小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

QRコード決済アプリ、電子マネー、クレカ、デビッドカード、4大キャッシュレス決済のメリットとデメリット

2020.02.17

最も使われている●●PAYは「PayPay」!

「●●Pay」という通称〝スマホ決済〟が牽引役となり、社会のキャッシュレス化は着実に進んでいる。2020年には政府主導の新たなポイント制度が始まる予定で、今後の動向も目が離せない。こうした時流に乗り遅れず、ポイントをお得に貯めて、賢く使って、運用してさらに増やすために、スマホ決済の賢い使い方を@DIMEでお伝えしていく。

つーさん

〝スマホ決済〟の利用が大幅に拡大中!

キャッシュレス決済の利用状況

(MMD研究所調べ 2019年10月)

キャッシュレス決済の利用状況

上の統計からわかるように、キャッシュレス決済の中でもQRコードやバーコードを使ったコード決済(通称〝スマホ決済〟)の利用率が、7か月間で約3倍も伸びている。電子マネーやクレジットカードの利用率も増しており、キャッシュレス決済は一層身近なものになってきている。

〝スマホ決済〟で使われる6大Payはコレだ!

メインで利用しているQRコード決済

(MMD研究所調べ 2019年10月)

メインで利用しているQRコード決済

上図は、利用率の上昇が顕著なスマホ決済のうち、利用頻度の高いアプリをランキングしたもの。派手なキャンペーン情報ですっかり周知された『PayPay』が1位に。このほか6位の『au PAY』までを、本特集では〝6大Pay〟と位置づけ、それらを中心とした情報で構成していく。

各キャッシュレス決済の仕組み

コード決済

アプリのQRコードやバーコードを読み取って会計するのが特徴。通称〝スマホ決済〟。チャージ方法は幅広く、ポイントが貯まりやすい。

コード決済

[主なコード決済]『PayPay』『楽天ペイ』『LINE Pay』『d払い』『メルペイ』『au PAY』

電子マネー

店頭などの非接触端末に、対応機器やカードをタッチして決済する。クレカと紐づける、またはプリチャージするなど、支払い方は様々だ。

電子マネー

[主な電子マネー]『Suica』『nanaco』『WAON』『楽天Edy』『iD』『QUIC PAY』

クレジットカード

支払いの際に、クレジット会社のカードを提示して決済する。任意の金融機関から使用額が引き落とされるとともに、使用額に応じたポイントが付与される仕組み。お金の流れがわかりやすい。

クレジットカード

[主なクレジットカード]VISA/Mastercard/セゾンカード/UCカード

デビットカード

金融機関のキャッシュカードをそのまま使うタイプ。決済の際に、金融機関の残高がすぐに引き落とされて支払われる。ほかに比べてキャンペーンが少なく、ポイントが貯まりにくい。

デビットカード

[主なデビットカード]みずほ/MUFG/三井住友/J-Debit/楽天銀行

【QRコード決済アプリ】

キャンペーンなどによりポイントが貯まりやすい。
× 各社のアプリによって利用先がバラバラ。

【電子マネー】

対応機器やカードをタッチして支払える。
× 利用できる機器やカードが限られる。

【クレジットカード】

国内外を問わず使える加盟店が多い。
× 申請が必要ですぐに利用できない。

【デビットカード】

お金の流れが単純でわかりやすい。
× お得なキャンペーンがほとんどない。

取材・文/法林岳之、太田百合子、石野純也 イラスト/おぷうのきょうだい[『俺、つしま』(小社刊)のつーさん]、山口絵美[コイン](asterisk-agency)

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。