人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

緊急時に備えて用意しておきたいAmazonで買える防災グッズセット6選

2020.03.17

いつ、どこに来るのか予想ができない「大震災」。だからこそ普段から備えられるものは備えておきたいところだ。防災グッズセットを用意しておけば、緊急時においても困ったり、慌てることが少なくなる可能性が高い。しかし、どんな物を購入すれば良いのか、意外と知らない人も多いのではないだろうか。そこで今回は、Amazonで手軽に購入できる防災グッズセットと、緊急時における対処法を紹介していこう。

【参照】地震本部 南海トラフで発生する地震

本当に必要な物とは? 用意しておきたい防災グッズの中身

必要な防災グッズは人によって変わってくるため、必ずこれを用意しておけば安心! ということではない。例えば、持病を抱えている人にとって「常備薬」の用意は必須であったり、赤ちゃんがいる家庭においては「紙おむつ」や「ミルク」が必要となるだろう。それらも踏まえて、最低限用意しておきたい物をリストアップした。以下を参照に防災グッズセットの選定に役立ててほしい。

・保存食、飲料水
・貴重品
・マスク、軍手、安全靴
・携帯ラジオ、手回し式懐中電灯
・衛生用品
・乾電池、モバイルバッテリー
・衣類、防寒具
・救急用品 など

防災グッズは何日分用意しておけば良いの?

首相官邸「災害に対するご家庭での備え〜これだけは準備しておこう!〜」によると、飲料水や非常食は3日分の備蓄が推奨されている。なお、大規模災害発生時においては1週間分の備蓄が望ましいとされているようだ。

【参照】首相官邸 災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~

Amazonで購入できる防災グッズセット!

ここからはAmazonで購入可能な防災グッズセットを紹介していこう。なお、ここで紹介する物以外にも、非常時において役立てる可能性が高い防災グッズは、ホームセンターなどでも販売されているため、自身の環境に合ったセットを選んでほしい。

2人用防災グッズセット:シェルタープレミアム2人用 防災グッズセット

【参照】シェルタープレミアム2人用 防災グッズセット

LA・PITAから発売されている、2人用災害対策用防災グッズセット。7年保存可能な非常食と保存水をはじめ、USB端子が付いている携帯ラジオなど様々な防災用品が整っている。リュックの大きさは35リットルとなっており、同梱されている防災グッズのほかにも、空き容量があるため、紙おむつや常備薬などを必要に応じて入れられるはずだ。カラーはブラック・オレンジ・ターコイズ・レッドの4色が用意されている。

4人家族におすすめな防災グッズセット:防災グッズ 豪華充実ファミリーセット

【参照】防災グッズ 豪華充実ファミリーセット

家族(3〜4人向け)の防災グッズセット。スマホを充電できる機能が付いた携帯ラジオや5年保存が可能な非常食(6缶)などが用意されている。また、災害対策マニュアルも同梱されており、グッズだけでなく防災のための知識も備えられるのがポイント。購入した暁には、1度家族みんなで読みあってみると良いかもしれない。

女性用防災グッズセット:ペアークレーン 女性用防災グッズセット(2人用)

【参照】ペアークレーン 女性用防災グッズセット

頭部を守るためにヘルメットが付いているタイプの防災グッズ。リュックの重さは1つあたり約3kgなので、女性や子供でも比較的手軽に持ち運びが可能。多目的ポンチョも入っているため、例えば、やむを得ず屋外でトイレをしたい時など、最低限のプライバシーを守ることが可能。Amazon価格は1万9250円となっている。

おしゃれな防災グッズセット:防災防犯ダイレクト 地震対策30点避難セット

【参照】防災防犯ダイレクト 地震対策30点避難セット

質素であったり誣告な見た目が多い防災グッズセットのリュックだが、防災防犯ダイレクトから発売されている「地震対策30点セット」は、普段の生活にもなじむであろう、デザインだ。また見た目だけでなく、その中身も非常に充実しており、多機能ラジオをはじめとする30点の防災グッズが入っている。さらにリュックのファスナー部分には、止水加工が施されており、本体には防水素材も使われているため、雨天時における利用も心配が少ない。重量は5kgだが、小さいタイプの「子供用」用も用意されているため、ぜひそちらもチェックしてほしい。

防災安全協会推奨の防災グッズセット:ラピタプレミアム 防災グッズセット

【参照】ラピタプレミアム 防災グッズセット

2012年に設立された、防災グッズメーカー「LA・PITA」の防災グッズセット。リュックには高撥水・高防水性を備えている「ターポリン生地」を採用。上部には、上空からの探索に見つかりやすいよう、反射材があしらわれている。ストローで膨らむエアーマットや簡易寝袋+アルミシートなどが用意されているため、屋外で寝ざるを得ない状況においても、最低限の暖を保てるはずだ。内閣府・防災推進協議会 一般社団法人防災安全協会推奨と、“政府”のお墨付き。

【参照】LA・PITA

防災グッズの中身だけ欲しい時は……? 岸田産業(クラシド)防災セット中身用 2人用

【参照】岸田産業株式会社(クラシド)防災セット中身用 2人用

Amazonには、リュックとセットになった防災グッズだけでなく、その中身だけも販売されている。保存食の賞味期限などが切れてしまったり、利用して使えなくなった防災グッズがある場合は、中身だけ取り替えるという選択肢もあるだろう。

防災グッズと一緒に確認しておきたい! 近くの避難所や緊急時における対処法

自身の住んでいる地域において、避難所となる場所を把握しておいた方が、災害時はより安全だ。避難所となる場所はインターネットで「〇〇市 避難所」と検索すれば、確認可能。

しかし、緊急時においては指定された避難所に移動している時間さえない場合もある。その時は、以下の参照サイト「首相官邸 避難はいつ、どこに?」を参考に、避難できそうな場所を知っておくことをおすすめする。

【参照】首相官邸 避難はいつ、どこに?

※データは2020年3月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品・サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。