人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブラウザより使いやすい?便利なAmazonアプリの使いこなし術

2020.03.06

日本のみならず、世界的にユーザーの多いショッピングサイト「Amazon」。多くの人が、一度は利用した経験があるのではないだろうか。そんなAmazonには、Webブラウザ版のほかに、アプリ版でもショッピングが楽しめる。今回はそんなAmazonアプリの使い方やおすすめポイントを紹介していこう。

 

Amazonアプリの基本的な使い方

 

 

まずは、Amazonアプリのインストール方法から基本的な使い方を紹介していこう。

 

Amazonアプリをアプリストアからインストール!

 

Amazonアプリは、他のアプリと同様に、GooglePlayストアやAppleストアからインストールできる。下記URLからダウンロードしてみよう。

 

【参照】Amazonアプリ GooglePlayストア

【参照】Amazonアプリ Appleストア

インストール後は……アカウントにログインしよう

 

アプリのインストールが完了したら、自身のアカウントにログインしよう。一度ログインすれば、今後は自動的にログインされるので、面倒なのは最初の一回だけだ。

 

 

すでにAmazonのアカウントを持っている人は、画像にあるオレンジの部分「」をタップし、情報を入力するだけ。アカウントを持ってない人は、「新規登録」から名前や電話番号を入力し、新しくアカウントを作るのをおすすめする。Amazonでは、購入ごとにポイントがアカウントにたまっていくので、最初にこの作業をしておくだけで、後々お得な利用が可能になる。

 

 

準備が完了! 好きな商品を購入しよう

 

Amazonアプリにログインできれば、いよいよ商品を購入できる。自分の欲しい商品を購入するには、アプリ上部の「検索」の窓口からキーワードを記入し、検索するだけ。多くの商品がヒットするので、できるだけ詳細に欲しい商品の情報を記入するといいだろう。

 

クーポン?ギフト?Amazonアプリで使えるお得なサービスとは!

 

Amazonでの買い物には、「クーポン」や「ギフト」といったお得に買い物できるサービスが存在する。各サービスの利用方法を紹介していこう。

 

Amazonのクーポンってどうやって使う?

 

Amazonでは、お得に買い物ができるクーポンがある。検索窓に「クーポン」とだけ入力すると、利用できるクーポンが表示されるので、自分が欲しい商品のクーポンをもらっておけば、該当商品をカートに入れ、購入画面に進んだ際に適応できるので、安く買い物ができるのだ。

 

プレゼントに迷ったら…… ギフト券を贈って解決!

 

Amazonには、クレジットカードの登録やコンビニでの代引きのほかに、ギフト券での買い物ができる。このギフト券は人に贈れるので、プレゼントがなかなか決まらないといった際には、いっそギフト券をプレゼントすれば喜ばれるのではないだろうか。

 

肝心の利用方法だが、アプリトップページの左上、三本線のマークをタップすると開かれるメニューの一番下「カスタマーサービス」から「お支払方法」を選択。すると「ギフト券の登録/購入」という欄が出てくるので、そこに手持ちのギフト券の番号を入力するか、新たにギフト券を購入するといいだろう。

 

一番下の「カスタマーサービス」を選択

 

「お支払方法」を選択

 

「Amazonギフト券」から購入か登録を選ぶ

 

 

ポイントを貯めてさらにお得に!

 

Amazonでは、対象商品の購入ごとにポイントが貯まる。商品ページに、購入でどれくらいのポイントが貯まるのか記載されており、たまったポイントは1ポイント1円で利用可能だ。オンラインショップでの買い物をAmazonに統一すれば、ポイントも貯まりやすくなるので、お得に買い物ができるだろう。

 

Amazonアプリならお得なサービスに簡単に登録できる!

 

Amazonアプリを使えば、ほかにも「過去の履歴から注文」や「定期お届け便」といったお得なサービスに簡単に登録ができる。Amazonで買い物はするが、まだアプリは使ってないという人は、これを機にアプリを試してみるのはいかがだろうか。

 

有料会員サービス「AmazonPrime」とは!?

 

 

Amazonには、有料の会員サービスである「AmazonPrime」というものがある。お得なサービスを多く扱っているので、Amazonをよく利用する人は一度Primeへの加入を検討するといいだろう。

 

Prime会員だからこそのサービスとは?

 

Prime会員になれば、対象商品のお急ぎ便やお届け日時指定便を無料で利用できる。また、特別取扱商品の取扱手数料も無料。これらのサービスが月額500円、もしくは年間4900円で受けられるので、送料だけ見ても1か月に2回以上Amazonで買い物をする人にとってはお得になる計算だ。また、Amazonが定期的に行うタイムサービスも、Prime会員なら通常の30分前に参加できる。タイムサービスの人気商品はすぐに売り切れてしまうので、この30分はありがたい。

 

エンタメ系サービスも豊富!

 

ほかにも、「PrimeVideo」という映画やドラマ、アニメが見られるサービスや、「PrimeMusic」という音楽が無料で配信されているサービスも存在。これらすべてのサービスがPrime会員になっただけで受けられるのだ。

 

※データは2020年2月下旬時点での編集部調べ。

※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

 

文/佐藤 文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。