人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

節約派のゴールデンウィークの過ごし方6選。お金をかけずに遊ぼう

2020.02.24

長いゴールデンウィークは、うれしい反面「どう過ごそうか…」と悩んでしまうこともあるでしょう。休みの日数が長くなると、予算が足りるか心配という人もいるかもしれません。そこで、予算をかけすぎずに、休みを存分に楽しむ方法を紹介します。

ゴールデンウィークをどう過ごす?

家族そろって長い休みになるゴールデンウィークには、どのような過ごし方があるのでしょうか?ゆっくり過ごす時間がうれしい反面、気になる部分もあるかもしれません。

うれしい反面、出費が気になるという声も

あなたは普段の休日をどのように過ごしていますか?買い物に出かけたり、外食したりといった休日を過ごしていると、ゴールデンウィークの出費が気になることもあるでしょう。

長い休みの間、いつも外出していたら、予定外に出費がかさむことも考えられます。そのため、家族と過ごせる休みはうれしいけれど、「ちょっと長いかも…」と感じている人もいるかもしれません。

そこで、ゴールデンウィークを節約しながら楽しむ過ごし方を紹介します。

アクティブに遊びたい人向け

「休日はやっぱり遊びたい!」「外出して普段とは違う雰囲気を味わいたい!」という人も多いでしょう。

たっぷり時間を使える休日だからこそ、普段は行けない場所やできないことにチャレンジしてみたいですね。そのようなアクティブ派でも、お金をかけない過ごし方はたくさんあります。

お弁当持参でピクニック

からりと晴れて気候もちょうどいいゴールデンウィークは、ピクニックにぴったりです。おにぎりやサンドイッチを家族で作って、お弁当持参で行けば、外食費をかけずに楽しいピクニックランチができます。

お弁当を食べた後は、遊具で遊んだり、ボール遊びをしたりしてもよいでしょう。思い切り体を動かして、たっぷり遊べます。

自転車で行ける近場の公園なら、交通費もかかりません。『普段の昼食と同じくらいの低予算』で、たっぷり遊んで大満足の1日を過ごせます。

動物園や水族館、イベントなどに行く

ゴールデンウィークは、無料のイベントが開催されていることも多い時期です。特に、こどもの日にはイベントが多いので、探して出かけてみてもよいでしょう。

普段できないアクティビティの経験や、少し豪華な音楽会の演奏を聴けるかもしれません。

動物園・水族館・ギャラリーなど、無料で楽しめる施設もたくさんあります。工場見学も、探してみると無料や低予算で見学できる施設が見つかるためおすすめです。勉強になり、お土産までもらえることもあります。

都心部へ遊びに行くなら、屋上庭園へ行ってみましょう。木々や植物を配置している空間は、都会とは思えないほどリラックスできる場所が広がっています。

行ってみたかった場所へプチ旅行

前々から気になっていた場所や、好きな場所、また行ってみたいと思っていた場所があるなら、プチ旅行へ出かけるのもおすすめです。

バスツアーを利用すればリーズナブルに季節感たっぷりの旅行ができるプランもあります。温泉好きならお気に入りの温泉に入りに行くのもよいでしょう。

子連れで旅行に行くなら、無理に予定を詰め込みすぎないことも大切です。ゆとりを持って行動できるよう、のんびりしたペース配分の旅行にします。

お得にプチ旅行へ行くなら、ポイントを活用しましょう。通販サイトは利用で効率よくポイントがたまることが多いので、旅行用にためておくと重宝します。

ゆったり過ごしたい人向け

せっかくの休日は「ゆっくり過ごすぜいたくを味わいたい」と考えている人もいるでしょう。のんびりゴールデンウィークを過ごすプランを紹介します。

実家に帰って家族団らん

夫婦どちらかの実家に帰省して、両親を交えた団らんを楽しむのもよいでしょう。兄弟姉妹で日程を合わせて集まれば、いとことも会えるため、子どもたちも普段と違う遊び相手ができ、楽しめます。

帰省したからこその楽しみもあるでしょう。地方であれば、両親の畑を手伝う、近くの牧場で乳しぼり体験をする、といった経験ができることもあるかもしれません。

特別なイベントがない場合でも、大人数で一つの食卓を囲むということ自体が、思い出に残るはずです。子どもが喜ぶのはもちろん、『両親との絆も深められる過ごし方』と言えます。

自宅で映画やドラマを鑑賞

1日中ずっと外に出ず、映画やドラマを鑑賞する時間にするのも、インドア派にぴったりの過ごし方です。

録画したまま見ていないテレビドラマのシリーズを一気に見る、DVDをレンタルする、映画やドラマのインターネット配信サービスを活用する、といった方法があります。

ただ鑑賞するだけでもよいですが、ポップコーンやお気に入りのドリンクを用意して、『映画館風にして楽しむ』のも面白いですよ。

容器も普段使いのものではなく、おしゃれな紙コップを用意すると、より映画館らしく演出できます。

ドライブで夜景や風景を堪能

ゴールデンウィークでも昼間は何かと忙しいこともあります。そのようなときは、夜からドライブに出かけるのもよいでしょう。

車を持っていない場合でも、『カーシェアリングのナイトパック』を活用すると、出費を抑えながら楽しめます。

きれいな夜景を見られるスポットはたくさんありますが、都内なら、お台場海浜公園・東京ゲートブリッジ・羽田空港などがおすすめです。

構成/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。