人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

使えば使うほど得をする?Amazonポイントの賢い貯め方

2020.03.09

人気オンラインショッピングサイト「Amazon」。多くの利用者がいるが、買い物ごとに貯まっているポイントの存在は意外と知られていないようだ。今回は、Amazonポイントの効率的な貯め方を紹介していく。

お得なAmazonポイントの貯め方を大公開!

早速Amazonポイントの効率的な貯め方を紹介していこう。普段行っているAmazonでの買い物にひと手間加えるだけで、簡単にポイントをゲットできるので、ぜひ試していただきたい。

Amazonでの買い物はギフト券で行うのがお得

Amazonで買い物をする場合、ほとんどの人が登録しているクレジットカードやコンビニでの代引きを利用しているかと思う。しかし、これを直接決済せずにAmazonギフト券で買い物をすると、簡単にポイントが貯まる。

Amazonギフト券は、電子マネーのように購入したものをアカウントにチャージして利用するサービス。ギフト券をチャージすると、常時最大2.5%ものポイントが還元される。もちろん、購入する商品にポイントが付いている場合はそのポイントも獲得できるので、2重でお得になるのだ。

ギフト券は、一度にチャージする金額が大きいほどにポイントの還元率が高い。9万円以上のチャージで最大の還元率を獲得できるので、よくAmazonを利用する人はまとめてチャージしておくといい。9万円も使わないという人もいるだろうが、チャージしたギフト券の有効期限は10年もあるので、使いきれないということはあまりないだろう。

Amazonプライム会員なら還元率も上昇!

ギフト券のポイント還元率が最大2.5%と表記したが、これはAmazonプライム会員の場合。プライム会員は年間4900円、もしくは月額500円で加入でき、対象商品の送料無料や、プライムVideoなどのエンタメ系サービスも充実しているので、これを機に会員になってみるのはいかがだろうか。

不定期開催のポイントキャンペーンを活用しよう

Amazonでは、不定期で「Amazonポイントキャンペーン」を行っている。対象商品の購入で普段より大幅にポイントの獲得が可能になるので、キャンペーンのタイミングを見計らって商品を購入するのもおすすめだ。

Amazon Mastercardもかなりお得

Amazonのクレジットカード「Amazon Mastercard」を使って買い物をするのも、ポイント還元率が高くおすすめだ。

プライム会員がAmazonでの買い物にAmazonMastercardを利用すると、2.0%のポイント還元。Amazon以外の買い物に利用しても1.0%のポイントが付く。クラシックタイプであれば、初年度の年会費無料で、1年に1度でも利用すれば翌年も無料になる。ETCカードも初年度無料、1年に1度以上の利用で翌年も無料になるので、かなりお得といえるだろう。

また、AmazonMastercardには1ランク上のゴールドカードもある。こちらは自動的にプライム会員に登録され、専用のサービスを受けられるほか、海外・国内どちらでも最高5000万円の旅行傷害保険が付く。年会費は1万800円だが、リボ払いの登録をすると半額になるなど、割引もできるのでおすすめだ。

AmazonMastercardを利用した際のポイント反映のタイミングなどは、別途下記URLを参考にしていただきたい。

【関連記事】Amazonカードを利用した際のポイントはいつ反映されるのか?

意外と知られていない!? Amazon買取サービス

便利なのだが意外と知名度が低い印象のある「Amazon買取サービス」。自宅に眠っている不用品を、送料・査定料0円で買い取ってくれる。支払いはAmazonギフト券か現金か選べるので、ポイント還元のために、ギフト券にして運用するとさらにお得だろう。

【参照】Amazon買取サービス

はじめてポイントは利用するだけで大量ポイントゲット!?

Amazonが2017年から始めた「はじめてポイント」というサービスは、Amazon内でこれまで利用したことのないサービスや、購入したことのないカテゴリの商品を購入すると、100ポイント以上還元されるというもの。これまで自分がどのサービスやカテゴリの商品を購入しているかは人それぞれなので、どのはじめてポイントが獲得できるのかをそれぞれ確認するといいだろう。

【参照】Amazon はじめてポイント

Amazonポイントの注意点とは

もちろん、Amazonポイントがすべてのサービスに適応した完璧なサービスというわけではない。できないこともあるので注意が必要だ。

交換や換金はできない

Amazonポイントは共通ポイントではないので、ほかのポイントやマイルに交換することはできない。また、現金に換金することもできないので、あくまでAmazon内での利用のためのもの、と認識しておこう。

有効期限は1年だけど……

Amazonポイントの有効期限は1年だが、この制約は非常に緩い。というのも、Amazon内で最後に買い物した日か、最後にポイントを獲得した日のいずれか遅いほうの日にから1年はポイントが有効なのだ。ポイントごとに有効期限の制約がないので、最低1年に1度Amazonを利用すれば、ポイントはほぼ永久に貯められる。

獲得済みのポイントをほかのサービスにあてることはできない?

獲得したポイントをAmazonギフト券やAmazonコイン、プライム会員費などにあてることはできない。買い物時の手数料や送料、代引き料には利用できるので、買い物の際に利用できるポイントと覚えておこう。

※データは2020年2月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤 文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。