人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

悲願の都心直通を実現!斬新な車両デザインで話題をさらった「相鉄・JR直通線」開通秘話

2020.03.21

相鉄

ついに開業した相鉄・JR直通線。斬新な新型車両が渋谷、新宿に現われ、人々を驚かせている。駅舎や制服、車両のリニューアルから始まった「新・相鉄劇場」は、首都圏の通勤事情を大きく変える次のステージに入った。

横浜エリアの大手私鉄が悲願の都心直通を実現

「何あれ! 新しい特急電車?」

 最近、新宿駅や渋谷駅で、ちょっとした異変が起きている。湘南新宿ライン、埼京線のホームで、電車を写真に撮る人が増えているのだ。それも鉄道ファンではなく、カップルや親子連れなどが多い。

 彼らがスマホを向けているのは、相模鉄道、通称相鉄(そうてつ)の新型車両12000系だ。深みのあるブルーの車体で、まるで生き物のような顔をした電車が、大きなインパクトを与えている。昨年11月30日の相鉄・JR直通線開業によって、初めて都内に乗り入れを果たした相鉄のシンボル的存在だ。

 相鉄は、横浜市南西部と海老名市、大和市などを走る私鉄。東急や近鉄などと同じ大手私鉄のひとつだが、路線延長が短いうえに、長年他社との相互直通運転を行なわず、「横浜エリアに密着した私鉄」だった。神奈川県に縁のある人でなければ、横浜とどこを結ぶ電車なのか、はっきりと覚えていない人も多い。その相鉄が西谷駅から分岐して、新たに開業した羽沢横浜国大駅でJRの東海道貨物線に接続。湘南新宿ラインのルートを通って、悲願ともいわれた都心乗り入れを果たした。これは、首都圏の通勤事情に大きな変革をもたらす第一歩だ。

相鉄・JR直通線とは

 

相鉄・JR直通線とは

2009年に着工した路線で、西谷駅から羽沢横浜国大駅を経て東海道貨物線との接続部まで2.7kmを新設、相鉄とJRとの相互直通運転を行なう。

羽沢横浜国大駅

新設された羽沢横浜国大駅。JR横浜羽沢貨物駅に隣接し、駅周辺は今後、都市開発の計画がある。

相模鉄道キャラクターの〝そうにゃん〟

昨年11月30日の早朝5時に海老名駅で行なわれた出発式。相模鉄道キャラクターの〝そうにゃん〟も登場した。

相鉄・JR直通線

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。