人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

使い方が難しい!?外国人が日本の自動販売機に感じる違和感

2020.03.09

普段何気なく利用している自販機。日常空間のあらゆるところに存在し、私たち日本人にとっては当たり前のものとなっているわけだが、日本を訪れる外国人にとっては違和感を覚えたり、不便を感じたりすることもあるかもしれない。

そこで今回、JR東日本ウォータービジネスにより、訪日外国人の男女計600名(中国:200名 韓国:200名 アメリカ:200名)を対象にした「自動販売機」についてのアンケート調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

9割以上の訪日外国人が日本の自販機を利用したことがあり、満足度も 9 割以上!

日本を訪れている外国人は、街にある自販機を見かけて、どの程度利用しているのだろうか。そして、利用した場合、その体験にどのくらい満足しているのだろうか。

自販機の利用回数について調査が行われたところ、9割以上(93.7%)の人が1回以上購入したことがあると回答した。更に、自販機に対する満足度についても調査が行われたところ、利用したことのある人のうち、9割以上(97.6%)の人が「満足している」と回答していることがわかった。

Q1.日本滞在中、自動販売機で飲料を購入したことがありますか。
【n=584】 (単一回答)

Q2.日本の自動販売機について、満足度を教えて下さい。
【n=547】 (単一回答)

日本の自販機で「使用方法が難しい」と感じた人はアメリカからの旅行者が多い傾向に!

慣れない海外の自販機を使用する際、分かりにくいと感じることもあるのではないだろうか。

そこで日本の自販機を利用した際に、使用方法が難しいと感じた経験について尋ねる調査が行われたところ、中韓米いずれの場合も「感じた」と回答した人が、3割程度(中国:28.7%、韓国:25.1%、アメリカ:31.5%)という結果となった。

中でも最も多かったのがアメリカからの旅行者だった。言語を始め、販売している飲料など共通する文化が少ないことが影響していると考えられる。

Q3.自動販売機で飲料を購入した時に、使用方法が難しいと感じたことはありますか。
【n=547】 (単一回答)

中国は「決済方法」、韓国・アメリカは「飲料の種類」が分かりにくいという傾向に!

実際に日本の自販機のどのあたりが分かりにくいと感じているのだろうか。

そこで分かりにくいと感じた点について尋ねる調査が行われたところ、中国からの旅行者に関しては「決済方法」が分かりにくいと感じた人が4割程度(38.9%)と最も多い結果となった。

韓国・アメリカは1位が「飲み物の種類」(韓国:31.8%、アメリカ:31.0%)、「決済方法」は2位以下(韓国:27.3%・2位、アメリカ:13.8%・3位)となった。キャッシュレス化が進む中国だからこその課題があることがわかった。

Q4.自動販売機で飲料を購入した時に、最も分からなかったのはどのような点ですか。
【n=547】 (単一回答)

アメリカからの旅行者の6割以上が「購入した商品がイメージと違った」と回答!

海外で飲み物を買う際、想定していたものと実際の商品が違っていた、というような戸惑いもあるのではないだろうか。

そこで、購入した商品がイメージと違ったという経験があるか尋ねる調査が行われたところ、中国・韓国はおよそ4割(中国:41.0%、韓国:40.0%)が「ある」と回答した。両者と比べるとアメリカは多く、6割以上が「ある」と回答している。緑茶など、共通の文化が少ないことなどの影響があることが考えられる。

Q5.自動販売機で飲料を購入した時に、商品がイメージしていたものと違ったという経験がありますか?
【n=547】 (単一回答)

中国は「支払い方法」と「操作方法」、アメリカは「支払い方法」をわかりやすくしてほしいと回答

最後に、自動販売機を利用しなかった人にどのようなきっかけがあれば利用したいと考えるかについて尋ねる調査が行われたところ、各国で異なる結果となった。

中国からの旅行者は「支払い方法」と「操作方法」が分かりやすければ、と回答した人最も多く(いずれも72.7%)、アメリカからの旅行者は「支払い方法」が分かりやすければ、と回答した人が最も多い結果となった(85.7%)。

特徴的だったのが韓国からの旅行者で、最も多くの回答があったのは、「限定の商品が買えたら」という回答。希少性に価値を見出している点で特徴的なニーズがあることが見て取れる。

Q6.どのようなきっかけがあれば日本の自動販売機で飲料を購入したいと思いますか。
【n=37】 (複数回答)

■調査概要
調査名:訪日外国人の自動販売機の利用に関する調査
日時:2020 年1月
対象者:訪日外国人の男女計600名(中国:200名 韓国:200名 アメリカ:200名)
その他条件:過去3年以内に訪日経験あり

株式会社 JR 東日本ウォータービジネス

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。