人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

キャッシュレス決済で貯まったポイントの使い道TOP3、3位キャッシュバック、2位電子マネーと交換、1位は?

2020.03.02

キャッシュレス決済を使いこなす上で重要なのは、ポイントを貯まったままにしないこと。支払いでそのまま使えるケースも多く使わなくては損だ。利用期限が決められたポイントもあるので、ここに挙げる具体例を参考にポイントを積極的に利用してほしい。

ポイントを使うことが好循環を生み出すコツ

 キャッシュレス決済におけるポイントの還元率はサービスによって異なり、通常で2~3%程度、キャンペーンでは20%の場合もある。ただし、ポイントの多くは、2か月程度で消失する期間限定のもの。

 総務省の資料によると、クレジットカードの利用などで発行されたポイントのうち3~4割は使われずに失効するとか。その総額は年間約4000億円相当にのぼる。現金と等価で使えるポイントも多く、失効はお金をドブに捨てているようなものだ。コツコツと貯めても使わずに失効するのは、非常にもったいない。

 そうならないためにも、ポイントの使い道を知っておくことが重要だ。例えば、スマホ決済で貯まったポイントは(1)現金代わりの支払い、(2)関連サービスの利用料、(3)提携ポイントへの変換、(4)そのほかの支払いやグッズへの交換に使える。これらを日常的に利用してポイントを消費するようにすれば、期限切れで失効することはないだろう。

 ポイントは使えば使うほどメリットを実感できるため、もっと貯めようという気持ちになり、ポイントが貯まる行動をとるようになる。そんな理想的なスパイラルを生むためにも、まずは貯まっているポイントを使い始めてほしい。

貯まったポイントは買い物で使う人がほとんど!
「実際にやったことがある」ポイントの利用方法

「実際にやったことがある」ポイントの利用方法

モバイルリサーチによると、貯めたポイントの使い方では「買い物で使う」が圧倒的に多く、次いで電子マネーと交換、現金化と続く。これらの使い方に対しては「お得感が高い」と評価する結果も出ている。

[複数回答形式/対象:いずれかのポイントサービスを利用している人]※モバイルリサーチ調べ(2019年1月)

編集タジリが実践!使い道を考えることがお得情報を知る機会に

 auユーザーとして、『au PAY』を本格的に使い始めたのは、スマホの機種変更に伴って3000ポイントを付与されたのがきっかけ。長期契約の優待により約1000ポイントも加算されて、一気に貯まった約4000ポイントの一部を、様々な用途で使ってみた。

 キャッシュレス決済の足しにしたり、ケータイ払いのサービスで利用したりするのは実に簡単。慣れてしまうと、ポイントをあっという間に使い切りそうなほどだ。

 そのほかの使い道としては、「au WALLET Market」で利用するのもおすすめ。同サイトでは、グルメ、ライフスタイル、レストラン、ビューティーなどの様々なカテゴリーを用意。いずれも掲載件数はやや物足りないものの……下で紹介しているお得な〝ランチ券〟はもちろん、例えば、ホテルの宿泊費であれば、大幅な割引設定が並ぶ。67%引き、74%引きなんてのも珍しくない。いずれの支払いにもau WALLETポイントを適用できる。家族や自分への〝ご褒美〟に、こういったお得なサービスにポイントを使うと楽しくなってきた!

取材・文/房野麻子、編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。