小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バッテリー持続、カメラ性能、防水性能、AndroidのおすすめSIMフリースマホ6選

2020.02.18

近年、格安でスマホの利用ができると話題のSIMフリー端末。中でも価格やスペックが様々で、選択肢が豊富な「Android OS」のSIMフリースマホが人気だ。今回は、そんなAndroid OSのSIMフリースマホから、おすすめの端末を紹介していく。

人気のSIMフリー端末を紹介! 各端末のおすすめポイントを比較

それでは、各端末のおすすめポイントを見比べながら、人気のSIMフリー端末を紹介していく。SIMフリースマホは数多くの端末が存在するので、自身の好みに合わせて選ぶといいだろう。

おすすめのSIMフリー端末【Xperia 5】

【参照】SONY Xperia 5

最初に紹介するのは、「Sony Mobile」から発売されている「Xperia 5」だ。特徴は21:9というスマホとしては縦長のデザイン。これは映画館のスクリーンと同じ比率で、スマホで映画などの映像作品を楽しみたい方におすすめ機種だ。

カメラは「望遠」「標準」「超広角」のトリプルカメラが搭載されており、様々なシーンできれいな写真を撮影できるはずだ。また、国産メーカー「Sony」の商品であるため、サポートが充実している点もありがたい。スマホ初心者におすすめの商品だ。

おすすめのSIMフリー端末【android one】

【関連記事】超広角で撮影できるデュアルカメラを搭載したワイモバイルのAndroid Oneスマホ「S6」

「android one」は、Google社が各メーカーと共同で開発を行うAndroid端末の1つ。シンプルで使いやすい仕様になっており、余分な機能が省かれているため、低価格での購入が可能だ。

Android OSは、どんどん最新バージョンにアップデートされていくが、同じ端末を長く使ってほしいというGoogle社の思いから、OSのアップデート期間が最低2年間保証されている。一度購入すれば、最低2年もの間、最新のOSが使えるのが強みだ。

おすすめのSIMフリー端末【AQUOS sense3】

【参照】AQUOS sense3
「シャープ」が提供する「AQUOS sense3」もおすすめのSIMフリー端末の1つだ。防水・防塵・おサイフケータイなど、痒い所に手が届く性能で多くの愛用者がいる。

AQUOS sense3の特徴は電池持ちの良さだ。IGZOという省エネ性能に優れたディスプレイに、4000mAhの大容量バッテリーを搭載。電池の消耗が激しいスマホだが、この機種では外出時における電池切れの心配は少ないだろう。

Amazonのランキング上位SIMフリー端末は?

機種の機能だけを見てもいまいち決め手に欠ける、という人も多いだろう。Amazonやビックカメラなどの各サイトでは、スマホの売れ行きランキングが確認できるので、下記のURLからそちらも参考にすると良い。

【参照】携帯電話・スマートフォン本体の売れ筋ランキング

性能別に紹介! 防水性能やカメラ性能が優れているSIMフリー端末は?

スマホを選ぶ基準として、「防水機能に優れている」「写真がきれいに撮れる」など譲れないこだわりがある方もいるだろう。ここからはそんな機能別に、おすすめの機種を紹介していこう。

防水性能が優れているSIMフリースマホ【arrows M04】

【参照】arrows M04

防水性能が優れているスマホとして紹介するのは、「FUJITSU」から販売されている「arrows M04」だ。国産スマホの多くに搭載されている防水性能だが、この機種は一味違う。防水性能を表す「IPX」は「IPX5/IPX8」を記録。なんと汚れた画面をハンドソープで洗えるほどの耐水性があるのだ。キッチンやお風呂などでの使用はもちろん、スマホ自体を洗い流せるため、スマホの汚れが気になる方にもおすすめだ。

カメラ性能が優れているSIMフリースマホ【Huawei P30Pro】

【参照】Huawei P30pro

ハイスペックなカメラ性能を誇る機種としておすすめの端末が、「Huawei」の「P30pro」だ。このシリーズは、超有名カメラブランド「Leica」のレンズを搭載しており、4000万画素数、光学ズーム5倍、デジタルズーム50倍まで可能。「夜景」モードを使えば。暗いところでもきれいに写真が撮れるので、蝋燭がささったバースデーケーキなども美しく撮れるだろう。

バッテリー性能が優れたSIMフリースマホ【ZenFone Max Pro(M1)】

【参照】ZenFone Max Pro(M1)

画面の占有率が上がってきていたり、多種多様のアプリが存在する影響で、スマホのバッテリーの消耗はかなり激しい。そのため大容量バッテリー搭載の機種を求めている方も多いだろう。そんな方には台湾のメーカー「ASUS」の「ZenFone Max Pro(M1)」をおすすめしたい。

3000mAp後半の容量があれば大容量といわれるスマホのバッテリーだが、この機種は5000mApものバッテリーを搭載している。また、本機をモバイルバッテリーの代わりとして、ほかのスマホを充電できる「リバースチャージ」機能も搭載している。

一度使うとやめられない!? おサイフケータイ機能搭載のSIMフリースマホはある?

Android OSのスマホの中には、おサイフケータイ機能が搭載されている機種も多く存在する。しかし、まだまだ搭載していない機種もあるので、おサイフケータイ機能を求めている方は、よく調べてからの購入をおすすめする。

【参照】SIMフリースマホ

SIMフリー端末を海外旅行や留学にもっていくには?

現在使っているスマホを海外にもっていく際、追加で通信料がかかってしまうので困っている人もいるのではないだろうか。しかし、SIMフリースマホではその心配は少ない。

SIMフリースマホを海外で使用する方法は簡単。日本でも購入可能な、海外で使えるSIMカードを新たに差し込み、APN設定を行うだけだ。しかし、現地の携帯キャリアの周波数に適応したSIMカードやスマホでないと使用できないので、自分のスマホが訪れる国で利用可能なのか調べておくと良い。

iPhoneはSIMフリーとして使える?

Android OSではないものの、iPhoneもSIMフリースマホとしての使用が可能だ。お手持ちのiPhoneをSIMフリー化する方法は下記URLを参考にしていただきたい。

【参照】今さら聞けない『iPhone』をSIMフリー化する方法

※データは2020年2月初旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご購入・ご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤 文彦

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。