人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

どこで交換してくれる?「iPhone 4S」のバッテリーを交換する方法

2020.02.18

2011年に発売され、小型ですっきりとしたデザインの「iPhone 4S」は、中古市場で人気のモデルです。ただ、かなり古い端末になってしまっているので、バッテリーが消耗して稼働時間が短くなっています。バッテリーを交換する方法を調べてみました。

iPhone 4Sのバッテリーの減りが速い時は

iPhone 4Sは2011年に発売されたモデルです。ソフトバンクモバイル(現ソフトバンク)とKDDIが扱い、現在中古市場に出回っている多くが、その2キャリアのモデルとなります。当時から人気モデルでしたが、現在はOSアップデートやメーカーの修理対応も終了し、サポートが打ち切られています。

iPhone 4Sは電源が入れば使えるので現役モデルといえますが、バッテリーはかなり消耗していて電池の減り方が速くなっているはずです。そのため、少しでも快適に使うにはバッテリーの交換が必要です。

iPhone 4S用の純正バッテリーはまだある?

検索すると、iPhone 4S用の純正バッテリーは、まだ一部のショップで取り扱いがあるようです。

iPhone 4S対応のバッテリーは大容量?

iPhone 4Sに対応する交換用バッテリー容量は1430mAhといわれています。現在では5000mAhをこえるスマホもあり、決して大容量ではありません。

iPhone 4Sのバッテリー交換方法はどんなものがある?

iPhone 4SはAppleのサポートが打ち切られているため、Appleにバッテリー交換をお願いしても受け付けてもらえない可能性が高いです。そこでバッテリー交換に対応している一般の修理店に頼むか、自分で交換するかになります。

iPhone 4Sのバッテリー交換方法はApple Storeでしてくれないの?

Appleの店舗ではiPhoneのバッテリー交換を受け付けていますが、iPhone 4Sはすでにサポートを打ち切っているので、バッテリー交換を受け付けてもらうことは難しいでしょう。

iPhone 4Sのバッテリー交換の値段はどれくらい?

iPhone 4Sのバッテリー交換を受け付けている修理店の料金を調べてみると、3000円から4000円の料金でバッテリーを交換しています。

iPhone 4Sのバッテリー交換失敗の事例も!

Amazonでは、iPhone用のバッテリー交換キットが多数見つかります。iPhone 4S用もあります。

通販サイトを検索すると、自分で行うiPhone 4S用のバッテリー交換キットが見つかります。1500円程度で購入できるものもあり、自分で交換できるのは非常に魅力的ですが、バッテリーは扱いを間違うと発火する危険な部品です。また、失敗してiPhoneが動かなくなっても自己責任です。くれぐれも注意して行うようにしましょう。

※データは2020年1月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/房野麻子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。