人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

髪をとかすだけでくせ毛直しやスタイリングができる便利なブラシ型ストレートアイロン6選

2020.01.21

ブラシアイロンは、髪をとかすだけでスタイリングできる便利なアイテム。今回はブラシアイロンの種類ごとの使い方や、通販サイトAmazonランキングも上位の商品を紹介していく。「髪のうねりやクセに悩まされている」「ヘアスタイリングの時短アイテムがほしい」人は、ぜひ参考にしてほしい。

最近人気のブラシ型ヘアアイロンってなに?

ブラシ型ヘアアイロン(通称ブラシアイロン)は、熱が通ったブラシ部分で髪をとかしながらクセを直したり、髪を巻いたりできるスタイリングアイテムだ。通常のヘアアイロンは高温プレートで髪をしっかりと挟むが、ブラシアイロンは髪を挟まないため髪同士の摩擦が起こりにくく、より髪が傷みにくいのが特徴だ。

【参考】女性の強い味方!ブラシでとかすだけでストレートヘアが作れるヘアアイロン『シンプリーストレート』

6段階の温度調節で全ての髪質に対応!ボサボサ頭もあっという間にストレートになるミータンのコーム型ヘアアイロン

初心者にこそおすすめ! ヘアブラシアイロンの使い方

通常のヘアアイロンを上手く使いこなせなかった人でも、ブラシアイロンなら普段使っているブラシと似た感覚でスタイリングできる。髪をとかしながら熱を加えるので、より自然なカールを作り出せるのも特徴だ。高熱プレートが露出していないので、地肌の火傷を気にする心配も少ない。基本的な使い方は次のとおり。

1.ブラシアイロンの電源を入れる。
2.熱が入ったブラシアイロンで髪をブラッシングする。

5~10cmほどの毛束に分けて細かくブラッシングすると、より自然なカールに仕上がる。ブラシの形状や使い方の詳細部分は商品によって異なるため、メーカーの説明書に書かれている使い方に従ってほしい。

時短を目指すならストレートヒートブラシがおすすめ!

ストレートヒートブラシは、ブラシアイロンの名称の1つだ。ブラシアイロンと機能は変わらない。ブラシの形状はメーカーによって異なるが、ブラシと同じ要領で髪をとかすだけで、サッとクセが直る。忙しい朝にも手軽にスタイリングできる優れものだ。

ストレートブラシアイロンのおすすめの使い方

ストレートと名前がつく商品は、主に髪の毛のクセを直し、真っすぐ整えることを目的としている。ブラシアイロンは、5~10cmの毛束を一度にブラッシングしていくが、効果的に使うならより少なく毛束を取ることで熱が伝わりやすくしよう。クセが取れやすくなるはずだ。

ふんわり巻き髪を目指すならロールブラシアイロン! おすすめの使い方

【参照】Amazon

ロールブラシアイロンは、主に360度ブラシがついているものを指す。ふんわりとした巻き髪にしたい時は、ロールブラシタイプがおすすめだ。

基本的な使い方は以下のとおり。

1.ロールブラシアイロンの電源を入れる。
2.ブラシピンの部分で髪全体をブラッシングする。
3.髪をブロッキングする(一束の目安は約5cm)。
4.45℃の角度で髪を引っ張りながら、根元に向かって髪を巻き付けていく。
5.5秒キープし、アイロンを縦にして髪を外す。
6. 4~5を繰り返す。

サイズは18㎜、26㎜、32㎜などがある。ショートヘアの人や細かいカールを作りたい人は細めを、ゆるいカールを作りたい人、髪が長い人は太めを選ぶといい。

コードレスブラシアイロンならヘアスタイリングがさらに手軽にできる

ブラシアイロンの中には、バッテリーを充電して使うコードレスタイプもある。コードがないのでスタイリングしやすい。かさばらないので、出先でブラシアイロンを使いたい人にもおすすめだ。

通販サイトで人気! ブラシ型ストレートアイロンおすすめ商品6選

【参照】Amazon

ここでは、Amazonのヘアアイロンランキング上位のブラシ型ストレートアイロンを紹介する。特徴や機能を説明しよう。

累計販売実績100万台以上! MiroPureのダブルマイナスイオンストレートブラシアイロン

【参照】Amazon MiroPure ダブルマイナスイオン ストレートブラシ

累計販売実績100万台超えの人気なブラシアイロン。約300万のマイナスイオンを放出する機能が付き。静電気を抑えて髪のうるおいをキープしてくれる。最大230℃に設定できるので、少し毛の多い人にも向いている。

スリムとワイドの2タイプ展開! サロニアのブラシアイロン

【参照】Amazon SALONIA ストレートヒートブラシ スリム ブラック

黒を基調としたスタイリッシュなブラシアイロン。同じ性能で幅59mmのスリムタイプと幅68mmのワイドタイプが販売されている。ショート・ミディアム丈の人はスリムタイプ、ロング丈の人はワイドタイプを選ぶとスタイリングがしやすい。

特殊加工パイプでヘアスタイリングも思うまま! クレイツイオンのロールブラシアイロン

【参照】Amazon クレイツイオン ロールブラシアイロン II

パイプ表面に施された「クレイツイオンセラミック加工」と2種類のナイロンピンで、髪滑りの良いロールブラシアイロン。120℃~200℃まで、20℃刻みで5段階の温度調節できる。ブラシのサイズ展開は18mm、26mm、32mmの3種類。

細めタイプだからショートヘアでも使える! Miraoのブラシアイロン

【参照】Amazon Mirao ストレートヒートブラシ

熱が伝わりやすいMCHヒーターを搭載したブラシアイロン。スイッチを入れてから約60秒で立ち上がる。幅が60㎜と細めのタイプのため、ショートヘアの人も使いやすい。変圧器不要で海外の電圧(100V-240V)にも対応しているため、旅行先でも使えるかもしれない。

Amazonランキングで上位! MAYPROのブラシ型ストレートアイロン

【参照】Amazon MAYPRO ストレートヒートブラシ

15段階と細かな温度調整機能が特徴。髪が細い人は140~160℃、毛量が多い人、クセが強い人などは200~230℃にするとスタイリングしやすい。スイッチを入れてから約60秒で立ち上がる。

新着商品はLa’pradoのストレートヒートブラシがおすすめ!

【参照】Amazon La’prado ストレートヒートブラシ

Amazonのヘアアイロンランキングで上位の注目商品。電源を入れてからおよそ30秒で立ち上がる急速加熱タイプ。忙しい朝でも手早くスタイリングできる。髪質にあわせて、温度を130℃~200℃の5段階で調節可能。

火傷の危険性を考慮して、ヘアアイロンを使えていない人もいるだろう。今回ご紹介したブラシアイロンは、ヘアスタイリングが苦手な人にこそ活用してほしいアイテムだ。ぜひ、ブラシアイロンで様々なヘアスタイルを試してはいかがだろうか。

※データは2020年1月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。