人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

通信速度が遅くなったら買い換え時?環境に合わせて選びたいWi-Fiルーターおすすめ10選

2020.03.16

一度設置したら、電源を付けっぱなしで長期間使うことの多いWi-Fiルーター。機器としての寿命も気になるところだが、実はWi-Fiルーターの場合、「通信規格としての寿命」のほうが問題になりやすい。規格が古くなれば通信するデバイスの性能に追いつけず、必然的に通信の速度は低下する。そんな事態を避けるには、定期的なWi-Fiルーターの買い替えが一番だ。そこでこの記事では、目的に応じたおすすめのWi-Fiルーターを紹介していく。

【目次】

家族と同居やマンションなど複数通信におすすめのWi-Fiルーター

一人暮らしやワンルームならこれで十分!おすすめの安いWi-Fiルーター

初心者でも安心!設定が簡単なWi-Fiルーターはこちら!

家族と同居やマンションなど複数通信におすすめのWi-Fiルーター

MIMOとはmultiple-input and multiple-outputの略で、複数のアンテナを使って通信品質を向上させる技術を指す。マンションはもちろん、一戸建てでも家族と同居しているなら、複数のデバイスとストレスなく通信できることが重要なのだ。

BUFFALO AirStation WXR-2533DHP2

BUFFALO AirStation WXR-2533DHP2

4本のアンテナの向きを変えることで、縦方向と横方向に電波を振れるWi-Fiルーター。次世代高速規格の11ac(5GHz)、2.4GHzの256QAMにも対応し、将来性も十分だ。

さらに複数のデバイスと同時に通信できる「MUーMIMO」にも対応。通信速度も5GHz帯で最大1733Mbps、2.4GHz帯で最大800Mbpsを誇る、ファミリー向けのハイスペックルーターだ。

出典 公式サイト|BUFFALO AirStation WXR-2533DHP2

 

アマゾンでの購入はこちらから

ELECOM WRC-X3000GS

ELECOM WRC-X3000GS

バッファローと並ぶWi-Fiルーターの有名メーカーがエレコムだ。WRC-X3000GSは、エレコムがラインナップするWi-Fiルーターの最上位機種になる。

11acに続く次世代Wi-Fi規格のWi-Fi 6テクノロジー(IEEE802.11ax Draft準拠)に対応し、5GHz帯で最大2402Mbps、 2.4GHz帯で 最大574Mbpsの速度を誇る。ビームフォーミング技術も搭載していて、スマホ向けの高速安定通信が期待できる。

出典 公式サイト|ELECOM WRC-X3000GS

 

アマゾンでの購入はこちらから

ASUS RT-AX3000

ASUS RT-AX3000

台湾が本社のASUS(エイスース)も優れたWi-Fiルーターをラインナップする有名メーカーだ。RT-AX3000はそのフラッグシップモデルで、最新次世代規格のWi-Fi 6テクノロジーに対応している。

5GHz帯域で2402 Mbps、2.4GHz帯域で574 Mbpsの通信速度は申し分なし。同じく台湾のトレンドマイクロ社(ウィルスバスターを日本に展開)と協業した「AiProtection」を搭載し、強固なセキュリティ機能を持つことも魅力の一つ。

出典 公式サイト|ASUS RT-AX3000

 

アマゾンでの購入はこちらから

BUFFALO WEX-1166DHP2

BUFFALO WEX-1166DHP2

インターネットサービスを提供しているauやドコモでもWi-Fiルーターは提供しているが、専門メーカーならではの強みが周辺機器の充実だ。中でも電波の弱りを補強する、中継器のラインナップはとてもありがたい。横方向に長く障害物の多いマンションでは必要になることが多く、とくにバッファローは中継器を多く取りそろえている。

出典 公式サイト|BUFFALO WEX-1166DHP2

 

アマゾンでの購入はこちらから

一人暮らしやワンルームならこれで十分!おすすめの安いWi-Fiルーター

複数人が一緒に暮らすマンションや戸建てなら高性能なWi-Fiルーターが必要だが、目の届く範囲にすべてのデバイスがあるようなワンルームならMIMOにこだわる必要はない。安くてそこそこのスループットがあるWi-Fiルーターであれば十分使えるだろう。

ELECOM WRC-1750GHBK-E

ELECOM WRC-1750GHBK-E

5000円を割る価格で販売されていることも多い格安Wi-Fiルーター。MU-MIMOにこそ対応していないが、ビームフォーミング機能を装備。5GHz帯域で1300Mbps、2.4GHz帯域で450 Mbpsの通信速度は申し分なしだろう。

出典 公式サイト|ELECOM WRC-1750GHBK-E

 

アマゾンでの購入はこちらから

I-O DATA EX-WNPR2600G

I-O DATA EX-WNPR2600G

5000円を切る価格帯でありながら、なんとMU-MIMO、ビームフォーミングにも対応し、5GHz帯域で1733Mbps、2.4GHz帯域で800 Mbpsの通信速度を実現している。本製品はこの価格で有線LANのGigaポートも4つ装備しており、なんとも価格破壊的なWi-Fiルーターだ。

出典 公式サイト|I-O DATA EX-WNPR2600G

 

アマゾンでの購入はこちらから

NEC Aterm WG1200HP3

NEC Aterm WG1200HP3

NECのAtermシリーズはとても歴史の長いルーターだ。MU-MIMOとビームフォーミングに対応、5GHz帯域で867Mbps、2.4GHz帯域で300 Mbpsの通信速度を実現している。本製品はGigaビットLANも3搭載しており、コスパの高いWi-Fiルーターといえる。

出典 公式サイト|NEC Aterm WG1200HP3

 

アマゾンでの購入はこちらから

初心者でも安心!設定が簡単なWi-Fiルーターはこちら!

有線無線を問わず、ネットワーク設定には専門用語が多い。そんなに高性能でなくても良いから、設定が簡単ですぐに使えるWi-Fiルーターが欲しいというのは、家族からネットワークの設定をまかされたパパの正直な気持ちだろう。機器の設定に親切なアプリや解説が付いているモデルなら、日本製が一番のおすすめだ。

NEC IAterm WG2600HP3

NEC IAterm WG2600HP3

1万円台前半の価格帯で販売されている、NECの中価格帯モデル。5GHz帯域で1733Mbps、2.4GHz帯域で800 Mbpsの通信速度は、高級機に迫るハイスペックだ。

NECはスマホとの接続を簡単に設定する「らくらくかざしてスタート」や、ボタンを押すだけでWi-Fi接続やセキュリティの自動設定が行える「らくらく無線スタート」を、ほぼすべてのモデルに用意している。

出典 公式サイト|NEC IAterm WG2600HP3

 

アマゾンでの購入はこちらから

ELECOM  WRC-2533GST2

ELECOM  WRC-2533GST2

エレコムの中価格帯モデルで、1万円台半ば。5GHz帯域で1733Mbps、2.4GHz帯域で800 Mbpsの通信速度を誇るハイスペック機にも関わらず、初期設定を簡単に行える「かんたんセットアップ4」や買換時の手間を省く「らくらく引越し機能」を備えたファミリー向けのモデルとなっている。

出典 公式サイト|ELECOM  WRC-2533GST2

 

アマゾンでの購入はこちらから

I-O DATA WN-DX2033GR/E

I-O DATA WN-DX2033GR/E

比較的安価なモデルの多いI-O DATAでは、本モデルは高価格帯に位置する。5GHz帯域で1733Mbps、2.4GHz帯域で300 Mbpsの通信速度を実現したハイスペックなモデルといえる。

本モデルは、他社製品からの乗り換えを簡単にする「Wi-Fi設定コピー機能」や、設定画面をPCから簡単に呼び出せる「Magical Finder」を搭載しており、自社製品からだけではない買い替え需要にも対応している。

出典 公式サイト|I-O DATA WN-DX2033GR/E

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。