状ではあまり基地局が多くなく、利用出来る場面は少ない。しかし、今後世界的に普及していくであろう通信規格なので、やってくる新時代にも対応できるスマホといえるだろう。

操作性はいかに!? 引っかかりのないスムーズな動き

では、実際にGalaxy S20 5Gを動かしてみよう。その性能に裏付けされている通り、画面の起動から操作、アプリの稼働まですべてがスムーズで、流れるように滞りなく行われる。画面内部に指紋認証センサーが搭載されているのも、使い勝手のいい印象を受けた。通信環境にもよるが、動画もサクサク視聴可能で、引っ掛かりは一切感じない。

ヒンジの右上部分をピンチインして「よく使うアプリ」や範囲を指定してのスクリーンショットが可能、画面全体を左から右に撫でるだけでスクリーンショットが取れる機能も搭載されており、すべての動作が簡潔かつスムーズに行えるように工夫されている。また、下図に記載がある通り「アプリペア」を設定すれば、ワンタップで2個のアプリを同時に起動できる。

驚愕の30倍ズームや8Kビデオ撮影に加え、新機能「シングルテイク」を搭載したカメラは文句なしの高性能

Galaxy Sシリーズの特徴の1つともいえるカメラ機能は、今回のGalaxy S20 5Gでもやはりかなりの進化を遂げている。

Galaxy S20 5Gには、約1200万画素の超広角カメラ、高速AFに対応した約1200万画素の広角カメラ、約6400万画素の望遠カメラのトリプルカメラが搭載。一眼レフカメラのようにISO感度やシャッタースピードを好みに調節できる「プロ」モードや、横長の写真が取れる「パノラマ」モード、夜景もきれいに映せる「ナイト」モードなど、多くの場面に合わせた機能が惜しみなく搭載されている。

特徴的なのが、30倍のズームを搭載している点。下図を参考にしていただくとわかるように、そのズーム力は驚異的で、もはや双眼鏡の代わりにも利用できるのではないかと思うほどだ。隣の家の窓から部屋が覗けてしまうほどの高性能だが、くれぐれも誤った使い方はしないように心がけていただきたい。下図は、ズームなし・10倍・30倍の画像。当然すべて同じ位置から撮影している。

ズームなし

10倍ズーム

30倍ズーム

また、ビデオ撮影にはGalaxyシリーズで初となる8Kビデオの撮影が可能。繊細で躍動感のある動画の撮影はもちろん、気に入ったシーンを8K画質のまま約3300万画素相当の写真としてキャプチャできる。手ブレ補正機能も進化し、ブレのない動画撮影が可能となっている。

もう1つの大きな特徴として、新たに搭載された「シングルテイク」という機能が存在する。これは、3~10秒の動画の中から、AIが導き出した最大14パターンの写真やビデオを保存できる機能。搭載されているすべてのカメラを使って撮影し、それぞれの動画からベストショットを生成する仕組みとなっているこの機能は、たった1度の動画撮影で、一番いい表情をしているベストショットの選定や、白黒動画、早回し動画といった様々なバージョンを自動的に生成してくれる。InstagramやTwitterなど、写真や短い動画をアップするSNSの流行に合わせた新機能だ。

常にスマホ業界を引っ張るGalaxyシリーズの展望はいかに

3月25日・26日に発売となったGalaxy S20 5G。これまでのGalaxyシリーズのように、スマホ業界の最先端を行くスペックに加え、SNSの流行に合わせた最新機能を搭載するなど、先進的かつ革新的な仕上がり。これから先も、しばらくはスマホシェア率1位の座を退かず、業界を牽引するメーカーだと再認識させられたといっても過言ではないだろう。

文・取材/佐藤 文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。