人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スポーツメンタルコーチの藤代圭氏に聞く、羽生結弦のメンタルの強さとその秘密

2020.03.18

羽生結弦

深く考え、モチベーションを維持する姿勢は、シーンや世代を超えて生きる。プロスケーター、ジャーナリスト、メンタルコーチが、印象深いエピソードから学ぶべき思考法のヒントを説く。

心の声に耳を傾け自分にフォーカスすることで不安を払拭

藤代圭一さん

スポーツメンタルコーチ
藤代圭一さん
トップアスリートからジュニア世代まで様々なスポーツ選手やチームのメンタルコーチを務めつつ、全国各地のスポーツチームや学校教育の現場などでワークショップを開催。

 2018年、絶対王者として迎えた平昌五輪で、羽生選手は周囲からの期待や自身のけがなど様々な重圧の中、すばらしいパフォーマンスを披露し、見事に連覇を達成しましたね。

 いざという時に持てる力を存分に発揮できる彼の姿は圧巻でした。真似をすれば誰でも羽生選手のようになれる、というほど簡単なことではありませんが……「本番を迎えた時の人間の心理」について考えてみましょう。

 本番では自分のエネルギーをどこに注ぐのかがとても重要です。多くの人は、自分にはどうにもできないことにエネルギーを奪われてしまいがちです。

 例えば仕事のプレゼンの場面であれば、居眠りしてしまっている人がいるとか、会場の外がうるさいとか。受験生ならばライバルの人数に動揺するかもしれません。

 でも羽生選手は、もし観客席で誰かが寝ていたとしても、きっと戸惑ったりしないですよね。彼は自分にコントロールできることのみに集中する。そういったメンタリティーを培ってきたのだと思います。

緊張の原因を追いかけすぎず、本番では「自分」にフォーカス

 大事な本番、失敗したくない、普段どおりの自分でいたい。そう思えば思うほど、想像と違う雰囲気に心を乱され、緊張が増してしまう――。そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 私は、「緊張してはダメ」とはあえて言いません。なぜなら緊張や動揺の原因は、得てして先ほど言ったような「自分ではコントロールできない」物事だったりするからです。惑わされないためには、なるべく事前に下見やイメージをしておくこと。もし本番直前や本番中に気を取られそうになったら「今の自分にはどうしようもない。だから気にしてもしかたがない」と気づくこと。そして自分の力で変えられることは何か? と問いかけ「本番に向けてがんばってきたことだけに集中しよう」と気持ちを切り替えることが大事です。

 また、多くの人は「もし自分がこうしたら、他人にどう思われるだろうか」という心配も抱えていますが、羽生選手のメンタリティーはその点でも特別です。

「僕はこうしたい」「僕はこれが好き」という、自分の心の声に耳を傾けています。それが羽生選手の強さの秘訣であり、人間性の魅力でもあると思います。彼は自分の思ったことや感じたことをノートに記録したり、メディアの前では心の葛藤も含めて自分をさらけ出すように話しています。日頃から自分で自分に問いかけたり、他者からの問いかけに素直に応じたりしているからこそ、彼は自分らしさをわかっていて、そんな自分を肯定できているのでしょう。そのような人ほど、いざという時にも不安を払拭し、本来の自分を発揮できるものなのです。

「本番に強い」メンタリティーの育て方

「本番に強い」メンタリティーの育て方

本番を迎えたら、自分でコントロールできることだけにフォーカスすること!

『スポーツメンタルコーチに学ぶ! 子どものやる気を引き出す7つのしつもん』

藤代さんの著書『スポーツメンタルコーチに学ぶ! 子どものやる気を引き出す7つのしつもん』(旬報社)には、問いかけることでやる気を引き出し、考える力を育む「しつもんメンタルトレーニング」の要素が詰まっている。

取材・文/江橋よしのり 写真/岸本 勉(PICSPORT)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。