人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Blu-rayレコーダーでDVDに録画することはできる?

2020.03.14

21世紀初頭の2003年。SONYから世界初のBlu-rayディスクレコーダーが発売されて以来、数々の機種が様々なメーカーから販売されてきた。第3世代光ディスクとして、それまで主流であった下位規格のDVDと比較して、容量が増え、画質も向上したBlu-ray。今回はそんなBlu-rayをDVDと比較した際に、何が異なるのかを解説していこう。

Blu-rayとDVDとは?

Blu-rayとDVDの違いを確認する前に、同じ光ディスクであるBlu-rayとDVDについて、その概要を見ておこう。そもそも光ディスクとは、別名「光学ディスク」とも呼称される、光学ドライブ装置を用いて、映像・音声情報などを記録・上映する電子媒体だ。

Blu-rayとは?

SONYやHITACHI、Panasonicをはじめとする世界各国の電子メーカー9社によって、2002年に策定された規格のこと(同9社はBlu-ray Disc Foundersを設立)。Blu-rayという名前は、青紫色の光データを用いる点から命名された。綴りが「Blue」ではなく「Blu」である理由としては、青色光と間違われないよう、商標化したためだといわれている。

2003年には世界で初めてのBlu-rayディスクレコーダーがSONYより発売された。その後もBlu-ray Disc Foundersへ、三菱電器・三洋電機・東芝など有名電子メーカーが続々と加盟。2015年には「Ultra HD Blu-ray」の規格が発表され、さらには2018年、SONYが4層のBDXL規格を開発した。

※BDXLとは2010年に策定されたBlu-rayディスクの規格。通常のBlu-rayディスクと比較して、層が3〜4層に増えており、それまで以上のデータ保存可能容量を確保した。

【参照】SONY ブルーレイディスクとは?

DVDとは?

映像の記録などもできる、第2世代光ディスクとして、規格・策定された記録媒体のこと。「映像が保存できる」という点においては、「ビデオテープ」の進化形と思われがちだが、実際の下位規格は同サイズ(120㎜)の「CD」だ。正式名称は「DVD」だが、その意味は「Digital Versatile Disc」とされている。東芝やPanasonicなど、世界各国の電子機器メーカーが開発の主導となり、日本においては1996年に商用化された。

Blu-rayとDVDの違い

Blu-rayとDVDの概要を確認したところで、続いては両規格の相違点を見ていこう。同じ映像・音声などを記録する光ディスクとして何が違うのか、しっかりチェックしていこう。

Blu-rayとDVDの違い:画質

Blu-rayとDVDの最大の違いの1つとして、画質が挙げられるだろう。Blu-rayディスクの解像度が1920×1080であるのに対し、DVDの解像度は720×480となっている。画質においては、Blu-rayにかなりの分があるだろう。

Blu-rayとDVDの違い:容量

Blu-rayディスクに記録できるデータの容量は片面1層あたり25GB、2層ならば50GBとなっている。さらには、先述したSONYのBDXL規格は4層となっており、その記録可能容量は128GBだそうだ。一方でDVDの記録可能容量は片面1層4.7GBで、2層でも8.54GB。両面2層なら17.08GBとなっている。容量面で見ても、Blu-rayの圧勝といっても過言ではないだろう。

Blu-rayとDVDの違い:耐久性

実は耐久性においては、DVDの方がBlu-rayよりも高いといわれている。その理由は、Blu-rayの方がDVDよりも保護層が薄いためだ。耐久年数はBlu-rayが50年以下といわれているのに対し、DVD-Rは180年以下、DVD-RAMは250年以下とされている。どうやら、耐久面においてはDVDに軍配があがるようだ。しかし、最近ではBlu-rayでも耐久性の高いものが開発・販売されている。

Blu-rayとDVDの違い:再生機器

最後は再生機器の違いを見ていこう。DVDプレイヤーでは、Blu-rayディスクの再生ができない。しかし、一般的なBlu-rayプレイヤーならば、DVDの再生も可能だ。どちらを購入するか迷っているという人は、両規格を再生可能なBlu-rayプレイヤーの購入をおすすめする。

Blu-rayレコーダーでDVDは録画できるの?

【参照】Panasonic DMR-BRW1060 おうちクラウドディーガ

一般的なBlu-rayレコーダーならば、DVDも問題なく録画できるはずだ。しかし、中にはDVD録画に対応していない商品も販売されているので、購入の際は家電量販店の店員さんなどに、相談しよう。また、DVD録画は可能でも8㎜DVDの録画ができないものもあるため、留意してほしい。

今後はどうなる? DVDはなくなりすべてBlu-rayになるの?

Blu-rayの方が圧倒的に画質においても、記録容量においても勝っているのにもかかわらず、なぜDVDは未だに店頭に並んでいるのか。その理由は、再生機の普及率にあるといわれている。Amazonなどを覗いてみればすぐにわかるが、DVD再生機の価格は非常に安価で、3000円台でも購入可能。一般家庭における普及率は未だにBlu-rayプレイヤーよりも高いそうだ。つまり、それだけ需要があるということだが、技術進化や市場で変動があれば、DVDプレイヤーと比較して、高価なBlu-rayプレイヤーの価格が下がらないという可能性は0ではない。DVDプレイヤーと同等の価格となった時、その普及率は逆転し、DVDの需要が薄まる可能性も充分にあるだろう。

※データは2020年2月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますがその内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品・サービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。