人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

創業は240余年前の天明元年!高知県に現存する最古の蔵「日本酒蔵」の新杜氏が目指す令和時代の酒造り

2020.02.03

高知県中土佐町久礼は高知でも屈指のカツオの町であり、朝獲れの近海魚が昼前には並ぶ大正町市場など、鮮度抜群の魚が安価で手に入る。お目当ての魚を買うだけでも行く価値大だが、地元の酒蔵、西岡酒造店に足を運ぶことも定番中の定番といえよう。

なぜなら、ここは地元の食、とくにカツオに合う酒造りを公言する、漁師町らしい酒蔵だからだ。

240余年の歴史が育む酒の味

西岡酒造店は酒蔵そのものが観光コースになるほどの歴史がある。創業は天明元年(1781)というから、今年で240年余り。もちろん高知県に現存する最古の蔵である。

などと書くと重厚な建物がどーんと登場すると思いきや、ひっそりと、しかし確実に歴史を感じさせる建物が出迎えてくれる。

中に入ればいきなり土間。古い酒造りの道具に囲まれた試飲コーナーや酒蔵ギャラリーを抜け、奥に行くと太い柱と梁、神棚、しめ縄が目を引く蔵の中へ。

さすがに仕込みのタンクは現代のものだが、2階に上がる階段や天井にある滑車などは、昔のまま利用しているというから驚きだ。

個性際立つ味わい

高知の酒蔵の多くが端麗辛口の傾向がある中、西岡酒造の酒は濃厚さが際立ち、ガツンと来る。

たとえば、代々受け継いできた昔ながらの造りを守り、あらゆる温度で飲み飽きないレギュラー酒「雪柳」。冷やならすっと喉を通るが、温度を上げると独特の香りが立ち上り、染みわたるように喉を通っていく。

「久礼シリーズ」は、純米から大吟醸まで豊富に揃い、どれも力強さを感じる。本来は県外用に出荷しているものだが、各地の飲食店や酒販店から高い評価を得て、高知でも逆輸入的に売れている。

ほかにも、呑んべえの杜氏が自分の飲みたい酒、飲んでみたい酒を造ったという「どくれ」。濃厚で酸度の強い、白ワインのような「どくれ 番外」になると、ガツンの度合いは増し、個性がさらに際立つ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。