人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドコモ版の「iPhone SE」は今でも新品を購入することはできるのか?

2020.03.10

コンパクトな4インチの画面サイズで、軽量。しかも現行のiOS13にも対応するため、大人気の「iPhone SE」。

この「iPhone SE」のドコモ版は、今でも手に入るのだろうか?

「iPhone SE」の新品在庫をドコモオンラインショップで調べたところ…

2020年1月末現在、ドコモのホームページには、「iPhone SE」は紹介されている。

そこで、ドコモオンラインショップで在庫があるか調べてみたところ、こちらには「iPhone SE」の紹介はない。

念のため在庫確認をしたところ、「iPhone 7」の32GBモデル、「iPhone 8」の64GBモデルの在庫はあるが、やはり「iPhone SE」の在庫は掲載されていない。

例えば、全国のドコモショップに「iPhone SE」の新品在庫が全くないとは言い切れないが、可能性は極めて低いと思われる。

ドコモの「iPhone SE」の新品価格はいくらだった?

2016年3月31日に「iPhone SE」は販売開始された。ドコモでの価格は16GB版が5万7024円、64GB版が6万9984円だった。

月々サポートなどを反映した価格は以下の表となる。新型「iPhone SE」の発売がウワサされる中、もし2020年に販売された場合は、似たような価格帯に収まるのかもしれない。

ドコモの「iPhone SE」は中古だといくらぐらい?

新品ではおそらく入手不可能となった、ドコモの「iPhone SE」。では、中古品の価格はいくらぐらいになっているのだろうか。

大手中古スマホ販売店での「iPhone SE」の相場は、7980円〜3万6800円と人気、そして最新のiOS 13に対応することを反映してか、やや高めで推移している。最高値はau版の「iPhone SE」の64GBモデル(シルバー)だった。

ドコモ版で探したところ、SIMロック解除済みの32GBモデル(シルバー)が3万2800円で最高値の在庫。そちらを筆頭に、最安値は64GBモデル(ゴールド)で1万2800円となっていた。

※データは2020年1月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。