人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

イタリアで発見!乱雑になりがちなケーブル類をスマートに収納するAlberto Cozziの本革製ケーブルオーガナイザー

2020.01.16

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

 先日、10年ぶりにイタリアのフィレンツェを訪れた。10年前と変わらない街並みも嬉しかったことの1つだが、もう1つ嬉しかったのはそこで思いがけずお気に入りの雑貨店を見つけたことだ。店の名前は「Alberto Cozzi(アルベルト コッツィ)」。マーブル紙や革製品も扱う1908年創業の正確には製本屋だ。店の看板の後には「RIREGATORE DI LIBRI」の文字が書かれていて、これが製本屋を意味している。なお、帰国してから知ったことだが、この店は日本の雑誌でも度々取り上げられる店だそうで、4代目となる現在のオーナーのリカルド氏もときおり日本語の挨拶を織り交ぜてくる陽気な店であった。今回はそこで出会ったケーブルオーガナイザーを紹介しようと思う。

『Alberto Cozzi/ケーブルオーガナイザー』とは?

Alberto Cozziはマーブル紙や革製品も扱う店だと述べたが、この製品もそんな革製品のラインナップの1つである。日本に帰ってからも使えるものを旅行の記念に購入したいと思っていた私にぴったり当てはまった製品であり、一目惚れして購入してしまった。用途はイヤホンや充電ケーブルを携帯するためのオーガナイザーであるが、革製品の持つ良さもあり、常に手元に置いておきたくなる魅力を持った製品だ。

『Alberto Cozzi/ケーブルオーガナイザー』の特徴

1.ケーブル類をひとまとめにして携帯できる

オーガナイザーにはあらかじめ3つのスリットが用意されている。

イヤホンや充電といったケーブルを束ねて、このスリットに通すというのがこのオーガナイザーの収納方法だ。

スリットの幅の関係もあり、ケーブルの口径が太いものや1.5mを超えるようなロングケーブルの収納には向かない印象を受けたが、iPhone購入時に付属してくる充電ケーブルや一般的なイヤホンケーブルであれば問題ないと思う。このオーガナイザーの良いところはケーブル以外の小物、つまりアダプタなどを収納するスペースが設けられているという点だ。

外出時のカフェ等で充電する場合、まずアダプタがないと充電できないのが現在の日本の状況だと思うので、必携であるアイテムも併せて持ち運べるのはやはり大切だ。ケーブル類をセットしたら、バンドを本体に巻き付かせてホックで留めればコンパクトに持ち運ぶことができる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。